2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆名作ショートショートをAA化しよう☆第六幕

1 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/18 15:40 ID:Q9Lk1OXP
日 立 ノ    ,
生 木ノT  ̄ ̄
  ∧_∧ ____
 ( ´∀` ) || SS .|
 (    つ|   |
 | | | || Hosi|
 (__)_)  ̄ ̄
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 名作ショートショートをAA化しよう
\______________

【 過去ログ 】
名作ショートショートをAA化しよう
http://choco.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1013998568/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第弐幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1025145385/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第参幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1034865311/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第四幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1043238797/
☆名作ショートショートをAA化しよう☆第五幕
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1051346346/

2 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:44 ID:fExI+aP2
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 私は悪魔。もえさかる地獄の火のそばに、
  こっそりバーベキューの道具をそろえたとたん、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


     ヤッパリニクニダ

     ∧_∧        
    <ヽ`∀´>         
    (    つ<   ___   
    | | |    |######|      
    <_フ__フ     .┬―┬

3 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:44 ID:fExI+aP2
////////////////////////////////////////////

  そ れ を 魔 王 に 見 つ か っ て し ま っ た 。

////////////////////////////////////////////

                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |  こら。なまえるな。
                      | お前は食ってばかりいて、ちっとも運んでこない。
                      |  さあ、地上に行って人間をぞろぞろ連れて来い
                     \      
                        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                              
         
                       ___
     ∧_∧             |Ω_|       
    <#`∀´>           <`Д´ ノ >        
    (    つ<   ___   ≪◎≫ )       
    | | |    |######|  | | |       
    <_フ__フ     .┬―┬   <_<_〉        

4 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:45 ID:fExI+aP2
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
私は地上にあらわれ、線路のそばに、しょんぼり立つ、ひとりの男を見つけた。
 「これは、ちょうどいい。やつは、飛び込むにちがいない。」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                _//___//_            
               _//___//_             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               _//___//_              | まあ、お待ちなさい
              _//___//_              \
              _//___//_  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
             _//___//_ iiiiiii∧_∧iiiiiiiiiiiii               
             _//___//_ iiiiiii(   il|)iiiiiiiiiii    ∧_∧             
            _//___//_    (    )       <    >               
            _//___//_    | | |       (   ノ^)        
           _//___//_     (_(_)       | | |          
           _//___//_                 <_<_〉
          _//___//_                  
          _//___//_                  
                                     

5 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:45 ID:fExI+aP2
         _//___//_  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          
        _//___// _   |  いや、とめないでくれ。とめる本人は、さぞいい気持ちだろうが、
        _//___//_    |   決して金をくれはしない。世の中とはそんなものなのだ。              
        _//___//_    \ __________________________          
       _//___//_      .∨        
       _//___//_  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii           
      _//___//_ iiiiiii∧_∧iiiiiiiiiiiii               
      _//___//_ iiiiiii( il|´ω`)iiiiiiiiiii    ∧_∧             
     _//___//_    (    )       <    >               
     _//___//_    | | |       (   ノ^)        
    _//___//_     (__)_)       | | |          
    _//___//_                 <_<_〉
   _//___//_                 。゜
  __//___//_             __ 〇______________________
                        (             
                        ( すばらしい。ぴったりだ。こんなぐあいに、
                        ( 無茶な理屈で社会を呪うような者でないと、こっちが困る。
                        (__________________________

6 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:46 ID:fExI+aP2
        _//___//_      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         
       _//___//_         | ごもっともです。ぜひ生きながらえて、そんな社会に
       _//___//_         | 復讐しておやりなさい。及ばすながら、お手つだいしましょう。               
       _//___//_        \  ________________________     
      _//___//_          \|        
      _//___//_  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii           
     _//___//_ iiiiiii∧_∧iiiiiiiiiiiii               
     _//___//_ iiiiiii( il|´ω`)iiiiiiiiiii    ∧_∧             
    _//___//_    (    )       <    >               
   _//___//_    | | |       (   ノ^)        
   _//___//_     (__)_)       | | |          
  _//___//_                 <_<_〉
  _//___//_       ∧_________________          
 _//___//_      /                
                 |  これは話せる。しかし、ただではあるまい。                
                     \__________________ 

7 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:46 ID:fExI+aP2
        _//___//_      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         
       _//___//_         | 死ぬ時に、魂でもいただければ… …。
       _//___//_        \   _________________          
       _//___//_          \|     
      _//___//_              
      _//___//_  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii           
     _//___//_ iiiiiii∧_∧iiiiiiiiiiiii               
     _//___//_ iiiiiii( ´∀`)iiiiiiiiiii    ∧_∧             
    _//___//_    ( ⊃ ⊂)       <    >               
   _//___//_    | | |       (   ノ^)        
   _//___//_     (__)_)       | | |          
  _//___//_                 <_<_〉
  _//___//_       ∧________________________          
 _//___//_      /                
                 | あっはっは。
                 | そんなものに担保価値があるとは知らなかったぜ。いいとも。                
                     \_________________________

8 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:47 ID:fExI+aP2
        _//___//_      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        
       _//___//_         | では、契約しましたよ。
       _//___//_        \   __________         
       _//___//_          \|     
      _//___//_              
      _//___//_  iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii           
     _//___//_ iiiiiii∧_∧iiiiiiiiiiiii      ニヤリ         
     _//___//_ iiiiiii( *´∀`)iiiiiiiiiii    ∧_∧             
    _//___//_    ( ⊃ ⊂)       <    >               
   _//___//_    | | |       (   ノ^)        
   _//___//_     (__)_)       | | |          
  _//___//_                 <_<_〉
  _//___//_            
 _//___//_     
               
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 と、やつをパチンコ屋に案内した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

9 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/18 15:48 ID:mjhqutrj
モナー四コママンガ劇場を作ろうという企画を以下スレにて行っています。
四コマを作ってくれる方、興味のある方はぜひ参加お願いします。

http://yamaguchi.cool.ne.jp/monacoma/
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/entrance/1053775098/l50

10 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:48 ID:fExI+aP2
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  すごい。夢のようだ。ううむ、さては、ほんものの悪魔だな。
        |   すると、死んだら地獄行きか。それは、いやだ。契約は取り消しだ。
       \      
          ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                         
       カネイパーイ
       ∧_∧    ∧_∧             
      (´∀`; )  <`∀´ ノ >               
      (    )   (     )               
      | | |   .| | |            
       (_(__)   .<_<_〉                    
                ∧____________________
              /
               |  そ う は い き ま せ ん よ 。 あ は は … …
              \_____________________                    
                 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 うまいぐあいだ。やつは、すべての勝負ごとで勝ちつづける。
  しかし、約束された地獄行きの不安をまぎらわそうと、無茶な金の使い方をするはずだ。
   それにともなって、悪徳がひろまり、われわれのお客がふえるというしかけなのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

11 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:49 ID:fExI+aP2
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  すごい。夢のようd(ry
       \      
          ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∧_∧    ∧_∧             
      (・∀・; )  <`∀´ ノ >               
      (    )   (     )               
      | | |   .| | |            
       (_(__)   .<_<_〉                    
                ∧_______
              /
               |  そ う は ( r y
              \________

////////////////////////////////////////////////////////

  私は能率を上げるため、もう一人と契約した。まく種が二つなら、
   収穫も倍だ。にこにこして地獄にもどってくると、声がかかった。

////////////////////////////////////////////////////////

12 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:49 ID:fExI+aP2
     ∧_∧          ∧_∧ 
    ( ・∀・)       (´∀` )   
    (    )       (    )     
    | | |       | | |     
    (__)_)         (_(__)
                         
        ∧_∧             
        <    >               
       l(   ノ^)l        
       ll| | |ll  シュン…        
      ll<_<_〉ll                      
         ∧_____________________________
       /
        |  おや、おそろいで… …。だが言っときますがね、解約はできませんよ。
       \______________________________  

13 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:56 ID:fExI+aP2
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |  解約ではない。これから二人で、勝負するところだ。どうなるかな。
      |   お ま え は 、 そ こ で 見 物 し て い ろ 。
     \      
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
     ∧_∧          ∧_∧ ニヤニヤ
    ( ・∀・)       (´∀` )   
    (    )       (    )     
    | | |       | | |     
    (__)_)         (_(__)
                         
       ∧_∧             
       <    ;>               
       (   ノ^)        
       | | |     
      <_<_〉                     
         ∧_______________________________
       /
        |  ま、待ってください。そんなことをされると、悪魔の信用が落ちてしまいます。
        |   助けると思って、やめてください。なんでもしますから… …。
       \________________________________

14 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:57 ID:fExI+aP2
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | そうか。ではそのかわり、おまえは今までのようにわれわれに金をもうけさせるんだ。
      | そして、死んだときは、天国へ案内すると約束しろ。… …おい不満そうな顔するなよ。
      | 悪徳だけはちゃんとばらまいて、ほかの大勢を地獄に送ってやるからな。  
     \      
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧          ∧_∧ ニヤニヤ
    ( ・∀・)       (´∀` )   
    (    )       (    )     
    | | |       | | |     
    (__)_)         (_(__)
                         
       ∧_∧             
       <    ;>               
       (   ノ^)        
       | | |     
      <_<_〉                     

15 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 15:59 ID:fExI+aP2
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       なんと言われても、従うわけにはいかなかった。
        まったく、このごろの契約者のずるくなったこと。
         私が人間だったら、こう、どなるところだろう。
 
      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

             ,〃´⌒ `i、
            (,,      ,,)
             乂 m ,,ノ  
               ‖     
             ∧_∧    
            <丶`∀´>
            (    )  
            | | |   
            〈_フ__フ

           /|  
     |\/\/ !/\_/\_/\_/\_/|
   /                         \
   \     こ の 悪 魔 め !   /
    |                   |
     |/∨\/\/\/∨\/\/∨\|           END

16 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 16:00 ID:fExI+aP2
星新一の『悪魔のいる天国』より
「契約者」でした。そして、>>1さんスレ立て乙です。

17 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/18 19:07 ID:KgqwWIsz
>>16
乙。
次回作も期待つてまつ。

18 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/18 20:25 ID:T9XNWtHn
otu

19 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/18 20:53 ID:GADPruGI


20 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:28 ID:lb12We4a



                     ,,,,,,,_
                  │  `゙゙''ー-,_
                  │      `'''-、
                       │        \  ∧_∧
                  │         `i、 (´∀` )<釣れないモナ・・・
                       │            ゙‐ ⊂ ⊂   )
                  |             ∪∪□
――――――――――――┼―――――――――――――――――――
                  │
                  |
                  |
                  |
                  |

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         氷の張った湖で、男が釣りをしていた。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

21 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:29 ID:lb12We4a



                     ,,,,,,,_
                  │  `゙゙''ー-,_
                  │      `'''-、
                       │        \  ∧_∧
                  │         `i、 (´∀` )<手ごたえモナ!
                       │            ゙‐ ⊂ ⊂   )
                  |             ∪∪□
――――――――――――┼―――――――――――――――――――
                  │
                  |
                 (===)
                 │ │
                 .└┘

22 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:30 ID:lb12We4a

                        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                        │  壺・・・モナね・・・
                        │  中に金貨でも入ってたら・・・
                        \  ____________
                         ∨
                      ∧_∧
                      (´∀`;)
                 (===)   (    )
                  │ │   |  |  |
                 └┘   (_ (_) □
――――――――――――─―――――――――――――――――――


23 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:30 ID:lb12We4a


                  )\
               <⌒ヽ ヽ
                ( ´ー`)ヤレヤレ
               ^V(   丿V^
                 ヽ (
                   )  )
                  ノ ノ    ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄
                  レ′  (´Д`;,,)< モナ?!
                 (===)   ( ⊃  つ \____
                  │ │  //( (
                 └┘  (_) (__) □
――――――――――――─―――――――――――――――――――

24 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:31 ID:lb12We4a


                  )\
               <⌒ヽ ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ( ´ー`)< 私は悪魔。
               ^V(   丿V^\_____
                 ヽ (
                   )  )
                  ノ ノ    ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                  レ′  (´∀`;,,)< あ・・・悪魔モナか?
                 (===)   ( ⊃  つ \_________
                  │ │  //( (
                 └┘  (_) (__)  □
――――――――――――─―――――――――――――――――――

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(;´∀`)< でも、なぜこんなところに・・・
      \____________

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´ー`)<  おまえが釣り上げたんだろうが。
      │ それより私は悪魔だ。
      │ なにか欲しいものがあるなら言ってみろ。
      \__________________

25 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:32 ID:lb12We4a


                  )\
               <⌒ヽ ヽ
                ( ´ー`)
               ^V(   丿V^
                 ヽ (
                   )  )
                  ノ ノ    ∧_∧
                  レ′   (´∀` )
                 (===)   ⊂   つ
                  │ │    | |  |
                 └┘   (_(__)  □
――――――――――――─―――――――――――――――――――

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(;´∀`)< ・・・どうでしょう。
      │私に金貨をお恵みくださいませんか?
      \________________

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´ー`)<  なんだ。そんなことか。
      \___________

26 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:33 ID:lb12We4a
               <⌒ヽ ヽ
                (´ー` )
               /V(   丿V^
               /   ヽ (
              /      )  )
              /     ノ ノ    ∧_∧
             │     レ′    (´∀`;)
             │   (===)    ⊂   つ
              │   │ │     | |  |
             │   └┘    (_(__)  □
―――――――─―┼―――─―――――――――――――――――――
             │
             │
             │

                  )\
               <⌒ヽ ヽ
          キュラキュラ (´ー` )
               /V(^V  丿
               /   ヽ (
              /      )  )
              /     ノ ノ    ∧_∧
             │     レ′    (´∀`*)
             │   (===)    ⊂   つ
              │   │ │     | |  |
             ◎   └┘    (_(__)  □
―――――――─―─―――─―――――――――――――――――――

27 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:33 ID:lb12We4a

                  )\
               <⌒ヽ ヽ
                ( ´ー`)
                V(   丿V^
                  ヽ (
                    )  )
                   ノ ノ    ∧_∧
                   レ′    (´∀`*)
                 (===)    ⊂   つ
                  │ │     | |  |
            ◎    .└┘    (_(__)  □
―――――――─―─―――─―――――――――――――――――――

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(*´∀`)< すごいモナ!正直感動したモナ!
       │ もう一枚お願いしますモナ!
       \______________

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´ー`)< あいよ
       \_____


28 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:35 ID:lb12We4a
数分後

                  )\
               <⌒ヽ ヽ
                ( ´ー`)
                V(   丿V^
                  ヽ (
                    )  )
      ピカー          ノ ノ    ∧_∧
       ◎◎◎       レ′    ( ゚∀゚* )
      ◎◎◎◎     (===)    ⊂   つ
     ◎◎◎◎◎    │ │     | |  |
    ◎◎◎◎◎◎    .└┘    (_(__) □
―――――――─―─―――─―――――――――――――――――――


       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(;´ー`)< そ、そろそろやめないか?
       \____________

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(*゚∀゚)< まだまだ!もうひとつだけ・・・
       │ もう一枚だけですから・・・!
       \______________


29 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:35 ID:lb12We4a

                  )\
               <⌒ヽ ヽ
                (´ー` )
                V(   丿V^
                  ヽ (
    ピシ              )  )
                   ノ ノ    ∧_∧
       ◎◎◎       レ′    ( ゚∀゚* )
      ◎◎◎◎     (===)    ⊂   つ
     ◎◎◎◎◎    │ │     | |  |
    ◎◎◎◎◎◎    .└┘    (_(__) □
―――――――─―─―――─―――――――――――――――――――

30 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:36 ID:lb12We4a

                  )\
               <⌒ヽ ヽ
                (´ー` )
         ピシ     V(   丿V^
                  ヽ (
    ピシ              )  )
                   ノ ノ    ∧_∧
       ◎◎◎       レ′    (´Д`;)<こ・・・こ・・・
      ◎◎◎◎     (===)    ⊂   つ
 ピシ  ◎◎◎◎◎    │ │     | |  |
    ◎◎◎◎◎◎    .└┘    (_(__) □
―――――――─―─―――─―――――――――――――――――――

       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(;´Д`)< 氷が割れるモナ!!
       \_________

31 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:38 ID:OJpImB2M

                  )\
               <⌒ヽ ヽ
                (´ー` )
         ピシ     V(   丿V^
                  ヽ (
    ピシ              )  )
                   ノ ノ          ∧_∧
       ◎◎◎       レ′          ( ´д`)<うわーーー!
      ◎◎◎◎     (===)          (つ   ,ノつ
 ピシ  ◎◎◎◎◎    │ │          / ゝ 〉
    ◎◎◎◎◎◎    .└┘     □   (_(__)
―――――――─―─―――─―――――――――――――――――――

32 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:38 ID:OJpImB2M





                            ∧_∧
                            (´д` )<ああ・・・
                            (つ   ,ノつ
                            / ゝ 〉
                           (_(__)
―――――――─―─―――─――――""""""""""""""""""""""""

33 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:39 ID:OJpImB2M




           l,      
           .ヽ ,,.    
      .'"゙ヘ、゙liiiili,r-,,--ー 
         .,!!!゙!!!!!i,_    
        ."  .,i´ `′  
             ゙l    

―――――――─―─―――─―
     ∧_∧
     (    )<金貨も壺も悪魔も・・・
           みんな沈んでしまったモナ・・・


34 :前スレの675 ◆QnyYkiH1IY :03/06/18 21:41 ID:OJpImB2M
星新一「ボッコちゃん」の「悪魔」でした。
もう少し408 ◆ZqpWFm7w46さんと間隔を開けるべきでした。すいません。

35 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/18 21:43 ID:YkJg/dzz
お疲れ様です。初めてリアルタイムで見ました〜

36 :408 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/18 21:46 ID:fExI+aP2
悪魔ネタ2連発でしたねw
リアルタイムで見せてもらいました。
乙です。



37 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:29 ID:BjUjN0gP
 Λ_Λ   
 ∂/ハ)ヽヽ  Λ_Λ
 |ハ`∀´ノ  (・∀・ )< 今日からお前は私の酒屋で働いてもらうよ
 (    )  (    )   
 │ │ │   | | |
 (__)_)  (___(__) 

――――――――――――――――――――――――――――――――
彼は、完全に美しい女のロボットを作った
しかし、言語能力が完全ではなかった

38 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:30 ID:BjUjN0gP
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | かわいい娘来ましたね
    | ┌────────────
  /|.∨| 漏れの彼女にしていいか? ゴルァ!!
/|| .|  \_
| || .|     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Λ_Λ ̄     ∬∬∬
| ||/    ∧∧   /  〔〕/ /∂/ハ)ヽヽ  .. ⊂二二⊃
|/      (,,゚Д゚)    ̄ ̄./ /  |ハ`∀´ノ     .|      |
    ∧_∧つ∪     / /  Λ_Λ D     |___|
   (___エ∀`)    |||/ /   (・∀・ )/ 〔 ̄〕〕  从从从./
   (  ]つ∪   [__| ̄ |     (    )  | ̄ ̄|`i゙i  ̄ ̄ ̄
   ⊆) /       |  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |/ ̄ ̄ ̄
/  (__ |二二二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ┻..|            |  / ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |            |  | だめだよ。
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \__________

39 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:30 ID:BjUjN0gP
( ゚Д゚)<名前は?

|ハ`∀´ノ<ボッコちゃん

( ´∀`)<としは?

|ハ`∀´ノ<まだ若いのよ

(;´Д`)<だからさ・・・まあいいや

( ゚Д゚)<きれいな服だな

|ハ`∀´ノ<きれいな服でしょ

( ´∀`)<何が好きなんだい?

|ハ`∀´ノ<何が好きかしら?

( ゚Д゚)<ジンフィーズ飲むか?

|ハ`∀´ノ<ジンフィーズ飲むわ

( ´∀`)<お客の中で、誰が好きかい?

|ハ`∀´ノ<誰が好きかしら

( ´∀`)<ぼくを好きかい?

|ハ`∀´ノ<あなたが好きだわ

( ´∀`)<今度映画でも行こう

|ハ`∀´ノ<映画でも行きましょうか

( ´∀`)<いつにしよう?

答えられないときは信号が伝わってモララーがとんでくる

(;・∀・)<お客さん、あんまりからかっちゃいけませんよ



40 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:31 ID:BjUjN0gP

客はボッコちゃんにも酒を飲ませた
マスターは時々しゃがんで、足のほうのプラスチック管から酒を回収し、客に飲ませた

だが、客は気がつかなかった・・・

41 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:31 ID:BjUjN0gP

そんな中、一人の青年がボッコちゃんに恋をした
しかし勘定がたまって支払いに困り、とうとう家の金を持ち出そうとした
―――――――――――――――――――――――――――――――――

   ∧_∧   もう二度と行くな!       
  ( `皿´)< この金で払ってこい!     ワカッタヨオトウサン・・・
  (    )   だが、これで終わりだぞ!  (-_-)
  | | |                     (∩∩)
  (__)_)

42 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:32 ID:BjUjN0gP
(-_-)<もう来られないんだ・・・

|ハ`∀´ノ<もう来られないの?

(-_-)<悲しいかい?

|ハ`∀´ノ<悲しいわ

(-_-)<本当はそうじゃないんだろう?

|ハ`∀´ノ<本当はそうじゃないの

(-_-)<君ぐらい冷たい人はいないね

|ハ`∀´ノ<あたしぐらい冷たい人はいないわ

(-_-)<殺してやろうか

|ハ`∀´ノ<殺して頂戴

(-_-)<青酸カリだが、飲むかい?

|ハ`∀´ノ<飲むわ

(-_-)<勝手に死んだら良いさ

|ハ`∀´ノ<勝手に死ぬわ


――――――――――――――――――――――――――
そして、青年は外に出たきり、二度と帰ってくることはなかった


43 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:33 ID:BjUjN0gP

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | おおーーーー
    | ┌────────────
  /|.∨| いいぞーーーーーー
/|| .|  \_
| || .|     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Λ_Λ ̄     ∬∬∬
| ||/    ∧∧   /  〔〕/ /∂/ハ)ヽヽ  .. ⊂二二⊃
|/      (,,゚Д゚)    ̄ ̄./ /  |ハ`∀´ノ     .|      |
    ∧_∧つ∪     / /  Λ_Λ D     |___|
   (___エ∀`)    |||/ /   (・∀・ )/ 〔 ̄〕〕  从从从./
   (  ]つ∪   [__| ̄ |     (    )  | ̄ ̄|`i゙i  ̄ ̄ ̄
   ⊆) /       |  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |/ ̄ ̄ ̄
/  (__ |二二二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ┻..|            |  / ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |            |  | あとは私がおごりましょう(ボッコちゃんの足から酒出して飲ませよう・・・)
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \__________


44 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:33 ID:BjUjN0gP
その夜、バーは遅くまで灯がついていた。ラジオは音楽を流し続けていた。誰一人帰りもしないのに、人声だけは絶えていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ラジオ<今日のDJは、マララーでお送りしました。では皆さん、お休みなさ〜い

|ハ`∀´ノ<おやすみなさい・・・

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
ボッコちゃんは、次は誰が話し掛けてくれるかしらと、つんとした顔で待っていた
                                               DAS ENDE

45 :(゚Д゚ ,,):03/06/19 14:37 ID:BjUjN0gP
ここはお初です。AA作るのは苦手なんで結構略してますが、星新一の「ボッコちゃん」です。
がいしゅつだったらスマソ。


46 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 14:53 ID:1h+n0zcx
シュツガイだけど(・∀・)イイ!! 乙カレー

47 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 16:08 ID:zAPysQSD
確かにがいしゅつだが、また新しいAAで面白かったよー

ただ、作品投稿中はsageでな。

48 :飽和食塩水:03/06/19 20:06 ID:lrmKD7RB
「おせっかいな神々」の「税金嫌い」をおながいします。

49 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 20:09 ID:fvbfIWWa
>>48
頑張って作ってみなよ

50 :人間的:03/06/19 21:14 ID:qcVOvyOp
貼ってもいいですか?

51 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 21:19 ID:w8UfrAF3
一回作ったものは断わったりせず堂々と貼れば良いと思いまつ。
もしケナされてもへこたれずにがんがるべし。

52 :『人間的』 星新一:03/06/19 21:32 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ロボットもいいが、もう少しなんとかならんものかね。
 | 何を言いつけても、素直にその通りにやるだけ。
 | 便利は便利だが、なんとなくつまらない気分なのだ
 |__________ ______________
                |/
  ( ・∀) ,'    ,' (A、´ )
  (\\ U   U人  )
  □>> ̄] ̄ ̄[ ̄< <□

53 :2/17:03/06/19 21:33 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | いずれそのような意見が出るのではないかと、
 | じつは、新しいロボットを試験的に作っていました。
 | そして、それを人生修業に出したのです
 |___ ____________________
       |/
   ( ・∀) ,'    ,' (。、´;)
  (\\ U   U ∽ )
  □>> ̄] ̄ ̄[ ̄< <□
            /|
 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ロボットを修業に出す…?
 | どういうことなのだ
 |_______________

54 :3:03/06/19 21:33 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 今までのと違い、記憶装置に余力を残しておいて、
 | 人間たちのあいだで生活させたのです。
 | だから、従来のものに比べ、+αがあるはずです
 |___ ____________________
       |/
  ( ・∀) ,'    ,' (ー、´ )
  (.V ) U   U ∽ )
  □>> ̄] ̄ ̄[ ̄< <□
            /|
 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | なるほど、人間味を帯びてくるわけだな。
 | で、結果はどうなった
 |____________________

55 :4:03/06/19 21:34 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | まだ、なんともいえません。
 | 修業から帰ってきたのが、昨日なのです。
 | しばらくここで使ってみて、働きぶりを観察しようと…
 |___ _____________________
       |/
   ( ・∀),'    ,' (-、´ ) て
   ( \U    U ∽ )
  □>> ̄] ̄ ̄[ ̄< <□

56 :5/17:03/06/19 21:34 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 私の家で使わせてくれないか。報告書を書くよ。
 | ばか正直だけのロボットには、あきあきしているのだ。
 | ぜひ貸してくれ。使用料ならいくらでも払う
 |__________ ______________
                |/
  (;・∀) ,'    (д、´)
  (\ ) U  ⊃/ / )
  □>> ̄] ̄ ̄[ ̄< <□
         |\
 「 ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | わ、わかりました。
 | そちらに預けましょう
 |_____________

57 :6:03/06/19 21:35 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | さあ、使ってみるか。
 | ブルー・ノバというカクテルを作ってくれ
 |________ ___________
                 |/
  { 0_0}    (ー、´)ノ
  [:田]    (  )7
  ⊥⊥      < <lΠ

 ┌ ^ ──
 |・ ・ ・
 └───

58 :7:03/06/19 21:35 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | おい、なぜやらないのだ。
 | できないのか
 |________ _____
                 |/
  { 0_0}    (д、´)
  [:田]┘   ( ノ)7
  ⊥⊥      < <lΠ

 ┌ ^ ─────────────
 |もちろん、できます。
 |しかし、お酒は体によくありません
 └──────────────

59 :8:03/06/19 21:35 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 心配するな。
 | 胃が悪くなれば薬を飲む
 |________ _____
                 |/
  { 0_0}    (o、´ )
 └[:田]┘   ( V)7
  ⊥⊥      < <lΠ

 ┌ ^ ───────────────
 |それこそむだでございます。
 |おやめになるよう努力なさるべきです
 └────────────────

60 :9:03/06/19 21:36 ID:qcVOvyOp


 ┌────────────────
 |その意志の力が弱く、
 |どうしてもとのご命令なら作りますが…
 └ v ───────────────

  { 0_0}     (д、`)
 └[:田]    (L L7
  ⊥⊥      < <lΠ
          /|
 「 ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | いいよ、わかったよ。飲む気がうせた。
 | あとで自分で作って飲む
 |____________________

61 :10/17:03/06/19 21:36 ID:qcVOvyOp


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | かわりに郊外へドライブしよう。
 | 運転をやってくれ
 |________ _______
                 |/
  { 0_0}    (ー、´)ノ
  [:田]    (  )7
  ⊥⊥      < <lΠ
                  |\
 ┌ ^ ──  「 ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |・ ・ ・   | おい、はやく仕度しないか
 └───     |______________

62 :11:03/06/19 21:37 ID:qcVOvyOp

 ┌──────────────────────────
 |このところ、交通事故がふえております…
 |事故にあってもかまわないからドライブに行けというのでしたら、
 |もちろんご命令に従います。わたしの体なら平気です
 └ v ─────────────────────────

  { 0_0}   (-、´#)
 └[:田]┘  (  l )/7
  ⊥⊥     | | lΠ
          /|
 「 ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | …ドライブはいい。わたしはもう眠る。
 | この部屋の壁紙のはりかえをやっておいてくれ
 |_______________________

63 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 21:38 ID:e8hcQXun
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

64 :12:03/06/19 21:40 ID:Hz7YBbSc

 ┌────────────────────────
 |それでしたら、もう少しお待ちになったほうがいいでしょう。
 |まもなく、新しい壁紙が開発されるはずです。
 |すぐ取り替えることになり、もったいないと思います
 └ v ───────────────────────
               「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  { 0_0}   (д、´)  < 金のことは心配するな
  [:田]┘  ( ノ )/7  |_____________
  ⊥⊥     | | lΠ

 ┌ ^ ────────────────
 |はい。 むだであると
 |充分にご承知の上でのご命令でしたら…
 └─────────────────

65 :13:03/06/19 21:40 ID:Hz7YBbSc


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | …もういい。やめた。
 | そのへんで休んでいろ
 |________ ____
                 |/
  { 0_0}   ('д、`)
  [:田]   (  l )/7
  ⊥⊥     | | lΠ

66 :14:03/06/19 21:41 ID:Hz7YBbSc


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | どうでした、使い心地は
 |___ _________
      |/
  ( ・∀)     (o、´ )  {0_0 }
  (  )     (  )ヽ [田:]
   ||       ||   ⊥⊥
            /|
 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 確かに、今までのと違って人間的だ。しかし、人間的すぎる。
 | 命令するたびに、なにかと忠告され、使いにくくてしようがない。
 | 修業先のどこかで説教癖を身につけてきたらしいぞ
 |_____________________________

67 :15/17:03/06/19 21:41 ID:Hz7YBbSc


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 説教好きになるようなところへはやらなかったはずですが…
 |___ ________________________
      |/
  ( ・∀)?    (A、´ )  {0_0 }
  ( ノ人     (  )ヽ [田:]
   ||       ||   ⊥⊥
            /|
 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 事実そうなのだ。よく調べてみてくれ
 |___________________

68 :16:03/06/19 21:42 ID:Hz7YBbSc


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | なるほど、確かに今までのロボットと違って、
 | 人間的な性質をそなえています
 |___ __________________
       |/
       ____ (д、´)
  ( ・∀・) /   7/ ∽  )
  (\ \/     /  ||
              /|
 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | そうだろう。
 | だが、なんだって説教癖を…
 |________________

69 :〜糸冬〜:03/06/19 21:43 ID:Hz7YBbSc


 「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | いえ、これは説教癖ではなく、
 | たくみに口実を作ってなまけたがるという性質ですよ
 |___ _____________________
       |/
       ____ (д、´)
  ( ・∀) /   7/ ∽  )
  (\ \/     /  ||

70 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 21:45 ID:m27vBx3l
がーん。怠けるロボットイラナイ。
>>52 乙です。

71 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 21:47 ID:+n1tdKOJ
なるほどーそういうオチかぁw
初めてリアルタイムで見れたヽ(´ー`)ノ
おもろかったよ〜おつ〜♪

72 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 21:49 ID:Hz7YBbSc
>51 気が楽になりました。ありがとうございます。

73 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 22:08 ID:w8UfrAF3
面白かったっす。乙!

74 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 22:10 ID:6EcSGVg9
>>52->>69
面白かったー!
オチまでの持って行き方が良かったよ。

75 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 22:16 ID:97Yn575L
この話知ってたけど、うまくアレンジされてていいね。

76 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 23:18 ID:zJ0GctB+
ウマイ!AAも(・∀・)イイ!!

77 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 23:27 ID:hoLcP0th
つーか面白いやん。ワラタ。
いちいち断ったりせずガンガン貼ってほすぃ

78 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/19 23:53 ID:xOE/U1Om
>>52->>69
懐かすぃ・・・
これ、漏れが初めて読んだ星新一の作品だった。
国語の教科書でだったけど(藁)。

79 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 00:04 ID:Y4XttqPd
>>1
乙カレードゾー(・∀・)ノ●

アクマ2連発イイー!
ロボ2連発もイイー!
もっとがんがれ。超がんがれ。

80 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:40 ID:UxTbK/68
 .;".  ;":   ..;".;;:
  .;".;"    : .  .;".;;:
オトウチャン…  .;".  ;": ;    ".;;:
  シッカリシテ…   ξ  .;".;": ..;".;
   ΛΛ     Λ Λ   .;".;": ..;".:
 、_ (;゚д゚)   (×Д×)──ヽ
  uuu´っ    ⊂ ⊂───⊃⊃




(/(/// ̄(つ つ  |\______  .;".;    ": ..;"
     (/(/|   / |             .;".;": ..;" .;;
      (/((/ ∧| | 生き残りか…       エッ…
          ∪ ∪ \______     ゛ ΛΛ  .;".;
                             、_ (゚д゚ )
                              uuuu´


81 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:40 ID:UxTbK/68
 (\\\\\
  \\ |||
 ̄ ̄\ | |⊂⊃
// ̄\  ∧ ∧    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
// ̄\\( ゜Д゜) < 私の名はギコエル。全てを裁く者
(/// ̄(つ つ   \_______________
  (/(/|   /
   (/((/ ∧|
       ∪ ∪            ボク ナニモワルイコト シテナイヨ…
                          ΛΛ
                          (゚д゚;)_、
                          `uuuu



uuuu


   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   | 天の焔により原初へと還れ! |
   \_______ _______/
            ∨
              ブゥゥゥゥン…!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ⊂⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
 ̄//// ̄\  ∧ ∧ / ̄\\\ ̄ ̄) ̄ ̄
 (//// ̄\\( ゜Д゜)/ ̄\\\) ̄ ̄
   (/(///  (⊃※⊂\\)\)
       (/(//|  |\)\)
        (/ ( / |  |  \)
             U U            タスケテ オトウチャン…
                             ΛΛ
                             (゚д゚;)_、
                         ( ( (  `uuuu


82 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:41 ID:UxTbK/68


(\\
 \\\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (\\\\    | 消え去るがいい!!
 (\\\\\   |
  \\ |||  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄\ | |⊂⊃
// ̄\  ∧ ∧ / /  ドドォ────ッ !!!
// ̄\\( ゜Д゜)/________________
(/// ̄( つ つ_______________
  (/(/|   /丶\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (/((/ ∧| 丶\
       ∪ ∪



          |
  \      |        /
   \     |      /
    \    │ゴォォォ !!/
     \        /
         ΛΛ オトウチャン…
────   (゚д゚;)_、  ────
         `uuuu
     /       \
    /    │    \
   /     |     \
 /       |       \
          |


83 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:41 ID:UxTbK/68
二三二二二=≡二=
 ̄ ̄二= = _  ̄__ - ≡≡
              シャッ!
二二二=二三≡二二≡三=






ガギィーーーーーンン!!!!!!!!!!!!


84 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:41 ID:UxTbK/68
ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・
=二=≡三 ━━━━│  Λ_Λヽヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ≡≡     │ (・∀・; )))< ぐっ・・・!!!チビギコくん!逃げろ!!!
        =     │)⊂ ⊂   ))) \_________  ΛΛ モララーオジチャン!!!
       ≡      │   |  |  |||                  (゚д゚;)_、
==≡二=≡──── │  (_(__)))                   `uuuu




 ズゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・
=二≡=三== ≡=二=≡ ━━━━│  /Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                ≡≡     │ ((・∀・; )< 280円(税込)の盾だから長くは持たない!逃げるんだ!
                  =     │)⊂ ⊂   ) \_________   ΛΛ デ、デモ・・・・
                 ≡      │   | |  |  |                  (゚д゚;)_、
≡= ≡≡= 三二≡==≡=≡──── │  ((_(__)                   `uuuu



85 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:42 ID:UxTbK/68
   ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・
二= = =二≡二= = 二==二=≡三 ━━━━ │  /Λ_Λ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ≡≡      │ ((; ・∀・)< いいから早く!!!
                        =     │)⊂ ⊂   ) \_________   ΛΛ ワ、ワカタヨ・・・
                       ≡      │  │|  |  |                 、_ (゚д゚;) 、
≡===≡=≡=≡二===≡二=≡──── │  ((_(__)                  uuuu´




                          ΛΛ オジチャン・・・シ・・シナナイデ!!!
                          (゚д゚;)_、
                          `uuuu

                                       ≡  ΛΛ
                                   ≡    、_ (   )
                         ダッ           ≡  uuuっ´



86 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:42 ID:UxTbK/68
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   |      ふっ・・・・・・・      |
   \_______ _______/
            ∨
              ブゥゥゥゥン…!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ⊂⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
 ̄//// ̄\  ∧ ∧ / ̄\\\ ̄ ̄) ̄ ̄
 (//// ̄\\( ゜Д゜)/ ̄\\\) ̄ ̄
   (/(///  (⊃※⊂\\)\)
       (/(//|  |\)\)
        (/ ( / |  |  \)
             U U




(\\
 \\\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (\\\\    | 裁きの徒の前に立ちはだかるとは・・・愚か者め・・・氏ぬがいい!!!!!!!!
 (\\\\\   |
  \\ |||  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄\ | |⊂⊃    天の焔ファイナル!
// ̄\  ∧ ∧ / /________________
// ̄\\( ゜Д゜)/________________
(/// ̄( つ つ_━━━━━━━━━━━━━━━
  (/(/|   /丶\───────────────
   (/((/ ∧| 丶\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ∪ ∪


87 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:42 ID:UxTbK/68
ギャギギギギギギギ・・・・
=二=≡三 ━━━━│ //Λ_Λ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ≡≡     │ (((・∀・;;)< ゔゔっ゙・・・・・・・
        =     │)⊂ ⊂   ) \_________
       ≡      │  |||  |  |
==≡二=≡──── │ (((_(__)




ギリギリギリギリギリ・・・・
≡=== =二=二=≡三 ━━━━│  //Λ_Λ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ≡≡     │  (((・∀・;;)< ゔゔっ゙・・・・・・・
                =     │) ⊂ ⊂   ) \_________
               ≡      │   |||  |  |
三二=≡= ==≡二=≡──── │  (((_(__)


88 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:43 ID:UxTbK/68
                        ──────
  ガギン!!!!          /       /
                    /        /)
                  /_____/

二二= = = ==二=≡三    ☆    Λ_Λ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ≡≡   ☆   (・∀・;;)< しまった!盾が!!!
                 =    ☆⊂ ⊂  )  \_________
                ≡        |  |  |
≡=≡= =三==≡二=≡        (_(__)





ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・
三≡= 三二== ≡三二=二=≡三            Λ_Λ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                     ≡≡         (・∀・;;)< う・・・・
                        =       ⊂   ⊂ ) \_________
                      ≡           |  |  |
二≡== ≡= 二≡=」= ==≡二=≡           (_(__)





うわあああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


89 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:43 ID:UxTbK/68
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   |ふっ・・愚か者が・・次はあやつだ|
   \_______ _______/
            ∨
              ブゥゥゥゥン…!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\    ⊂⊃  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
 ̄//// ̄\  ∧ ∧ / ̄\\\ ̄ ̄) ̄ ̄
 (//// ̄\\( ゜Д゜)/ ̄\\\) ̄ ̄
   (/(///  (⊃※⊂\\)\)                                 ↓チビギコ
       (/(//|  |\)\)
        (/ ( / |  |  \)                                     ・
             U U


   ∧_∧
.;".(    ).;".;".; ;⊃.;"
  ⊂    \    .;".;"″.;" │ |
    \    \           (__).;"″




(\\
 \\\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (\\\\    | 我の裁き、天の意志に従い!
 (\\\\\   |
  \\ |||  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄\ | |⊂⊃
// ̄\  ∧ ∧ / /  キュイン
// ̄\\( ゜Д゜)/
(/// ̄( つ つ キュイン
  (/(/|   /丶\
   (/((/ ∧| 丶\    キュイン
       ∪ ∪


90 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 06:44 ID:UxTbK/68

(\\
 \\\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (\\\\    | 消え去るが・・・
 (\\\\\   |
  \\ |||  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄\ | |⊂⊃
// ̄\  ∧ ∧ / /  キュイン
// ̄\\( ゜Д゜)/        キュイン
(/// ̄( つ つ キュイン
  (/(/|   /丶\            キュイン
   (/((/ ∧| 丶\    キュイン
       ∪ ∪




(\\
 \\\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (\\\\    | い・・・・
 (\\\\\   |
  \\ |||  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄\ | |⊂⊃
// ̄\  ∧ ∧ / /
// ̄\\( ゜Д゜)/ グサッ
(/// ̄( つ つ =     二
---(/(/|----------------------E
≡  (/((/ ∧| 丶\   ≡   =
       ∪ ∪


91 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 07:02 ID:d7C11tbP
…なにやってんの?こいつ。

92 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 08:18 ID:6opvExA5
がいしゅつネタでスマソ。

93 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 17:16 ID:LJW+EOYG
まさか誤爆か!?
星新一でこんなネタあったかな〜。
アレンジしすぎじゃねーのとか考えながら
読んじまったじゃねーか!(w

94 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 18:15 ID:mFJE3hff
荒らし?

95 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 18:47 ID:7FWQztgt
すげー初期の頃のストーリーAAだな
昔はこんなんでマンセーされたもんだが…

96 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 19:47 ID:31nf1cMj
ショートショート = 短い作品 ・・・という勘違いと予想

97 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 20:11 ID:dMJeHCD/
>>96の言うとおりっす、荒らして申し訳ありません。

98 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 20:19 ID:9vNj/9Qj
長編小説、って短いのに長いよな。
英語にするとロングショートストーリー?

99 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 20:39 ID:r1NR5ChE
>>98
小説はnovelだから
long novelじゃねーの
ロングショートなんてありえねえ

100 :98:03/06/20 20:45 ID:9vNj/9Qj
あらら…自分の無知を晒してしまった。
>>99指摘サンクス。

101 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/20 21:08 ID:hdx+vi1q
で、これはスレ違いとして削除対象になるのかね?

102 : ( ´∀)・∀),,゚Д):03/06/20 23:04 ID:rmnVXIn5
削除してもらった方がありがたいですな、カキコしてしまった本人としては。

103 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/21 00:16 ID:DQ7n3h+f
>>102
ならばあなた自身の手で削除依頼をだしてきませう

104 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/21 01:00 ID:vw1R8wBa
荒れなくてヨカッタ。

105 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/21 01:21 ID:SkbOldl4
>101-103
でもそんな下らない事で削除人さんに迷惑かけるのはちょっと…

106 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/21 01:33 ID:jdVKJI8m
そういえばこのシーン、モナーRPGの誰かの作品にあったよ
AAも同じ奴が


107 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/21 01:34 ID:l9nkB59u
マターリ行こうぜよ。別に消さなくても俺ら困らんと思うし。
>>102も目くるめく名作ショートショートの世界へようこそってことでダメ?

108 :実は:03/06/21 23:01 ID:5aMPtTr3
>50は、間隔が狭いかなと思って、一応断っておこうかと。
励ましていただいて本当に嬉しかったので、
これじゃ騙しているようだと罪の意識にかられ、
こんな無益なカキコをしております。
当人以外にはどうでもいいことで失礼しました。

109 :正しくは51さん:03/06/21 23:20 ID:5aMPtTr3
ああ…間違えてる(メル欄)重ね重ねすみません…

110 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/21 23:43 ID:GfPjnyl4
>>108-109
そんなことはどうでも良い。
さっさと次の話作っておくれ。
面白かったんだからさ。


っていうか俺も作るか・・・

111 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/21 23:56 ID:UXiNOrQT
今作ってるよ。AA手抜き気味だけど長いから大変。
来週ぐらいにはできるかなあ。

112 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 00:05 ID:LaVDuzKk
>111
おう。気長に楽しみに待ってるよ。
ガソバッテくれ。

113 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 18:54 ID:xi2G1FgH
1/

━━━━━━━━━━━┓
 ◎モナ旅行代理店◎  . ┃
━━━━━━━━━━━┛
                 │
┌-┐ ┌―──┐    │
└-┘ │  ∧  |    |
┌-┐ |[open]│    │
└-┘ │      │    │ 
.      |      │    │    ∧ ∧
.      |      │    │    (゚Д゚;)
.──────────┘    っ□さ
     \welcome!!\       |  |〜
      └────┘      U`ヽ)
                ┌───<──────────
                │えーと・・あったあった、ここか・・
                └─────────────


114 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 18:55 ID:xi2G1FgH
2/

━━━━━━━━━━━┓
 ◎モナ旅行代理店◎  . ┃
━━━━━━━━━━━┛
                 │
┌-┐ ┌―──┐    │
└-┘ │  ∧  |    |
┌-┐ |[open]│    │
└-┘ │      │    │ 
. ∧∧ |      │    │
 (   ).|      │    │
 (|  |)───────┘ 
  |  〜\welcome!!\    
  し^J  └────┘     
┌─<────────────
│ここで三件目か・・どれどれ・・
└─────────────

───────────────────
仕事の疲れをいやすための旅行先を探して
ギコは旅行代理店めぐりをしていた
───────────────────


115 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 18:55 ID:xi2G1FgH
3/

━━━━━━━━━━━┓
 ◎モナ旅行代理店◎  . ┃
━━━━━━━━━━━┛
                 │
┌-┐ ┌―──┐    │
└-┘ │  ∧  |    |
┌-┐ |[open]│    │
└-┘ │      │    │ 
. ∧∧ |      │    │
 (   ).|      │    │
 (|  |)───────┘ 
  |  〜\welcome!!\    
  し^J  └────┘     
┌─<───────────
│ん、脱文明ツアーだって?
└────────────

116 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 18:55 ID:xi2G1FgH
4/
┌───────────────────────────────────────────┐
│          『脱文明ツアー大好評! あなたも文明から離れてみませんか』                │
│携帯電話、インターネット、ナビシステム等、最新鋭のシステムに囲まれた暮らしは便利には違いない。 │
│     けれど、たまには、そういった物とは無縁の場所でのんびりしたいと思っているあなた!     │
│                     ぜひこのツアーにご参加ください!                       │
│                                                                 │
│料金 ・・・・20000円                                                    │
│                                                               │

     ∧ ∧
     (Д゚ )
┌───<──────────
│おもしろそうだ、コレにしよう!
└─────────────


117 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 18:56 ID:xi2G1FgH
5/

┌─────────────────────────
│いらっしゃいませ、そのツアー大人気で            
│すでにたくさんの予約が入ってるモナ、奥の部屋どうぞモナ 
└───<──────────────────────
                _____
      ハ   ハ    /     /|
     /ノ_/ノ   /     / .|
     ( ´∀`) //.〕   /    |
     ( ⊃⊂)/ 〔〔/|. /     | ∧∧
     |  | /__/ ̄|  |/     / (゚Д゚ )
     (__/ [_ヲ.」/     /   と  つ
     /     ./     /       |   |〜
     |' ̄ ̄ ̄ ̄|     /      ∪∪
     |.        |   /  ┌──<──────────────
     |.        |  /      │外に貼ってあった「脱文明ツアー」に 
     |____.|/     │参加したいんだけど・・         
                  └────────────────


118 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 18:56 ID:xi2G1FgH
6/

                 ________________
                |                          |
      |              |  ┌‐‐‐‐┐  ゞヾヽ,          |
      |              |  |.[__]゙|  ノノ;;;;ソゝ            |
      |              |  |:: :: :: :: |    ii              |
      |              |  └‐‐‐‐┘ ┌┴┐.            |
      |______ ハ___ハ ____|_|_|_|_______|
     /         /ノ_/ノ     .└‐┘ ∧∧    ___
   /          /( ´∀`)         (゚Д゚ )  ./ /|
  /         /  (   つ つ _三__  (|  | / /  |
/           |⌒l /ヽ-   ))/   旦/| ノ  Jl⌒l   |
              | └‐ ┐/し| ゛  ̄ ̄ ̄|/|((┌‐‐┘ |  /
             |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|   |___|/

┌──────────<────────────────
│ありがとうございますモナ、おかげさまでこの企画は大ヒットで
│本日も十名様以上のお申し込みがあったモナ         
└──────────────────────────


119 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 18:56 ID:xi2G1FgH
7/

                 ________________
                |                          |
      |              |  ┌‐‐‐‐┐  ゞヾ   ┌─────────────────
      |              |  |.[__]゙|  ノノ;;;;  │本当に文明から離れられるんだろうね 
      |              |  |:: :: :: :: |    ii    └<─────────────────
      |              |  └‐‐‐‐┘ ┌┴┐.            |
      |______ ハ___ハ ____|_|_|_|_______|
     /         /ノ_/ノ     .└‐┘ ∧∧    ___
   /          /( ´∀`)         (゚Д゚ )  ./ /|
  /         /  (   つ つ _三__  (|  | / /  |
/           |⌒l /ヽ-   ))/   旦/| ノ  Jl⌒l   |
              | └‐ ┐/し| ゛  ̄ ̄ ̄|/|((┌‐‐┘ |  /
             |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|   |___|/

┌──────────<────────────────────
│ええ、それは間違いありませんモナ、携帯電話も一般電話も使えませんし
│インターネットはおろかテレビ、ラジオといったものもすべて機能しないモナ
│それでは困るという方にはお勧めしませんが       
└─────────────────────────────

120 :◆MTGGG3Z9ds :03/06/22 18:57 ID:xi2G1FgH
8/
                 ________________
                |                          |
      |              |  ┌‐‐‐‐┐  ゞヾ   ┌───────────────────────
      |              |  |.[__]゙|  ノノ;;;;  │いや、それでいいんだ。しかし、そんな場所というのは
      |              |  |:: :: :: :: |    ii    │かなり遠くの無人島か、相当の山奥なんだろうな   
      |              |  └‐‐‐‐┘ ┌┴    └─<──────────────────────
      |______ ハ___ハ ____|_|_|_|_______|
     /         /ノ_/ノ     .└‐┘ ∧∧    ___
   /          /( ´∀`)         (゚Д゚ )  ./ /|
  /         /  (   つ つ _三__  (|  | / /  |
/           |⌒l /ヽ-   ))/   旦/| ノ  Jl⌒l   |
              | └‐ ┐/し| ゛  ̄ ̄ ̄|/|((┌‐‐┘ |  /
             |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|   |___|/

┌──────────<────────────────────
│無人島は無人島ですが、ここから手漕ぎ船で
│三十分ほどしか離れておりませんから、日帰りでの旅行も十分可能モナ
└─────────────────────────────

121 :◆MTGGG3Z9ds :03/06/22 18:57 ID:xi2G1FgH
9/
                 ________________
                |                          |
      |              |  ┌‐‐‐‐┐  ゞヾ   ┌───────────────────────
      |              |  |.[__]゙|  ノノ;;;;  │そんなに近いのか。でも、それだと携帯やラジオの電波は
      |              |  |:: :: :: :: |    ii    │届いてしまうんじゃないか?  
      |              |  └‐‐‐‐┘ ┌┴    └─<─────────────────
      |______ ハ___ハ ____|_|_|_|_______|
     /         /ノ_/ノ     .└‐┘ ∧∧    ___
   /          /( ´∀`)スゴイデショ    (゚Д゚ )  ./ /|
  /         /  (   つ つ _三__  (|  | / /  |
/           |⌒l /ヽ-   ))/   旦/| ノ  Jl⌒l   |
              | └‐ ┐/し| ゛  ̄ ̄ ̄|/|((┌‐‐┘ |  /
             |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|   |___|/

┌──────────<────────────────────
│ご心配なく。島の周りに電波カーテンを施しまして、外部からの電波を完全に遮断してるモナ。
│それだけじゃなく、文明の持ち込みには、衛星を使った探知システムが目を光らせていますし
│島の外の建築物が目に入らないよう、一部の海上には自動雨雲発生器を設置して
│視界を遮る工夫もしてあるモナ
└─────────────────────────────

122 :◆MTGGG3Z9ds :03/06/22 18:57 ID:xi2G1FgH
10/
                 ________________
                |                          |
      |              |  ┌‐‐‐‐┐  ゞヾ   ┌────────
      |              |  |.[__]゙|  ノノ;;;;  │へぇ、脱文明も大変なんだな
      |              |  |:: :: :: :: |    ii    └──────── 
      |              |  └‐‐‐‐┘ ┌┴┐           . |
      |______ ハ___ハ ____|_|_|_|_______|
     /         /ノ_/ノ     .└‐┘ ∧∧    ___
   /          /( ´∀`)      スゴイネ(゚Д゚ )  ./ /|
  /         /  (   つ つ _三__  (|  | / /  |
/           |⌒l /ヽ-   ))/   旦/| ノ  Jl⌒l   |
              | └‐ ┐/し| ゛  ̄ ̄ ̄|/|((┌‐‐┘ |  /
             |_____|''   |_| ̄ ̄ ̄|_|   |___|/

            ┌──<────
            │そうですとも
            └───────


123 :◆MTGGG3Z9ds :03/06/22 18:57 ID:xi2G1FgH
11/




     「当社の“超”最新鋭のシステムなしには実現不可能です。お気に召されましたでしょうか?」






124 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 18:58 ID:8Cq21l9/
リアルタイム?

125 :◆MTGGG3Z9ds :03/06/22 18:59 ID:xi2G1FgH
トリップつけ忘れ途中で気づきました、すいません
「11/11」 ってコマ数入れ忘れました、すいません
じつは名作ショートかはわかりません、すいません

すいません_| ̄|○

126 :◆MTGGG3Z9ds :03/06/22 19:00 ID:xi2G1FgH
もとネタはこちらです
( ´∀`)つttp://www.mirai.ne.jp/~mi-osawa/data/datsubunmei.htm

127 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 20:16 ID:CMH5qN5h
(・∀・)オモシロカタヨー


128 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 21:54 ID:MB6X3KMz
文明から脱する為にはさらに高度な文明が要ると・・・

129 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 21:54 ID:vEAUmd+Q
前スレ279っす。思ったより早くできてしまいました。
また深夜12時すぎから貼ります。
長さだけで言えば前作の2倍以上の長編です。
・・・ということはつまりお題はアレです。お楽しみに。

支援はこちらでお願いします。

《《《支援専用》》》連続投稿支援スレ二十六《《《支援専用》》》
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1055764309/


130 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 23:01 ID:h/GuLvDa
タノシィミ・・・
今日星新一の漫画化本買ってみたんですが、いいよな、わるいよな

131 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/22 23:44 ID:LSa/A7wL
おや、そんな本がでていたとは。

132 :1/93:03/06/23 00:00 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

               『 処 刑 』

                     星 新一

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

133 :2/93:03/06/23 00:01 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その男はパラシュートを外す気力もなく、砂の上に横たわったまま
目で空をさがした。薄青く澄みきった高い空に見る見る小さくなっていく
ロケット推進の航空機を見つけた。先ほど彼を突き落として行った
航空機だった。航空機はさらに小さくなり、空に溶け込んで消えた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                    キラーソ

                                     *

                _,,.. -──‐- .、.._
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、.
          /                        \.
       ,i´_,,.. --───‐‐.、.._ _,,─‐‐- .、.._ _,,.. - .、.._`:、
      \          |        /      /
        \        |       /       /
          \          |         /      /
            \      |      /    /
              \    |     /   /
                \    |     /  /
                  \   |    / /
                 \  |  / /
                 ○   ∧_∧
                と⌒⌒つ´Д`)つ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

134 :3/93:03/06/23 00:01 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼と地球とのつながりは、これで全く断ち切られた。これからは、
いつ現れるか知れない死を待つ時間だけが続く。今や処刑の地、
火星上にいるのだった。酷熱という程ではないが暑かった。
彼はのどの渇きに気がついて、そばに転がっている裁玉を見た。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                _,,.. -──‐- .、.._
           ,. ‐''"´           ``'‐.、
          ,.‐´                 `‐.、.
          /                        \.
       ,i´_,,.. --───‐‐.、.._ _,,─‐‐- .、.._ _,,.. - .、.._`:、
      \          |        /      /
        \        |       /       /
          \          |         /      /
            \      |      /    /
              \    |     /   /
                \    |     /  /
                \  ∧_∧/ /
                 (´∀`; )/
  / ̄\           ( ))-)))
  ( ゚ ∀ ゚ )           | | |
  \_/           (__)_)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

135 :4/93:03/06/23 00:02 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 文明が進むと犯罪が増えるのではないか。この、昔誰もが持った
 不安は、すでに現実となっていた。ガラス張りできらきらするビル。
 複雑に張り巡らされた配線。大小さまざまの電子機器。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
....:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                           ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.                             ...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::.....                   __,,,,,_         ..:::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::..........             i''''''i==ii ~|    i''''"""~iiii:::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::    : : : : : : . ,,,,___   i{}:::i//ii ;;|__,,,, i-''iiii,,  ..iii|--;::::..:::::::....:::::
. .:. . .. :      . : : :___,,ii i|iiiii=.  i 「,ii//ii ;;| |||||.i//iiii;;;;;;;;;;.!i|:::::|:::....:::::...:::::
,,, .  : .         |::::|| |iiiiiii| _,,ii | ii//ii ;;| |||||.i//iiii;;;;;;;;;;;!i|:::::| :..  __,,,,
||ii==「!!!!!!!!!!!!_ . :: i'Ii ii! |iiiiiii| || |; ii//ii ;;| |||||.|//iiii;;;;;;;;;;;!i|:::::|/ヽ__i-|; ; ;
||__| ̄|||||||||||||iii   | ii iii |iiii|~~~~~~~~~~~i~~~~~~''''i-;==;;=iii|「「司 ii三.|; ; ;
||||||||||||||||||||||||| TTT」iiiiiii |iiii|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;| |iiii| |「「| ̄| ii三|.|; ; ;
ii|||||||||||||||||||||||| iiiiiii| iiiiii;;---;|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;|__iiiiii| 「「=i i~i三 ,|; ; ;
 iiiii--「ii!!!!!!!!!!____;;;=;; ;;;;;;;;;;;;|.[[[[[[[[[[[[[[ i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|三三三三三三三三

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 このような無味乾燥な物が一杯に詰まった都会の、どこから
 生々しい犯罪が生まれてくるのかは、ちょっと不思議でもあった。
 しかし、犯罪は起こっていた。殺人、強盗、暴行。
 それに数え切れない傷害、窃盗。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

136 :5/93:03/06/23 00:02 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 もちろんこの対策は万全だった。電子頭脳を使ったスピード裁判。
 検事、弁護士、裁判長の役を一つの裁判機械が行っていた。逮捕された
 次の日には刑が確定する。その刑は重かった。悲惨な被害者の印象が
 薄れないうちに確定する刑は、重くなければならなかった。しかも宗教を
 一掃してしまってからは、犯罪を押さえるには重い刑しかなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              ┌──┐      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             ∪()━◎┥∪  < 開テイ。判ケツ、被コクは死ケイ。閉テイ。
─────┐  V|    |V     \______________
         |     |:日 日:|     
           |   └┬┬┘            _________   
         │     亠亠            /
 ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  ひ、人の話を聞けYO!  
    |                              |  |  助けてくれYO!
    |.                        |  \
    |                       |    ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |                         |   ∧_∧          
    |  | ̄ ̄|~. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.| (∀T ; ,)
    |  |    |               ┌─┬┴⊂  〇 ) ,,'⌒丶、 
    |  |    |               │  │  │ | │_ゝ@==>
┏━┳┓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|   │  │  (__)__,) (゚∀゚  ) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
┃  ┃┗┓        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄~i ( =|=,~ ),,        |
┗━╋━┛        |      |   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄|⌒(⌒,,_,)          |
  ┏┻┓_         │,   │   │  │ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄|(__) ̄ ̄ ̄| ̄|、  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

137 :6/93:03/06/23 00:03 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
処刑方法として最後に考え出されたのが火星の利用だった。火星。
調査がしつくされ、採算可能の資源が取り尽くされたあとの火星は、
もう意味がなかった。地球の人々は限度のない宇宙進出を続けるより、
地球を天国として完成した方が利口なことに気が付いた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       ,i´_,,.. --───‐‐.、.._ _,,─‐‐- .、.._ _,,.. - .、.._`:、
      \          |        /      /
        \        |       /       /
          \          |         /      /
            \      |      /    /
              \    |     /   /
                \    |     /  /
                \  ∧_∧/ /
                 (´∀`; )/
  / ̄\           ( ))-)))
  ( ゚ ∀ ゚ )           | | |
  \_/           (__)_)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 火星は処刑地にされ、犯罪者たちはロケットで運ばれ、
 パラシュートで降ろされるのだった。裁玉を一つ与えられて。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

138 :7/93:03/06/23 00:04 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
その男は裁玉をこわごわ見つめた。ますます激しくなる渇きは、
彼にパラシュートを外させ、玉に近寄らせた。彼はそっと手に取った。
しかし、それに付いているボタンを押すことは、ためらった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | 最初の1回なんだから、大丈夫だろう
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´∀`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
            | | |
            (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だが、この気休めを追いかけて「1回目でやられた奴もあるそうだ」
という地球での噂が、まざまざと頭に浮かんだ。彼は辺りを見回し、
このボタンを遠くから押す工夫はないものかと思った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ∧_∧_∧  / ̄\
           (´∀`≡´∀`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ  \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

139 :8/93:03/06/23 00:04 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし、それをあざ笑うように、
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    __
   //_∧ヽ    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( )・∀・))  < ボタンは手で押さない限り、絶対にだめですよ
  [(う   ))つ     \___________________
  | | |
  (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
という、彼に玉を渡すときのロケット乗務員の言葉が思い出された。
おそらくその通りだろう。そんなことが出来るのなら、この裁玉の
価値はないのだから。渇きは強まった。唾液はさっきから全く出なかった。
もう我慢は出来ない。彼は高いところから飛び降りる寸前のような、
恐怖とやけとの混ざり合った気持ちで、ボタンにあてた指に力を入れた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             モ、モナッ!
              ∧_∧ / ̄\
             (;´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             (  つつ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

140 :9/93:03/06/23 00:05 ID:3sF0C2sc
 
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´Д`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は中で音をたてた。彼はあわてて指を離した。音はやんだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | 助かったな・・・
       \
          ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄
              O
               o
              ∧_∧ / ̄\
             (;´∀`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)     
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

141 :10/93:03/06/23 00:06 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ボタンと反対側の底をちょっと押すとその部分がはずれて、銀色の
コップが出てきた。コップの底には、水が少しばかりたまっていた。
彼はそれを見つけ、勢いよく口の中にぶちまけた。それほどの
量はなかったが、からからになっていたのどの渇きを一応は止めた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


         ∧_∧
         (;´∀`)>
         (  つつ   / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
        (__)__)   \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は舌をのばし、コップの底をなめようとしたが、出来なかった。
もっとも、とどいたとしても一滴あるかないかの程度だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

142 :11/93:03/06/23 00:06 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はカチリと音をさせて、コップを元におさめた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      | そうそう、そんな調子でいいのよ
      | もっと飲みたいんじゃないの?
      \
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    O
                    o
              ∧_∧ / ̄\
             (;´∀`)( ゚ ∀ ゚ )           
             ( つ つ\_/             
             | | |                 
             (__)_)               
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
裁玉は笑いかけるように、ふるえる彼の手の上できらきら光った。
遠く地平線の彼方から、爆発の音が伝わってきた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

143 :12/93:03/06/23 00:07 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
裁玉は直径約三十センチ。表面には細かい穴が開いている。
ボタンを押せば水がそのコップにたまる。空気中の水蒸気分子を、
強力に凝結させる装置なのだ。人工サボテンとも呼ばれていた。
火星を旅行する者にとっては、なくてはならない装置だった。
だが、文明の利器には、必ず二通りの使い方がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
@ボタンを押す           Aサイタマる

  ポチットナ      
  ∧_∧ / ̄\           / ̄\          
  ( ´∀`)( ゚ ∀ ゚ )          (( ゚ ∀ ゚ ))サイタマサイタマ  
  (  つつ \_/           \_/          
  )  ) )                        
 (__)__)


Bコップを取り出す         C 水(σ・∀・)σゲッツ!!

  ガッチョン                      ∀
    ∀                  ∧_∧ ∩
  / ̄\                ( ´∀`)丿
  ( ゚   ゚ )サイタ・・・マ         ⊂    丿
  \_/                ノ  γヽ
                     (__丿\__ノ

144 :13/93:03/06/23 00:07 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
今火星にいる全ての者が持っているこの裁玉は、処刑の機械なのだ。
ある回数ボタンが押されると内部の超小型水爆が爆発し、三十メートル
周囲のものを吹き飛ばす。その回数は誰にも知らされないのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|  ゚ ∀ ゚ .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
         .;.;"..;.;" .i|        |i/ ".;.;".;":
      .;".;": . \( ⌒.i|        |i )⌒)/".;.;".;":
  .;".;": ..;. ;( ⌒(  .i|          .|i⌒) )⌒".;.;".;":.
 .;".;": ..; 从へへΣ(     ∩  ∧ ∧ ∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧∩\ ( ゚∀゚)< さいたまさいたまさいたま!
さいたま〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/  |    / \__________
________/ |   〈   |   | .;.;"..;.;"..;.;".
.;.;"..;.;"..;.;". / /\_」  / /\」 .;.;"..;.;"..;.;".
               ̄      / /

145 :14/93:03/06/23 00:08 ID:3sF0C2sc
 

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | これから、いったい何をすればいいんだ
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 O
                  o
              ∧_∧_∧
             (´Д`≡´Д`)
              (    )
              | | |
              (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は立ったまま見回してみた。地平線の近い火星では、
そう遠くまで見渡せない。より遠くを眺めるには、
そばにある砂丘に上る以外になかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

146 :15/93:03/06/23 00:08 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
砂丘の上に立つと、むこうに小さな街が見えた。街といっても三十軒
あるかないかの安っぽいものだった。火星の開拓時代のなごりで、
住んでいる者のあるはずはなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             ⊂ ⊃

          _.,,..,        ,, ,...
     _,.,.,、-‐"゙゙   `""`' ‐-; _,,-^  `:、_   __ .,,- ‐
^ ;-‐' "      ,,, ::'          l   `''^
     日^[]   ll i i    ロ
 目 /    ロ l^l  ̄  []   ^
 i/ 『l ロ     ^
,./ ロ                 i^i^i
ノ          
          
       / ̄^^ ̄ ̄\_/ ̄ ̄`─、_      
    /` ̄                    ^ ̄`-‐-;,,..       _.,-
-―-'                              `" `"'""'''"''"

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しかし、ここにぼんやりしているのもいたたまれない気持ちだった。
死を見つめながらじっとしているより、気を紛らす工夫をした方がいい。
それには、あの街に目標を立てて歩いてみるのも一つの方法だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

147 :16/93:03/06/23 00:08 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は裁玉を取りに戻った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | 私を置いていくつもりじゃないでしょうね?
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は砂の上で待っていた。穴のたくさんあいた玉の表面は、
 きらきらと光り、それの持ち主のその時の気分を反映して、
 表情を作るように見えるのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

148 :17/93:03/06/23 00:09 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は玉を抱え、砂丘を越え道路に下りた。舗装された道路は、
 所々砂で埋まりかけ、歩きにくいところもあったが、
 彼はそれを伝って街を目指した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | ちくしょう。何でこんなことになったんだ
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´Д`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
             人 ヽノ
          ≡ (__(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 だがこの文句はそれ以上続かなかった。わめいてみたって、
 何の役にも立ちはしない。殺人者が火星で処刑されることは、
 地球上のメカニズムの一つなのだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

149 :18/93:03/06/23 00:09 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その動機や理由などは問題ではなかった。殺すつもりでなくても、殺すつもりであっても、
 殺された側にとっては同じ事なのだから。地球の重さに匹敵するとまでたとえられた
 個人の生命。それを奪った者が許されていい理由はない。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                          ┗0=============0┛
               \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
            /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
                  0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
            [二] | ::|       |::|┏━━━━┓|::|       | ::l [二]
◎○@※◎○@※. |□|.│ |┌┬┐ |::|┃/ 逝 \┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| ◎○@※◎○@※
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii| `)三(´| ::|├┼┤ |::|┃  ∧∧  ┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´il|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|
@※◎○@※◎○ | ::| | ::|└┴┘ |::|┃ ミ,゚Д゚彡 ┃|::| └┴┘| ::| | ::|  @※◎○@※◎○
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li┏━━━━━┓|::|┃..,;゙   つ..┃|::|┏━━━━━┓ li|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l
◎○@iiii※◎○@ ┣┳┳┳┳┳┫|::|┗━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫ ◎○@iiii※◎○@
ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|l ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ ii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|iiii|li
               ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
           [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
                |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それにたとえ弁解する機会が与えられても、多くの者には何とも説明のしようがなかった。
 彼もまた同じだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

150 :19/93:03/06/23 00:10 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しかし、説明は出来なくても原因はあった。それは衝動とでも呼ぶ
べきものだった。朝から晩まで単調なキーの音を聞き、モニタを
見つめているような仕事。それの集まった一週間。それの集まった
一ヶ月。その一ヶ月が集まった一年。その一年で成り立つ一生。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


          ∧ ∧         ∧_∧   
         (,,゚Д゚)       (´Д`;)カタカタ .
       _ ¢_C___┌――┐)___  ∧_∧  
     /旦/  /  /  |.VAIO..|ソ/./|  ∂/ハ)ヽヽ
   /|||||||| ̄ ̄  /    ======//  |  ハ`∀´ノ
   |  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   . |   (_|:|_C
   |           |              |  /   /_____II
   |           |              |/     し(_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし、それに対して不満を抱き始めたらもう最後なのだ。
 逃げようとしても行き場はない。機械はそのうちそのような
 反抗心を持った人間を見抜き、片づけてしまうのだった。
 片づけるといっても、機械が直接に手を下すわけではない。
 その人間に犯罪を犯させるのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

151 :20/93:03/06/23 00:10 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
巧妙な粛正。機械と共存の出来ない者、動物的衝動を持つ者を
整理しようとしているのかも知れなかった。したがって、
皮肉にも火星に送られてくる者は生命に執着する心が強かった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
         | ちくしょうめ!
         \
            ̄ ̄○ ̄ ̄
               O
                o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´Д`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
             人 ヽノ
          ≡ (__(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は不満を何かに集中して憎悪したかった。しかし、機械を
憎悪することは出来るものではない。一人でも人間が裁判官の
席に座っていたのなら、それを心に描いて憎悪し、いくらか救いに
出来たかも知れないが。これも処刑を一段と苦痛の多いものと
するために考えられた、手段の一つかも知れないのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

152 :21/93:03/06/23 00:10 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 のどが、再び渇いてきた。地球より酸素の少ない空気のため、
 より多くの呼吸をしなくてはならなかったし、湿度の少なさは、
 そのたびに水分を体から奪い去っていった。水が飲みたい。
 鼻の奥やのどに、熱した塩を詰め込まれているようだった。
 男は抱えている玉をちらと見た。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | 早くボタンを押したら?
       \
          ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
            / ̄\           
            ( ゚ ∀ ゚ )  
            \_/ 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
冷たいこびを含んで笑ったように見えた。街は近くなっていた。
あの街までは水を飲むまい。あそこには何かあるかも知れないのだ。
今爆死するより、街を見てから死んだ方が後悔も少ないように思えた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

153 :22/93:03/06/23 00:11 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は細い細い管で息をつくようにあえぎながら、街に入った。
 家々は道の両側に十軒ぐらいずつ並んでいた。だが、真っ先に
 彼の目をとらえたのは、その真ん中あたりの右側の一軒が
 飛び散り壊滅した跡だった。思わず足が止まった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
_\  _                               _  / ̄ ̄
  \ \                                  / /
 ̄ ̄|__ \\ 、                        , // __| ̄ ̄ ̄ ̄
∃  |   |  | l l                     l l |  |   |  田 田
    |田 |  | | l                      l | |  | 田|
∃  |   |  | | l    . .. ... .. ... . ... ... . .. .. ..    l | |  |   | 田 田
    |田 |  | l‐    .....   ....    .....   -| |  | 田|
∃  |   |  ― ....           ....     .....   ― |   | 田 田
    | .... 一      ....           ...      ....  ー- |
―  ̄           ....   ....       ...          ̄ ― -

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
誰か前にここでやられた奴がいる。おそらくその男も砂漠を通って
この街にたどり着いたのだろう。何かここに絶え間ない死の恐怖から
救ってくれるものがないかと思って。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

154 :23/93:03/06/23 00:11 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 男はその跡を見つめながら立ちつくした。考えまいとしても、
 自分をそこに置いた想像をしないではいられなかった。
 考えをそらそうとしても、それはできなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




              ∧_∧ / ̄\
             (;´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 夕暮れが迫って、彼の影が家の破片の飛び散った空虚な街の
 道路の上に長く長く伸びるまで。赤みを帯びた砂漠の上を走って
 沈みかかった太陽の光は、その家並みの欠け目から彼の顔に
 まともに当たり、赤く彩った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

155 :24/93:03/06/23 00:12 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 渇きを再び激しく呼び覚まされ、彼は玉を見た。
 裁玉も鮮やかな赤に燃えていた。玉は彼に誘いをかけた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
               | どう?
               \
                  ̄○ ̄
                   O    
                    o
              ∧_∧ / ̄\
             (;´∀`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)    
                 o
                O    
               ○
            / ̄  ̄ ̄
            | よし・・・

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この時はいつもの冷たさが感じられなかった。 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

156 :25/93:03/06/23 00:12 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
男は前に進み、粉々になったスレートや不燃建材などの破片の上に立った。
砂漠を横切る真っ赤な夕日、誰もいない街。今なら死ねそうな気もした。
地球の文明に調和できなかった彼にとってむしろ素晴らしい死に場所だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : :  : : : .: : : : : : :: : : ::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: : : ::::::::: : : : : : : : :  : : :    :   : : : : : :::::: : : ::: : ::::::::::::::::
;;;;;;;::;;;::::::::::::::::::::: : :__、::::::: : : :     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    : :  : : : ::::::::::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
::. : : .: .: ...: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,_,,,,、: : : : : : : : : :::::::::::::::::、-'く`、
i、、、::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:,_.、,、、:::::,、./'"``:`ヽ‐-、...、::::::::::::、、-‐´.、.,i、、
、:::`丶-、,、: : : : : : : :::: : ::::::::::.:、、、"゙"`;:::、`、、::、`:::`ヽ`.、:,.、`:`、'∴::.、-、、``'l゙;
、::;、:::::::;.:、`、:::: ::::::::: :::_.._:‐':`;;;;`丶;、:、…`:.,ヽ‐`ヽ.,::,:.ヽ"'''.…"`゙、`:゙丶:
、:、、:、::`、ヽ.`ー-.、,._:、、''゙"、`.`丶ヽ:.:`":、`;、;;、;``ヽ、r,!":、::``ヽ`'``…`;:;`、.,、:;;;:
::冫、、``:;;..`:ヽ、:`;`.、,.ヽ、‥:::``:::::;`;;;`;;``;丶`;丶`、;.,`,、゙、``;`;;;;;;:::.:、;;``;:
::::,.'.`、丶.:.゙ン```/:、゙"-`: : : 、,''、、.:..;;.、、、;.:‐:、,;、.:、.丶:":`;;;'."、;;;;.‐..、、‐:.、;;;;;;;;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は太陽に向かい、立ったままボタンに触れた。以前にここで死んだ誰とも
わからぬ男に親しみのような感情をも抱いた。今だ。思い切ってボタンを押した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

157 :26/93:03/06/23 00:13 ID:3sF0C2sc
 
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´∀`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は小さなうなりをあげたが、彼は夕日を見つめ、
 もう少しの辛抱だと指の力を抜かなかった。
 音は止まった。コップに水が一杯になったのだった。
 男は我に返って、思わずコップをはずした。
 冷たい水で縁まで満たされたコップが、重く手の上にあった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         ∧_∧
        ((;´Д`))
         (  つつ∀ / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ )サイタ・・・マ
        (__)__)   \_/  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

158 :27/93:03/06/23 00:13 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 もう考える余裕もなく口にぶつけた。コップは歯に当たり、
 水が少しこぼれ、口の中に入った水も腫れ上がったのどを
 うまく通らず、逆流して唇からあふれた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


         ∧_∧
         (;´Д`)>
         (  つつ   / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
        (__)__)   \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はそのあふれた水をふるえる手でコップに受け止め、
 落ち着きを取り戻しながら改めて少しずつ口に含み、
 飲み下した。のどを通り、食道を通り、胃に入り、
 体中に染み渡っていく水をはっきりと感じた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         ∧_∧
         (;´∀`)
         (  つつ∨ / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
        (__)__)   \_/  
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

159 :28/93:03/06/23 00:14 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 コップを逆さにして、しずくを口の中に落とし終わると、
 寒気を覚えた。太陽が沈みきり、夜が忍び寄ったらしく、
 冷たい風があたりにうごめいた。彼の、ほんの少し前までの
 死を受け入れてもいいような気構えは、全く消え去っていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::;;;,,,;;;,,,,;;;;;,,,,;;',,;;;';::::::::::::;;;;,,,;;;,,,,;;;;';;;,,,;;;'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::;;,,;;;,,,;;':::::::::;;;,,,;;,,,;


         ∧_∧
        ((;´Д`))
         (  つつ∨ / ̄\
         )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
        (__)__)   \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 生への執着、死の恐怖、今の瞬間を生きて通り越せたという
 安心感が、どっと押し寄せた。立っている家の崩れ跡から、
 得体の知れぬものがそっと起きあがり始めたような戦慄で、
 鳥肌が立った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

160 :29/93:03/06/23 00:14 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は道路に飛び退き、入ってきたのと反対の方に早足で歩きかけた。
だが、人間味のかけらさえない砂漠にさまよい出る気もしなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ;;;;;;;;;; :::;:; :;:;:; :;;;; :;:;:;; :;;゙゙゙:::: ;:;:; :;;:;; :;::;;;;; :;::;; :;;;:; :;:;;; *:;;;:; :;::;: ;:
   ;;::;;:;;;; :;:;ミ:; :;:;:; :;:;:; ::;;:;; :;::;;: :;:;:;; ;:;;;: ;;:;:;;(ゞ:;: ;:;::; :;;:;;;: :;::; :;:;;: :;;:;;
  ι;;;::: :;:::: ::;;;: :;;:;: :;::;: ;:;::; :;:;:;: ; :; :;::;:; :;: :; ;;;: :;;:;;;: :/ヽ:;;:; ;:;;:;: ;:;;
   ;;;;: ;:;:::: ;;;;;; ;;巛;;;; ;;;;;; ;:ヾ;:; ;:;:; ;;:::; :: ;; ;: :;;:;: ;;;彡:《   ミ:::;:;; :;;;;: ;:;;
 ξ;;;;;;;:;:;:;:;;:::::::;;;;;;;;;;;;;;::;:;;;;;;;::;;;;;;;;;;;;;;;;::;;;;;;;:;;:;;;:;:;:;:;:;;;;;;ミ;    υ::::;;;;;;;;;
   | |━━━━━━| |       . | ,' | ``
   | |== ; : :; ==| |    ゙゙゙   . |l i |   ゞ ::;;   。
   | |======| |  ;  ゙  | ,' |゙゙゙
   | |======|〈 ミ :: ;  .|~.:i|~  ゙゙  :;;ζ⌒′′
   |‖ =====゙| |        .| ,' |  ヾ~       :;;
   | |=〆====|||_______|; . |_________
   | |======| || l | │ | . || l '| |@| i│ | ; |  |; ヽ\
   | |======| || . | │ | . ||. i | | | ;│ |..│ |:;;::;\ゝ
   |_|―――――巛|_|| . | │ | ; ||, ' | | | .│ | . |  |:;;::;:;:;:;ヾミ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
しばらくたたずんでから、男は街の一番はずれの家のドアを引いた。
鍵はかかっていなかった。床の上にはほこりがたまっていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

161 :30/93:03/06/23 00:15 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は本能的に台所を探し、蛇口に手をかけた。しかしそれは
 すでに口がいっぱいに開けられていた。当然のことだった。
 火星が処刑地に定められて住民たちが地球に引き上げる際、
 造水装置は完全に取り除かれているはずだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  | あたしがいるのに、つまらないことを考えないでよ
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉はそう言っているように、黄色い灯の下で光っていた。
 疲労するほど動き回ったわけでもないのに、体の中には重い
 疲労が詰まっているのを感じた。また、渇きの治まった今は
 たまらない空腹をおぼえた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

162 :31/93:03/06/23 00:15 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 腰につけていた袋を開け、男は赤い粒を一つ取り出した。
 これをコップ一杯の水に溶かせば一食分の食料になるのだった。
 彼は机の上で袋を全部開け粒を数えようとしたが、またしても
 これを渡すときのロケット乗員の無情な声がよみがえった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
| 数えてみたって参考にはなりませんよ。
| 一人百粒ずつと決まっているんですから

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    __
   //_∧ヽ            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ( )・∀・))            | 百食分が限度なんだな?  >
  [(う   ))つ             \___________/ 
  | | |             
  (__)_)

      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| そうとも限りませんね。火星の街にはどこにでもたくさん
| 残してありますよ。足りなくなったらそれを使うんですね。
| もっとも、それまでもつかどうかは何とも言えませんが

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 爆発までの回数は玉によって違い、乗員も知らないのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

163 :32/93:03/06/23 00:15 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この家の食品箱を探せばこれと同じ赤い粒はあるだろう。
 しかし、探し出してみても今は同じことなのだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     | おなかはすかないの?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉は今度は食欲で誘惑した。空腹感が募っているにも
 関わらず、唾液は少しも出なかった。水、そして食物。
 彼は期日の知らされていない処刑の日まで、
 この二つで苦しみ続ける以外にないのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

164 :33/93:03/06/23 00:16 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉に近寄り、男はボタンに触れた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | 空腹の方が我慢しやすいのだぜ、いいのか?
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             ∧_∧ / ̄\ 
            ( ´Д`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
            | | |
            (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 この考えが頭にひらめきボタンは押せなかった。
 しかし、この時、一つのことを思いついた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

165 :34/93:03/06/23 00:16 ID:3sF0C2sc
 
          \        /
             /  ̄ \
.         ─  |     |  ─
             \ ∩ /
          /   [Ξ]   \

            Λ       .Λ
            / λ      / λ
           ./  .λ___/  .λ
         /             \
         |  / l    l \     |
         |      |----|         |
         |      l   l         |
         \    V        /

      \/   \  _|_ ll  | ̄ ̄|
      /   ──、   | _   |__|
       ̄て    /   | _.    □

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あそこで押そう。さっきの壊れた家の跡。さっきは幸運にも
 パスしたところ。一回爆発した跡なら二度と爆発は起こらない、
 そんなジンクスがあるような気がしたからだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

166 :35/93:03/06/23 00:16 ID:3sF0C2sc
 
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´∀`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
             人 ヽノ
          ≡ (__(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
自分で勝手に作り出したこのジンクスにすがりつくような気持ちで、
道に出た。他の家は灯一つついていず、黒い家々が並んでいた。
風はあまりなかった。彼はこのジンクス以外に考えないように努め、
さっき逃げ出した家の崩れ跡に立ち、すぐにボタンを押した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´Д`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 過去の人生の全てが恐怖のうちに一回転し、
 音の鳴り止むまでその回転を続けた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

167 :36/93:03/06/23 00:17 ID:3sF0C2sc
 
            ∧_∧
            (;´∀`)ホッ
            (  つつ∀ / ̄\
            )  ) )   ( ゚   ゚ ) 
           (__)__)   \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 深いため息が出た。コップの縁までたたえられた水は、
 火星の小さな月を一つ浮かべていた。こぼすといけない。
 彼は一口すすり、ゆっくり灯のついている家まで運んだ。
 月は水面に浮かんだまま、家の入り口までついてきた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ∧_∧
            (;´∀`) ∬
            (  つつ∀ 
            | | |    
            (__)___)   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉を椅子の上に置き赤い粒をそれに入れた。
 粒は溶け、かすかな音とともに泡を出し、水を黄色に染めた。
 そして表面に緑の膜が浮かぶと、出来上がりとなるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

168 :37/93:03/06/23 00:17 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それを口に流し込んだ。クリーム状になった液はゆっくりと
 口の中、ほおの内側、歯の間、舌の上の隅々まで、
 さわやかな味を行き渡らせ、のどから胃に入って、
 活気を体中に呼び覚まし始めた。辛い味の種類ではなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    | そこまでは残酷ではないのだな・・・
    \
       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
            ∧_∧
            (;´∀`)>
            (  つつ   
            )  ) )    
           (__)__)    
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はそんなことを考えながら、残りを飲み干した。
 生きているという実感と、生きていたいという欲望が次々と
 湧き出し、彼はそれを持て余した。眠れるかどうかわからなくても、
 眠ろうと試みる以外にその処理方法は考えつかなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

169 :38/93:03/06/23 00:17 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はベッドに横たわって、玉をちらっと見た。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              | もう寝るの? 顔でも洗わない?
              \
     ∧_∧         ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ̄ ̄( ´Д`) ̄|           O
 |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\           o      
 |  \           \        / ̄\   
 \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|      ( ゚ ∀ ゚ )   
   \ |_______|       \_/   
          o          
         O    
        ○
     / ̄  ̄ ̄ ̄
    | とんでもない
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 地球では飽き飽きし、惰性のようになっていた習慣。
 寝る前のシャワーや口のすすぎが、どんなに貴重だったか、
 痛切に思い知らされた。彼はベッドについているスイッチで、
 部屋の灯を全部消した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

170 :39/93:03/06/23 00:18 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 弱い月の光が射し込んでいたが、彼にまでは当たらなかった。
 男は窓から空を見た。星が瞬き、その中には青い星があった。
 地球では見ることの出来ない大きな星。それは地球だった。
 青い星。海の色だった。地球は水の星だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆ ::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::。 ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゚::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::o:::::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::゚:::::::::::::::
::::::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::
:::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::::::::::::
:::::
::   

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 火星の水はすでになくなっていた。極にあった氷は全て分解され、
 酸素となって空中に散っていた。玉を使わない限り、火星の上では
 液体の水を得る方法はない。そして玉に使われる触媒には、
 地球でしか採れない元素が必要なのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

171 :40/93:03/06/23 00:19 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | ちくしょう! 地球め!
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
            ∧_∧
        | ̄ ̄(;´Д`) ̄|        
        |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\      
        |  \           \     
        \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|    
          \ |_______|    
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は地球を、彼をこんな破目に追いやった文明を思い切り呪い、
 何の役にも立たなくても、あの青い星めがけて憎悪の念を
 集中してやろうと思った。しかし、青はすぐ水を連想させ、
 雨、雪、霧、しぶき、流れ、あらゆる種類の豊富な水に
 連想が飛び、それは出来ないのだった。
 これも計算された処刑の一環なのだろうか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

172 :41/93:03/06/23 00:19 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 地球は静かに平和に輝いていた。彼のような動物的衝動を起こすものを次々と粛正し
 続ける地球は、ますます平和になるだろう。彼がどんなに強く念じ、どんなに長く
 見つめていても、あの星に水爆戦が起こり、急に輝きを増す可能性などないのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
      ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
    /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                 "'‐‐‐"                              :
  ゙:                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                     :'
  丶                      .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:          .:.:.:.: .:.:.: .     .,"
   ゙,         .:.:.:.:.:.:            .:.:.:.:.:.:.:.:                      /

173 :42/93:03/06/23 00:19 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 男は疲れていた。いつとはなしに眠りに落ちた。
 それを待っていたように悪夢が襲った。だが、
 疲れは目を覚まさせず、悪夢は朝まで彼を苦しめ続けた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
            ウ・・・ウン・
            ∧_∧
        | ̄ ̄(;´д`) ̄|        
        |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\      
        |  \           \     
        \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|    
          \ |_______|    
          o          
         O    
 〜〜〜〜 ○ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(                         )
 )    \ サイタマ サイタマ / |\      (
(          サイタマー   | |\      )
 )   ウ・・・ウン・ ∧_∧   | |  \   (
(   ___Λ_Λ∀゚∩)  | |   |    )
 )  | __ ( ;´д`) ̄|ヽ) | |   |   (
(   |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\  \|    |    )
 )  \ \          \  \  |   (
(     \ \          \  \|    )
 )     \ \|⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒|     (
(        \ |_______|     )
 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

174 :43/93:03/06/23 00:20 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 朝。目を覚ました男は、二階のバルコニーから通りを眺めた。すがすがしい朝。
 乾燥した空気はひんやりとしていた。だがそれはほんのひととき。間もなく耐え難い
 日中の暑さになるのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
______________ ̄l,i|  | |======================================
.____________、|:::|.~ |  | | ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニニニ] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニ
  ψ       ψ  .//  ||:::|   |  | |        .|| /||   || /||           || /||
.  Ω         Ω //  /.||:::|   | .._| |        .||   || /||   ||           ||   ||/
              //  /  ||:::|   | |. |i..|        .|| /||   || /||           || /||
              /     .||:::|   | |. |i..|        .||   || /||   ||           ||   ||/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        .||   ||   ||   ||           ||   ||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        [ニニニニニニ];:,、        [ニニニニ
.____________.||:::|   | |. |i..|
                  ";,: |:::|   | |._|i..| ;.'.                        .,:゛
;:..     .            |:::|   |  | |___________________
    :,:; '            .,.;|:::|/ |.=.=| |======================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~  ''─‐''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
''::;.,,..             '';;'..,.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 街にはことりという音も、虫の飛ぶ羽音もなかった。動くものといえば彼の他には
 何もなく、音を立てる可能性のあるものは彼の裁玉以外ないのだ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

175 :44/93:03/06/23 00:20 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 誰か話し相手はないだろうか。その時、玉はきらりと光った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     | あたしじゃ不満足なの?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 かっとなった彼はバルコニーの上の玉を蹴った。玉は転がり、
 音を立てて道路に落ち、向かいの家にぶつかって止まった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   どかーん!
   (⌒⌒⌒)
    ||
    ∧_∧
   (,,;´Д`)
 と⌒     て)  ガッ            / ̄\ 
   (  ______三フ☆   ΞΞΞΞΞΞ ( 。 A 。 )
    )  )                  \_/ 
    レ'                  サイタマァァァ!!?

176 :45/93:03/06/23 00:21 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | しまった、壊れたか!?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
            ∧_∧
           (;´Д`)
           と    丿つ
            人 γヽ
        ΞΞ,(__人__ノ ))

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 残忍さをいっぱいに秘めた玉でも、壊れると困るのだった。
 男は階段を駆け下り、道に飛び出して玉を拾い上げた。
 別に見たところ変化はなかった。こわごわ揺すってみた。
 何も音はしなかった。ボタン。しかし指を当てると
 生々しく恐怖がよみがえった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

              ∧_∧ / ̄\
             (;´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)     
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

177 :46/93:03/06/23 00:21 ID:3sF0C2sc
 
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | これは試みなんだ。故障の試験なんだ。いいだろう?
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               O
                o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´∀`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
            | | |
            (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 高まる動悸の中で、祈りながらちょっと押した。音がない。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      | 壊れたのかな・・・
      \
         ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄
               O
                o
              ∧_∧ / ̄\
             (;´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ\_/ 
             | | |       
             (__)_)     
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

178 :47/93:03/06/23 00:21 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  少し力を入れて、もう一回押した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´Д`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 音だ。あのいやな音だ。彼は耳を押さえたくなり、指をはなした。
 玉は壊れていなかった。玉は容易に壊れるものではないのだ。
 かつて技術者上がりの冷静な犯罪者がこの火星でこじ開けようと
 全知全能を傾けて試みた話は、噂となって地球にも伝えられていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     コジアケテヤルカラナ!!
      ∧_∧
      ( ・∀・)         サイタマ?
     G(   こつ       / ̄\
      (_,\ \       ( ゚ ∀ ゚ )
         (___)       \_/

179 :48/93:03/06/23 00:22 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あり合わせの器具を使って慎重に進められたその計画は成功した。
だが、そのとたんに玉は爆発したのだった。その男は遠く離れて
巧妙に作業を行ったので死ぬことは免れたが、何の意味もなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          て   / ,,-",-''i|   ̄|i''-、  ヾ   {
         ("  ./   i {;;;;;;;i|    .|i;;;;;;) ,ノ    ii
     ,,       (    l, `'-i|    |i;;-'     ,,-'"   _,,-"
     "'-,,     `-,,,,-'--''::: ̄:::::::''ニ;;-==,_____ '"  _,,--''"
         ̄"''-- _-'':::::" ̄::::::::::::::::;;;;----;;;;;;;;::::`::"''::---,,_  __,,-''"
        ._,,-'ニ-''ニ--''" ̄.i| ̄   |i-----,, ̄`"''-;;::''-`-,,
      ,,-''::::二-''"     .--i|     .|i          "- ;;:::`、
    ._,-"::::/    ̄"''---  i|     |i            ヽ::::i
    .(:::::{:(i(____         i|     .|i          _,,-':/:::}
     `''-,_ヽ:::::''- ,,__,,,, _______i|  ゚ ∀ ゚ .|i--__,,----..--'''":::::ノ,,-'
       "--;;;;;;;;;;;;;;;;;""''--;;i|      .|i二;;;;;::---;;;;;;;::--''"~
               ̄ ̄"..i|       .|i
         .;.;"..;.;" .i|        |i/ ".;.;".;":
      .;".;": . \( ⌒.i|        |i )⌒)/".;.;".;":
  .;".;": ..;. ;( ⌒(  .i|          .|i⌒) )⌒".;.;".;":.
 .;".;": ..; 从へへΣ(     ∩  ∧ ∧ ∩/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧∩\ ( ゚∀゚)< さいたまさいたまさいたま!
さいたま〜〜〜!   >( ゚∀゚ )/  |    / \__________
________/ |   〈   |   | .;.;"..;.;"..;.;".
.;.;"..;.;"..;.;". / /\_」  / /\」 .;.;"..;.;"..;.;".
               ̄      / /

180 :49/93:03/06/23 00:22 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それまでは死の恐怖を代償とすれば水が得られたのに、
 もはや何を投げ出そうと、水は得られない。ひとの玉を盗もうとしても、
 他の連中は、この時だけは必死に協力して拒んだのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  タマヨコセ、オラ          ヨルナモナー
   ∧_∧            ∩_∩         ぃゃだょぅ
  (;・∀・)           (´∀`;)  / ̄\     ∧∧  / ̄\
  (  つ つ          (つ   ,ノつ( ゚ ∀ ゚ )   (=゚ω゚)ノ( ゚ ∀ ゚ )  
   人 ヽノ           / ゝ 〉   \_/  〜(   x)  \_/
Ξ(__(__)         Ξ(_(__)         ΞU U    
         
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~         
 次の日にそいつは胸をかきむしり、自分の腕をかみ切り、
 血をすすりながら死んだのだった。この話を地球の善良な人間は、
 楽しげに聞いた。火星から戻った者はいないのだから作り話かも
 知れなかったが、玉の丈夫なことは確かだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

              ∧_∧  
              (┐。B゚) 
             ∠ミ 彡L  
               I~∽~I
               Im  Im

181 :50/93:03/06/23 00:22 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その日は、夕暮れまで街にいた。渇きが耐えきれなくなると、
 壊れた家の跡に行って戦慄しながらボタンを押し、
 水を飲むと再び生への執着を取り戻す。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          サイタマ         サイタマ         
           サイタマ         サイタマ        
            / ̄\         / ̄\       
          (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))      
            \_/         \_/       
            サイタマ         サイタマ      
             サイタマ         サイタマ     
              / ̄\        / ̄\    
            (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))   
              \_/        \_/    
               
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あとはバルコニーの椅子に座り、焦燥と不安の中で、
 どこまで近づいてきたかもわからぬ死の影のことについて、
 思いを巡らすのだ。太陽が道を真上から照らし、
 そして少し傾き、彼が日陰から追い出されるまで四回繰り返した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

182 :51/93:03/06/23 00:23 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 午後、男は気分を変えようと街中の三十軒近い家々を丹念に調べた。だが、何も
 めぼしい物はなかった。台所も詳しく調べた。そして最後の一軒の台所の戸棚を開けた。
 彼の目の前の二本のびん。一本は黄色で、一本は褐色。彼は黄色のびんに
 手をのばしたが、ふるえる手ではうまくつかめず、びんは床に落ちて割れた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
______________ ̄l,i|  | |======================================
.____________、|:::|.~ |  | | ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニニニ] ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[ニニニニ
  ψ       ψ  .//  ||:::|   |  | |        .|| /||   || /||           || /||
.  Ω         Ω //  /.||:::|   | .._| |        .||   || /||   ||           ||   ||/
              //  /  ||:::|   | |. |i..|        .|| /||   || /||           || /||
              /     .||:::|   | |. |i..|        .||   || /||   ||           ||   ||/
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        .||   ||   ||   ||           ||   ||
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||:::|   | |. |i..|        [ニニニニニニ];:,、        [ニニニニ
.____________.||:::|   | |. |i..|
                  ";,: |:::|   | |._|i..| ;.'.                        .,:゛
;:..     .            |:::|   |  | |___________________
    :,:; '            .,.;|:::|/ |.=.=| |======================================
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~  ''─‐''  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
''::;.,,..             '';;'..,.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ベンジンのにおいが、たちまちのうちに部屋中に満ちた。彼はもう一本をしっかり握った。
 有名な食料品会社のマークがあった。だが、その下のレッテルの文字。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

183 :52/93:03/06/23 00:23 ID:3sF0C2sc
  
              濃 厚 ソ ー ス 
                ____
                |     |
            /⌒丶 |___ |   /⌒\
           /´    ヽ::::::::::::::::::| /、   ヽ
           | /    |:::|犬||/  /    |
       .    |     .|:::::: ̄ ̄| ,/ .   |  ソースビームッ
           |      |:::::::´Д` |/ ノ    ,|
       .    |     |:::::::::::::::: |      丿
           ノヽ`   ノヽ ̄ ̄ ̄  `   /
          /   ,/ソ         \ /
         (       ,/   < S> |━━━━━━━━━・∵.
          \   イ  ´         |       シャー
           \  ヽ \    八  ノ
             ヽ    ` ー ´人` /
              \     / ´,、ヽノ
             ノ⌒ゝ    /    |
            /   ヽ  ̄ ̄ソ ̄ ̄ノ
            | ノ   \  |  /\
         /⌒l |.      ゝ ス  /  \
         /  l,丿 ,     λ マン ノ   . \
        |  /  ´      /⌒`l        \
       丿 /   ,     ./   ヽ   ヽ    |.
      /  |,   |    /      )\      ヽ
      ヽ ノ    ヽ__,/      . (  _\_     |
      (_)__)|___,/::::::::      ::::::(__)_)_)ヽ、__/

184 :53/93:03/06/23 00:24 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は床にたたきつけた。どろりとした液が床に広がり始めた。
 彼は玉の待っている、元の家に戻った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     | これからどうなさるの?
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 もうこれ以上、この街にいるのもたまらなかった。彼は玉を抱え
 その街を出た。振り返ると、街は沈みかけた夕陽を受けて小さ
 く赤く燃えていた。街はやがて別の人間がやってくるまで
 無人のまま待ち続けているのだ。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

185 :54/93:03/06/23 00:24 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 陽は沈み、星々は数と輝きを増した。曇る日のない火星では、
 星々の光と小さいながら二つある月の光で夜でも道を失うことは
 なかった。遠い砂丘の起伏に目をやり、また星座を見上げ、
 歩き続けた。地球だけは、なるべく見ないようにした。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ★ 。・。・゚.。。・・・。*・。゚.。/      *      ・    ★
   ゚*・。..。・。・゚..★・/・                      .
    ★‥゚・。・。・../・。゚・。・ ★                     ★
        * /。・。・・゚・。                 ★    ★
        / *:。・。・。・゚       ★          .☆
      |/  。・・゚....・。・   ★
     −★−  ・。。・。・゚..・。゚゚・。・                    ★・
 ★    |  ・*。・。・。・..。・。・゚・。・..        ☆
          ・。゚゚★。・。・゚..*。・・・。。★            ☆
                 ★∴゚・。・。・。・
   ☆      .・゜..*・。・。・。・。・。・゚..。       ★
       ★   。゜..・。・。・*・。・゚・。.゚  .        ★
 ★           ★..。・゚..・。゚・。・゚.・  .
                。...・。・。・゚★。・。・。・   ★  .

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし、銀河はミルクの流れとなり、他の星々もジョッキの形、
 噴水の形、酒びんの形に星座を作り、
 月は小さなブランデーグラスとなって彼を悩ました。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

186 :55/93:03/06/23 00:24 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |   一杯いかが? 
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 腕に抱えている玉からは、誘惑の感触が彼に伝わった。
 男は空を見上げ宇宙の壮大さを努めて考え、
 指をボタンに当てた。指はなかなか動かなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
               |  早く押したら?
               \
                  ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   O    
                    o
              ∧_∧ / ̄\
             ( ´Д`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)  

187 :56/93:03/06/23 00:25 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は冷たく星の光できらめいた。彼は再び宇宙の壮大さを考え、
 やっと決心をつけてボタンを押せた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´Д`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 昔の死刑なら、一回だけ死の覚悟をすればよかったが、
 この玉は何回も何回も死の覚悟を求めるのだった。
 それに昔のはむりやり他人が殺してくれたが、この玉は必ず来る
 いつとも知れない期日を、自分で早めてゆくのだった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

188 :57/93:03/06/23 00:25 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は精神を疲れ果てさせて、一杯の水を得、また夜の道を歩き続けた。
明け方近く地平線に小さな閃光を見た。しばらくして爆発音がかすかに聞こえた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::::::: : :  : : : .: : : : : : :: : : ::::::::::::
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::::::::: : : ::::::::: : : : : : : : :  : : :    :   : : : : : :::::: : : ::: : ::::::::::::::::
;;;;;;;::;;;::::::::::::::::::::: : :__、::::::: : : :     : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :    : :  : : : ::::::::::
: :::::::::::::::: : : : :,/゙` ``''-、:: : : : : : : : ..: : :    : : : : : : : : : : : : :::::::::::::: : : : : : : :::::
.:   : : : : : : ,i´      ゙l:: : : : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : : : : : : : :  : : : : : : :::::::::::
:   : : : : : : :::|       .l゙:: ::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::
  : : : : : : : :ヽ、      : ::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;::::;: : : : : : : : : : : : : : : .: : :::::::::::::::
: : :  :   : : : : :`'----‐′:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: : : : : : : : : : : : : : : : : ::::::::::::::::: : : :::::::::
: : .:    : :  : ::: ::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:;: : : : : : ....: : : ::::::::::::::: : : : : : : : : : : ::::::::::
::. : : .: .: ...: : : : : : : : : :::::::::::::::::::::::::::::: : : : : : : : : :,_,,,,、: : : : : : : : : :::::::::::::::::、-'く`、
i、、、::::::::::::::: : : : : : : : : : : : : : : : : : .:,_.、,、、:::::,、./'"``:`ヽ‐-、...、::::::::::::、、-‐´.、.,i、、
、:::`丶-、,、: : : : : : : :::: : ::::::::::.:、、、"゙"`;:::、`、、::、`:::`ヽ`.、:,.、`:`、'∴::.、-、、``'l゙;
、::;、:::::::;.:、`、:::: ::::::::: :::_.._:‐':`;;;;`丶;、:、…`:.,ヽ‐`ヽ.,::,:.ヽ"'''.…"`゙、`:゙丶:
、:、、:、::`、ヽ.`ー-.、,._:、、''゙"、`.`丶ヽ:.:`":、`;、;;、;``ヽ、r,!":、::``ヽ`'``…`;:;`、.,、:;;;:
::冫、、``:;;..`:ヽ、:`;`.、,.ヽ、‥:::``:::::;`;;;`;;``;丶`;丶`、;.,`,、゙、``;`;;;;;;:::.:、;;``;:
::::,.'.`、丶.:.゙ン```/:、゙"-`: : : 、,''、、.:..;;.、、、;.:‐:、,;、.:、.丶:":`;;;'."、;;;;.‐..、、‐:.、;;;;;;;;

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
太陽は火星の反対側を回り、再び地平線に上ってきた。
夜の闇を払いのけ、空の星を消し去り、朝が訪れた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

189 :58/93:03/06/23 00:26 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
男は道の彼方に一軒の家を見つけた。ガソリンスタンドだった。そのガラスは
砕け散っていた。道を隔てた反対側の一軒が飛び散っていたのだった。
彼はその跡に歩み寄った。そして、不思議なことに気がついた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 __________
 |オリーブ    105円|
 |ゴマ     121円|
 |サラダ油   78円|          ../\
 |醤油     130円|        ../ @ \
  ̄ ̄ ̄■■ ̄ ̄ ̄ ̄       ../∧_∧∧\
 ___■■____      / (´∀` ゚Д゚) \
 |  醤油始めました  |      \ モナギコ石油/
  ̄ ̄ ̄■■ ̄ ̄ ̄ ̄       \__ __/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
                  モナ板SS      .|
____________________|

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
崩れた家跡の真ん中にある、一カ所のくぼみ。何だろう。そのうち彼の顔色は
変わった。二重の爆発。誰でも、爆発の跡は安全といったジンクスを
作りあげてしまうのだった。そんな一人が飛び散ったことを示す跡。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

190 :59/93:03/06/23 00:26 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
建物を探すとスクーターが見つかった。このむこうで飛び散ったどっちかの
人物が、どこからか乗って来たものだろうか。いても立ってもいられない
気分にかられ、事故で死ねることを祈りながらすっ飛ばしてきた奴。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                 / ̄ヽ
                                /⌒⌒⌒ヽ/|
                              ⊂| ◎     ‖
                               . ヽ  ゚∀゚丿\|  
           ''''''''' ̄ ̄''''''‐    " ̄ " '' ‐‐ "__〃ヽ〈_
  ;'''''''''' ̄ ̄''''''‐‐---'ー''''''''' ̄ ̄''''''‐‐---'ー'''''''γ´⌒´-−ヾvーヽ⌒ヽ
        ;'''''''''' ̄ ̄''''''‐‐---'ー''''''''' ̄ ̄   (       /\ /⌒\
 ─────────────        |   ノ^   | 萬 |///// \
  ─────────────  _--_   ,ゝ  ヽ   \ / ̄ ̄ ̄ ̄.\
                       |\ \  /\ :jjjj>二二) |  ())  ,-,,,
                       |三\  /===┬ /〈 ̄  ソ    ( (_)
 ─────────────   |三  |(    ヽ ヽ ヽ-´Soy    ゝ/
                       )三/|_ヽ   ゝ/ )   sauce.1//  / 
  ───────────── /三 \  ゝ   ヽ   _    / ̄ ̄/
────────────  (\ゝ二_\萬 ヽ   ヽ  ̄/ \/ |.|  |.| ヽ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
そして、ここで。そんな想像を彼は打ち切り、その修理を始めた。
夜になると、ランプをつけて続けた。朝になって地下室を調べると、
ガソリンの缶があった。これに火をつけようか。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

191 :60/93:03/06/23 00:27 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     |  あたしに任せておいた方が安全よ
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉はささやいていた。彼はガソリンをスクーターに注いだ。
 男はスクーターの前のかごに玉をのせ、そこをあとにした。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡≡≡≡≡≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´∀`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡≡≡≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/

192 :61/93:03/06/23 00:27 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 速度を次第に上げた。このスクーターの以前の持ち主がやった
 のと同じに。速く、速く。だが、急ぐ目的があるためではなく、
 それ以外にすることがないのだった。死のことを忘れることは
 出来なかったが、風を受け暑さを少し紛らせた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡≡≡≡≡≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´∀`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡≡≡≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 砂漠に挟まれた道路に、事故を起こす原因となる物はない。
 事故死も許されないといえそうだった。時々、ほんの時々
 道のへこみで車がはねた。玉はそのたびに少しとび上がり
 楽しそうに揺れていた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

193 :62/93:03/06/23 00:28 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は不意にブレーキをかけた。道ばたに光る物。裁玉だった。
 そのそばの人骨。病気にでもなったのか、寿命の尽きるまで
 爆発がこなかったのか。彼は駆け寄り玉を拾った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | しめた。儲かった。
       \
          ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             ∧_∧ / ̄\ 
            (;´∀`) ( ゚ ∀ ゚ )  
            ( つ つ \_/  
            | | |
            (__)_)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 だが、ボタンを押そうとすると考えないわけにはいかなかった。
 これだって自分のだって、可能性は同じなのだ。今これを拾い、
 二つ持ったところで決して、二倍の役に立つわけではない。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

194 :63/93:03/06/23 00:28 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は玉を置いた。砂に浅い穴を掘り、骨を入れた。幸運な奴か、
不幸な奴か。彼はちょっと頭を下げ、そばに玉を入れ砂をかけた。
将来、長い年月の後、火星が処刑地でなくなってから、再びこの玉の
掘り出されることがあるだろうか。この玉の性質を全く知らない者によって。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                     / |
                 ∧__∧ヽ/   ミミ
                (´д`//  ミ     ミミ ヽ
                (   //つ      (::;:;:;:;)::::;:;)__
 _______     /  //)       (;;:;):;:;;:;:;::;::):;::)
           ノ   (__ ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           ヽ    ノ
            ヽ_ノ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
だが、彼はそれ以上このくだらない空想を広げることをしなかった。
彼の生命はのどが渇き切るるまでであり、音が無事に響き終わったら
また新しく生まれ変わり、次のわずかな生命を持つのだった。
この短い生命の間には、その次の生命のことを考える余裕などなかった。
だから、途方もない将来の空想を広げる能力は、全くなくなっていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

195 :64/93:03/06/23 00:28 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼はスクーターに戻って始動した。玉はうれしそうに跳ね、踊り回った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     | 変な玉を連れ込まないでくれたのね
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
男はしばらくゆっくり走らせていたが、また次第に全速にあげた。
それでもハンドルを持つ手は決して過ちをせず、幸運な事故は
起こりそうもなかった。彼は人体のこの仕組みを呪った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡≡≡≡≡≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´д`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡≡≡≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/

196 :65/93:03/06/23 00:29 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 またも夜が来た。男は道ばたで横になった。星を見上げ銀河を眺めた。
 水。それから、さっき埋めてきた玉のことを考えた。あんまり後悔は
 湧かなかった。やっぱり自分の玉の方がいいのだった。すでに何回も
 生死をともにした玉。最初の憎悪も、一種の愛着のようなものを
 帯び始めたのだろうか。彼は玉をスクーターから持ってきた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
       | そばに置いてくれるの?
       \
          ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               O
                o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は星の光を集め、彼にウインクしてみせた。男は玉を抱いて横になった。
 ふと、女性のことが頭に浮かんだ。火星に降ろされてから初めてだった。
 火星には女性はほとんどいないのだった。まもなく彼は火星上で許された
 唯一の救い、眠りに入った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

197 :66/93:03/06/23 00:30 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 悪夢ではなかった。バラ色の夢だった。
 女性がいた。彼は朝までその女性とたわむれていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





              ....:::::::::::::::::::::::::::::::::..
             ....:::: ∧∧ ∧_∧ ::::::...
           :::::::  (*゚ー)(∀`  )  ::::::.
           :::::    /  | (    )   :::::::.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 再び朝。男は暑さで目を覚ますと、玉を抱いたまま火星の道ばたに
 戻っていた。しかし玉の様子が変だった。底を調べるとコップには水が
 一杯にたまっていた。寝ている間にボタンを押していたのだった。
 彼は玉を軽くなで、汚れをふいてやり、コップの中に赤い粒を入れ、
 恐怖なくして初めて得た一杯を飲んだ。だがこんなことはもう終わりだろう。
 見ようとして夢を見ることは、出来ないのだから。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

198 :67/93:03/06/23 00:30 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 楽しい目覚めで始まった一日も、たちまち元に戻った。
 彼は暑さの道を走り、時々車を止め、玉を憎悪し恐怖し、
 戦慄してその絶頂を越え、水を得るということを繰り返した。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡≡≡≡≡≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´∀`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡≡≡≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/


                  サイタマ
                   サイタマ
              ∧_∧  / ̄\
             (;´∀`)(( ゚ ∀ ゚ ))
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)     

199 :68/93:03/06/23 00:31 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その日、彼は道を歩いてくる一人の老人に出会った。
 少し離れて車を止め、声をかけた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   | おい・・・
   \
      ̄|/ ̄         
    ∧_∧             ∩_∩ 
   (;´∀`)            (´m` ) 
   (    )            (    ) 
   | | |             | | |  
   (__)_)            (_(__) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 危害を加えてくるかも知れないと、彼は目をその老人から
 離さなかった。悪人であるとはいえなくても、彼と同じく人を殺した
 犯罪者であることは間違いないのだから。しかし、その老人は
 彼が見えるはずなのに、気がつかない様子だった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

200 :69/93:03/06/23 00:31 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そのまま、すれ違ってしまいそうになった。彼は肩に手をかけた。
 老人は止まった。たいした年齢ではないのかも知れないが、
 顔つきは明らかに老人だった。ひげの伸びた顔の目は、
 あらぬ方向を見つめていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
        | 狂っているな・・・
        \
           ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄
               O
                o
       ∩_∩    ∧_∧
      (´m` )    (´Д`;)
      (    )   (つ   ,ノつ
      | | |    / ゝ 〉
      (_(__)  (_(__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はあわてて手を離した。自分も間もなくこうなるのだろうか。
 その方が幸福なのだろうか。こうなってもやはり死の恐怖は
 残るのだろうか。その老人の歩み続けるのを見送っているうちに
 何かなすべきことがあるような気がし、それを思いついた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

201 :70/93:03/06/23 00:32 ID:3sF0C2sc
 
          \        /
             /  ̄ \
.         ─  |     |  ─
             \ ∩ /
          /   [Ξ]   \

            Λ       .Λ
            / λ      / λ
           ./  .λ___/  .λ
         /             \
         |  / l    l \     |
         |      |----|         |
         |      l   l         |
         \    V        /

      \/   \  _|_ ll  | ̄ ̄|
      /   ──、   | _   |__|
       ̄て    /   | _.    □

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 奴を脅かして水を出させよう。狂人なら案外やるかも知れない。
 彼はあわてて後を追い、前に回って言った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

202 :71/93:03/06/23 00:32 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その日、彼は道を歩いてくる一人の老人に出会った。
 少し離れて車を止め、声をかけた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   | そのボタンを押せ・・・
   \
      ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         
    ∧_∧             ∩_∩ 
   (;´∀`)        / ̄\(´m` ) 
   (    )       ( ゚ ∀ ゚ )⊂   ) 
   | | |         \_/| | |  
   (__)_)            (_(__) 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 老人はゆっくりボタンに指を当てた。彼はあわてて四十メートル
 ばかり駆け、耳をふさいで伏せた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                 ∧_∧
     ∧_∧       (;´Д`)
 ΞΞ(;´∀`)       ⊂    つ
 ΞΞ(  つ つ      ノ ノ ノ             ズザー
 ΞΞ 人 ヽノ      (_ノ、_ノ          ○    ∧_∧
 ΞΞ(__(__)     彡           ΞΞと⌒⌒つ´Д`)つ

203 :72/93:03/06/23 00:32 ID:3sF0C2sc
 
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | もういいだろうな・・・
   \
      ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        
  ∧_∧
  (´∀`;)
 (  つつ
 ( ̄__)__)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は目を上げて見た。老人は手招きしていた。
 彼はためらいつつ近寄った。老人はめんどくさそうに言った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )<  おい、新入りだな
        \________

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 基地外ではなさそうだった。そして、表情を変えずに言葉を続けた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< つまらんことを考えるなよ。もっとも、
       |最初は仕方がないかな。俺もそうだったんだから
        \____________________

204 :73/93:03/06/23 00:33 ID:3sF0C2sc
 
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< おまえさんも、今にこうなるさ。何、すぐだぜ。
       |ひとに水を出させる。こいつはうまい考えだ。
       |だができっこない話さ。三十メートル離れて待っていて、
       |それで出た水が、三十メートル駆け戻る間
       |残っていると思うかね。どんな脅し方をしたって、だめさ。
       |渇き以外の苦痛なんて火星にはありゃしない。
       |それに、ひとに殺してもらえればと、誰だって
       |考えているんだからな。地球で自殺寸前まで
       |いっていた奴だって、ここじゃあ自分では死ねないんだ。
       |殺してくれる奴もいないんだ。地球でひとを殺してきた
       |連中ばかりなのにね。
       |苦しむ仲間が一人でも多いほど気が楽なものさ
        \_______________________

  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;´∀`)< ・・・・・・・・・・・・
        \______

205 :74/93:03/06/23 00:33 ID:3sF0C2sc
 
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< 催眠術をかけようとしたって、無理だ。
       |こればかりはという警戒の壁を破る催眠術はないし、
       |何とかかけたところで、あのサイタマサイタマという音には、
       |催眠を中断させる作用があるらしいぜ。
       |全くうまく出来ていやがる。どんな方法を使っても、
       |ひとに押させるわけにはいかないんだ。まあ、
       |それだから今もってこの玉が使われているんだろうがね
        \_______________________

  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;´∀`)< ・・・・・・・・・・・・
        \______

  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< 誰も来た当座は、さっきのようなことをやってみる。
       |それから、やけを起こしてみる奴もある。
       |だがやけなんて起こしてみたって、たかが知れている。
       |事故で死にたいと思ってみる。しかし火星には殺人も
       |なければ事故もない。地震もなければ火事もない。
       |台風や洪水ならお願いしたいくらいだ。
       |交通事故はご覧の通りさ。おあいにくさまだね。
       |あるものはただ一つ。眠っている間に隣の部屋で、
       |どかんとなってくれることだけだ。だがこれもうまくは
       |いかない。やはり、お互いに調べてしまうんだ
        \_______________________

206 :75/93:03/06/23 00:34 ID:3sF0C2sc
 
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (;´∀`)< ・・・・・・・・・・・・
        \______

  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< それから。ああ。もうめんどくさい。結局頭の中に
       |残った一点を見つめ、その一点に縛られて生きているのさ。
       |それが何だかは知るものか。ああ、無駄なことをしゃべったな。
       |だが黙っていれば、お前さんどこまでつきまとってくるか
       |わからなかったからな。あばよ。水を一杯くれるかね?
        \_______________________

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はさっきから答えようがなかった。
 老人は歩き始めた。彼はその後ろ姿に声をかけた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´∀`;)< 火星に降ろされて、どれくらいになるんだ?
        \__________________

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 だが、老人は振り向きもしないで言った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  ∩_∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´m` )< 知るもんか。わかるもんか
        \___________

207 :76/93:03/06/23 00:35 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 その通りだった。火星に来てからの時間は時間ではないのだ。
 非常に長く、非常に短い、時間とは全く別のものなのだ。
 彼はスクーターをのろのろと進めた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     / ̄ ̄ ̄7 ≡≡
    /●   ● |∧_∧  
   /       |(´д`;)    
  | ▼     / ̄(⊂ P)〈 ̄ ̄〉
  |_人_   //o⌒) 『 ) ̄ ̄)∩
   \___//(  / / / ̄ ̄\o
    /⌒/ / 重(__) \    \ ≡≡
   ( ̄( / /) ○(〇)==<二二二<  ≡≡
     \_/    ̄ ̄ ̄\_/

208 :77/93:03/06/23 00:35 ID:3sF0C2sc
 
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     | 元気がなくなったのね
     \
        ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉はかごの中で皮肉に揺れていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

209 :78/93:03/06/23 00:36 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 男はいくつかの街をすぎ、大きな街に入った。開拓時代には十万人も住んでいたろう。
 そのころは活気に満ち、 開発だ研究だ小惑星だなどと動き回っていたのだろう。
 だが、地球天国化のため全部が引き上げてしまった今は、哀れなものだった。
 街にはやはり吹っ飛んだ跡があり、中央の高いビルも上の方がなくなっていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
; ; ; _____: : : : : : : : : . . . . . . . . .
\ !; ; ; ; ; ; ; ; ||\. . . . . . . . . . . . . .
 :.\ ; ; ; ; ; ; ;||  \. . . . . . . .                         ll_/
 i  :\゙ ̄|| ̄||\ |, , . . . . .                           lイ-i/
\ .:  | ̄!! ̄!!\\|, , , , . . . .                           .i||-i/:/:/:/
 i.\  |: : ii: : || ..:\|, , , , , , , . . . . .  .  .  .                .i||-i/:/:/
 l  :\| ̄|| ̄||\/|; ; , , ___ , , ,____. . . . . . . .          . . ..i||-i
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|\,,//: : : |___|\|      |\..... . . . . . . . . . . . . . . . . , ,,l||-l
 i.\  |i : ii: : || ..:\|  :\,, : : |___|  \ (⌒))゙ |  .|; ; , . . . . . . . . . . . . , , ; ; ;l||-|
 l  :\| ̄|| ̄||\/|:\:\;.\...|___|   |∠==_ |  .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l||-|/i/:/:/
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\;|,|____|   |_____.|  .|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;; ;;ii ̄ ̄l||-l/i/i/
 i.\  |l i iii i || ..:\|\;\;\i|..|,,,,,|\  |;;;;:::::::::|\|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;;; ;||    l||-l   :
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\;\;\l|..|;,,,,|\\.|iii|\、| |;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;; ;;;||__|||-|   :
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\l|..|;,,,,|\\|iiil|  \..|;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;;; ;;; ;;; ;;;;l ;;; ; |||-|  : :
 l.\  |l l iii i || ..i\|\;\i\l|..|;;,,,|\\|iiil| |\. \; ;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;; ;;; ;;/|,-─|||-|/i/:/:/
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\i\l\l|:.|;;,,,|\\|iill| |..:: |\|; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;|: i | ;;: . |||-l/l/i/
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |.::; |.:..||;;; ;;; ;|iiiiiiiiiiiiiiiiiii| |/| ;;; : |||-l   :
 l.\  |l l iil i || ..i\|\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |::;; |.::;||lllllllllllllllllllllll| |: i |,-─|||-|  : :
 l  l\| ̄|| ̄||\/|i\l\l\l|::|;;;;;|\\|illl| |:;;; |:;;;||lllllllllllllllllllllll| |/| ;;; ; |||-|  : : :
\... l  | ̄!! ̄!!\\|l\l\l\l|;;|;;;;;|\\|illl| |;;;; |;;;;||lllllllllllllllllllllll| |i l | ;;; ; |||-|/l/i/i/

210 :79/93:03/06/23 00:37 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は街路を一通り回った。そして十人ほどの人を見かけた。
 バルコニーの長椅子に横になっている者、街をぼんやり
 歩いている者。家の入り口の石に腰かけている者。
 しかし彼がやってきても誰も何の反応も示さなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
_::.;;;|_;:.._|__:._|____|_.| i ..|
;::_|___|√__:.:|:..__|__,;;'~   |   〉
__|:::.__|__;:._|__;::|'___ i  '~ヽ/ ̄`::.
::._|__|_|;:;:::|_|__:|___,;'    |   ::.
__|_::._.,|__::..|∧,,,,,∧〃   ,,/  :..
_|__|;;;;;;;;;;;;;;;;|__彡o-o・,,ミ〃 i | :. ..
;._::.,|___|__と「;;<w[と).|i  .|    :..
 ̄ ̄|_|___|__/;;y;;;;;;ゞ\   |  ::...:
ted!..|;;.__;;;|_::._|〆ノ `J\r' ̄|    ::.:
o`》:::|_|;;;::::._:|__|\ \| ̄d  | :.
ル。:::|_:.__::|__|\ \| ̄ d : :. |   :..
__|_|__|\ \| ̄   .::    .. |     ::..
_|__:;;;|\ \| ̄  》1 wiil die .|  :.
;;;,,,,_;|\ \| ̄'' 目 λλ     ;;. |  :.   ::.
'    \| ̄  ;;./ ヽ_( 'ー`)y-~ : .  |   ∧∧
∩∩    ̄ ̄'''' |〜|ノ( ヘヘ) ̄ ̄ ̄''\,~-∩゙*,)
;;;'д),, ;;     |__,,|   。  ゛   ,,\(_ソと)
 っっミ    ::.                ( , ノ ::.
;;,_)旦         l⌒i⌒l       .レ`J.、
,,,,,,,,,,,ミ     @    ⌒'⌒          \

211 :80/93:03/06/23 00:38 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 一軒の家に入った。その入る前に両側の二軒ずつを調べ、
 誰もいないことを確かめ、老人の言葉を思い出し苦笑した。
 男は相変わらず精神の大揺れを繰り返し、水を飲み、
 ベッドに入った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     
            ∧_∧
        | ̄ ̄(;´д`) ̄|        
        |\⌒⌒⌒⌒⌒⌒\      
        |  \           \     
        \  |⌒⌒⌒⌒⌒⌒|    
          \ |_______|    

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 何十人かはこの街にいるのだろうが、全く人の気配を
 感じなかった。眠って間もなく絶叫を聞いたようだったが、
 それは悪夢のうちかも知れなかった。明け方近く、
 大きな爆発の音を聞いた。これは悪夢ではなかった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

212 :81/93:03/06/23 00:38 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はずっとその街にいた。どこに行っても同じ事だった。
 時間の観念は、とっくになくなっていたから、火星に着いて
 どれぐらいになったかは、全然わからなくなった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   サイタマ         サイタマ          サイタマ     
    サイタマ         サイタマ          サイタマ    
     / ̄\         / ̄\          / ̄\   
   (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ ))  
     \_/         \_/          \_/   
     サイタマ         サイタマ           サイタマ   
      サイタマ         サイタマ           サイタマ  
       / ̄\        / ̄\          / ̄\  
     (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ )) 
       \_/        \_/          \_/  
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
玉を見つめ最大の恐怖を繰り返した。彼は頭がぼんやりとしてきた。
だが、渇きとボタンを押すときの恐怖は、最初と少しも変わらなかった。
音の響き終わるまでに繰り返す過去一切の回転は、ますます早くなった。
体力が衰えてきたが、それもまた恐怖を弱める何の役にも立たなかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

213 :82/93:03/06/23 00:38 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 裁玉はもう表情を作らなかった。彼の内部の表情が一定したからかも
 知れなかった。玉の光が増したら終わりが近いんだと考えれば光を増し
 失い始めたらと思えば光沢が減り、彼を苦しめるだけだった。 
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   サイタマ         サイタマ          サイタマ     
    サイタマ         サイタマ          サイタマ    
     / ̄\         / ̄\          / ̄\   
   (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ ))  
     \_/         \_/          \_/   
     サイタマ         サイタマ           サイタマ   
      サイタマ         サイタマ           サイタマ  
       / ̄\        / ̄\          / ̄\  
     (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ )) 
       \_/        \_/          \_/  
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼も街の他の住民と全く同じになった。爆発の音にも無感動になった。
しかしボタンを押すときの恐怖は変わらなかった。今まで爆発しなかった
のなら、最初の頃もっとのんきにしていればよかったと思う。
だが、明日まで爆発しないだろうから今安心して、とはいかないのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

214 :83/93:03/06/23 00:39 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は昔地球にあったという神のことを考えたかった。しかし、その知識は何もなかった。
 知っていることは地獄についてだけだった。だが、それ以上に悪くなりっこないと保証されている地獄の話は、
 今の彼にはうらやましく思えた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     |                ∬        llll___________llll   |      |      |      |  ├┴┬
   ∧|∧            ∫          | |/   閻  魔   \| | ∧|∧  ∧|∧  ∧|∧  ∧|∧::├┬┴
   (ll゚Д゚) ∫   λ,,,,λ  从从从从从      | || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| | (.。...。.) (.。...。.) .(.。...。.) (.。...。.)::├┴┬
   U ̄U ∬  ミ;;;;;;;;;;ミ/:::  ∧_∧ ::::\    | ||   |~|=,Ω⌒Ω.|~|  .|| |  U U  U U  U U  U U:::├┬┴
   (´UU;; )グツ  (゚   )/\  (゚д゚;;)つ::::::\  | ||   |~| (((´゚`_ゝ゚)~j  ∧j∧ U^U  U[l二二二二二l]]^U::::├┴┬
  (;;`) ))グツ(;;`)⊂:::::::::) \ | 从从从:::::::::::::::\| ||   |~| / ))""∞C〓(Д゚ ;;)  ;;    ||// ::::::: :::::::::::|||:::::: ├┬┴
 ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) |::::::::|→ `X      :::::::::::::::| ||  λ,,,,λ((;;  ;;)) とと)))  λ,,,,λ ||\:::::::::::::::://||| λ,,,λ:::::┬
/VVVVVVVVV| ̄ U U      (-_-)♪ ::::::::::| ||  ミ;;;;;;;;;;ミ| ̄\((__  |  |〜ミ;;;;;;;;;;ミ ||  \___⊂ミ;;;;;;;;;;ミ:::┴
|:::::  【ll血ll】   | ̄ ̄ ̄|^^^^^^^(∩∩)^^^^^:::|_|\__(゚∀゚,,,) | ̄ ヽ)≡| U^U   (,, ゚∀゚) ||_____||| (゚∀゚,,)┴┬
|::::::::::::      | ̄ ̄ ̄ ̄|∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧(:::地::::つ ̄ X ̄ ̄ ̄ ̄| (つ地:) ||   ∧∧   ||⊂⌒ ヽ┬┴
\::::::::::::::::::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     〜、 ___∧_∧と|獄:::|→ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄←|::::獄:| ||  (゚Д゚;;;)   ||| |獄::::|→::::
_从从从从从从 |_____|....::o⊂⊃と;;__;;;つ゚д゚)つ ̄U..|::::::....      ....:::::U ̄U..  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..::U ̄U:::.....

215 :84/93:03/06/23 00:39 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼はある時ちょっと街を出て、ロケット空港まで行ってみた。
 誰かが双眼鏡で空を見ていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   サイタマ         サイタマ          サイタマ     
    サイタマ         サイタマ          サイタマ    
     / ̄\         / ̄\          / ̄\   
   (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ ))  
     \_/         \_/          \_/   
     サイタマ         サイタマ           サイタマ   
      サイタマ         サイタマ           サイタマ  
       / ̄\        / ̄\          / ̄\  
     (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ )) 
       \_/        \_/          \_/  
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 万一の釈放を待っているのか、不時着するロケットを待っているのか。
 おそらくその両方だろう。あいつは新入りだな。彼は街に戻った。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

216 :85/93:03/06/23 00:40 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 そして、また長い時間。決して飽きることのない、真剣な、無限の、
 全く同じ繰り返し。彼が不満を向けた機械文明の、完全きわまる懲罰だった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   サイタマ         サイタマ          サイタマ     
    サイタマ         サイタマ          サイタマ    
     / ̄\         / ̄\          / ̄\   
   (( ゚ ∀ ゚ ))      (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ ))  
     \_/         \_/          \_/   
     サイタマ         サイタマ           サイタマ   
      サイタマ         サイタマ           サイタマ  
       / ̄\        / ̄\          / ̄\  
     (( ゚ ∀ ゚ ))     (( ゚ ∀ ゚ ))       (( ゚ ∀ ゚ )) 
       \_/        \_/          \_/  
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 また、長い時間。彼は狂いそうになり、それを待った。
 しかし、それも許されなかった。もう、どうにもこうにもならなかった。
 また、長い長い時間。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

217 :86/93:03/06/23 00:40 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

               彼は絶叫した。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



              /\        /\
              /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
             丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
            / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
           / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|   
           | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|
           | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|   
           | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::| \
         / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\
        / / \:    ト--^^^^^┤      丿 \\\ \\\
                            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 絶叫。自分の中のものを全部、地球での不満、火星での苦悩を全部
 いっぺんに吐き出してしまうような絶叫をし終えた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

218 :87/93:03/06/23 00:40 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
周囲の様子が少し変わっていることに気がついた。何となく、
全てが洗い流されていることに気がついた。玉を見た。
玉は表情を取り戻し、見たこともないようななごやかさをたたえていた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  | やっと目が覚めたの? 同じじゃないの。
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              O
               o
             / ̄\ 
             ( ゚ ∀ ゚ )  
             \_/  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 何が同じなのだろう。ああ、そうか。彼はすぐわかった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

219 :88/93:03/06/23 00:41 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 これは地球と同じなのだった。いつ現れるか知れない死。自分で毎日死の原因を
 作り出しながら、その瞬間をたぐり寄せている。裁玉は小さく、そして気になる。
 地球は大きく、誰も気にしない。それだけの違いだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                        / ̄\        
                        ( ゚ ∀ ゚ )       
                        \_/   
                   _,..-‐''''""~´ ̄ ̄ ̄ ̄~"'''‐-,.、
               ,.-‐''" ──‐‐''",.、.:.:.:.:.:.:.:\、.:.:.:.:.:.:.:~"'‐-、
             ,.‐''"''''""~´::::::::::::::::::::::\\:::::::::::::::"'''''\"''--、.:.:.゙''‐.、
           ,.‐'":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙''‐、''l:::::__,....-‐'''"    ''.:.:.:::゙'ヽ、
         ,.‐'"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::~"‐--‐‐,        ''.:.:.:. \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/"          .:.:.:. ゙‐、
      ,."::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/               .:゙‐、
     ,.".:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~                  :`、
      ," .....:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/´                      ゙、
    ,"  ......:.:.:.:.:.:.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,                       ゙、
    /       ........:.:.:.:.:.:.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|                        ゙;
   ,'            ヽ...:.:.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)  __                    ゙;
  ,'            /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/~   (:::::::/                   :,
  ,i            ヽ,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(    ノ::::/                    ;
  i             `.、:::::::::::::::::::::::::::::::::::::)   .|::::|                     i
  |               ゙;:::::::::::::::::::::::::::::i'""      ̄                     .i
  .l                \:::::::::::::::/                             .;
  :                 "'‐‐‐"                              :
  ゙:                     ..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.                     :'

220 :89/93:03/06/23 00:41 ID:3sF0C2sc
 
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | 何で今までこのことに気がつかなかったのだろう?
  \
     ̄ ̄ ̄ ̄○ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           O    
             o
              ∧_∧ / ̄\
             ( ´∀`)( ゚ ∀ ゚ )
             ( つ つ \_/ 
             | | |       
             (__)_)    
                      o          
                      O    
                       ○
                    / ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   | やっと気がついたのね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 玉は優しく笑った。彼は玉を抱いてボタンを押した。
 初めて落ち着いて押せたのだ。水は出た。彼はそれを飲み、
 また水を出し、赤い粒を入れて口に流し込んだ。
 部屋を見回し、ベッドの耐えられない汚れに気がついた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

221 :90/93:03/06/23 00:42 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は浴室に行った。ひどい汚れの服を脱ぎ、
 風呂の中に玉を抱えて座った。コップを外し、ボタンを押し続けた。
 音も気にはならなかった。むしろ楽しく響いた。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              サイタマサイタマ
               サイタマサイタマ
                サイタマサイタマ
                 / ̄\
            ∧⊇∧(( ゚ ∀ ゚ ))   
         _ ( ´∀`) \_/ 
        /≒( つ つ≒\
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
        |_______|

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は音を継続させ、リズムをつけ、歌を歌った。
 戸を開け窓を開き、空気を流れさせ、水を集めた。
 水は少しずつ風呂の中にたまった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

222 :91/93:03/06/23 00:42 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 彼は地球の文明に仕返しできたような気がした。
 水はさらにたまり、波立ち、あふれた。彼は玉を抱きしめた。
 今までの長い灰色の時間から解放されたのだった。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              サイタマサイタマ
               サイタマサイタマ
                サイタマサイタマ
           ♪     / ̄\
            ∧⊇∧(( ゚ ∀ ゚ ))   
         _ ( *´∀`) \_/ 
  〜〜〜〜/≒( つ つ≒\〜〜〜〜〜〜〜〜
  〜〜〜〜| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|〜〜〜〜〜〜〜〜
  〜〜〜〜|_______|〜〜〜〜〜〜〜〜

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
地球から追い出された神とは、こんなものじゃあなかったのだろうか。
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

223 :92/93:03/06/23 00:42 ID:3sF0C2sc
 









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

       彼は目の前が輝きで満ちたように思った。

 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~












                                    糸冬

224 :93/93:03/06/23 00:43 ID:3sF0C2sc
あとがき&注記
 
原作は星新一の「処刑」(『ようこそ地球さん』収録)

原作では裁玉は“銀の玉”、玉のたてる音は“ジーッ”です。
今回はあまりに長いのでところどころはしょったり、
削ったり、表現や順番を変えたりしてます。
AAもやや手抜き気味です。

ショートショートと言えるか微妙な長さですが
これも好きな星新一作品のひとつです。

昔はこんな処刑ほんとにあったら嫌だなあと
思いましたが今はほんとにあればいいのにと
思わないでもなかったり(笑)。

それでは支援の方、観客の皆様ありがとうございました。
またよろしく。

225 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 00:44 ID:grqlnG7e
乙ー。
100近くも大変でしたね。
面白かったです。

226 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 00:44 ID:tOT7FyVk
乙!
この作品、星新一のショートショートの中で一番好きです。
気合の入った長さで読めて幸せでした。

227 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 00:46 ID:PfLJAiYP
>>132-224
激しく乙です!
感想を述べるなら「上手い!」の一言。AAのセレクト、2ちゃんねる風のアレンジ(銀の玉→裁玉・・・・・・ワラタ)、なにより、星氏のSSの中でやや長編のこれにトライした意欲!
敬服モノです。個人的に凄く好きな作品なんで、感謝の一言に尽きます。


228 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 00:47 ID:qnt4hsDN
おつでした。

で、水を差してしまうかも知れませんが、
これほどの原作の文章の引用は著作権上、やばくないですか?
星新一が亡くなってから、まだそんなに経っていませんし。

229 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 00:50 ID:1pD9lVIO
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!
星新一のマイベストです。
お疲れ様。

230 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 00:50 ID:kzlIAR0R
長編おつです

ちょっと星先生の長編は読んだことが無かったので
早速拝見させていただきます。

231 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 00:51 ID:7Bw83p+F
長編もつかれー
  / ̄\
 ( ゚ ∀ ゚ )⊂(・∀・ )お水ドゾー
  \_/

232 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 00:57 ID:3sF0C2sc
しまったー!。12が抜けてる。
抜けても意味は通じるところだったのが救いか。
補充しときます。

233 :12/93:03/06/23 00:58 ID:3sF0C2sc
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
裁玉は直径約三十センチ。表面には細かい穴が開いている。
ボタンを押せば水がそのコップにたまる。空気中の水蒸気分子を、
強力に凝結させる装置なのだ。人工サボテンとも呼ばれていた。
火星を旅行する者にとっては、なくてはならない装置だった。
だが、文明の利器には、必ず二通りの使い方がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
@ボタンを押す           Aサイタマる

  ポチットナ      
  ∧_∧ / ̄\           / ̄\          
  ( ´∀`)( ゚ ∀ ゚ )          (( ゚ ∀ ゚ ))サイタマサイタマ  
  (  つつ \_/           \_/          
  )  ) )                        
 (__)__)


Bコップを取り出す         C 水(σ・∀・)σゲッツ!!

  ガッチョン                      ∀
    ∀                  ∧_∧ ∩
  / ̄\                ( ´∀`)丿
  ( ゚   ゚ )サイタ・・・マ         ⊂    丿
  \_/                ノ  γヽ
                     (__丿\__ノ

234 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 01:03 ID:T9iZ1Luc
長編乙彼
初めてこれ読んだとき全然ショートじゃねえ!と思いつつどんどん話しに引き込まれていったのを
思い出したよ。

>>228
それを言い出すと今までの中でも原作ままというのも多いよ
そのへんのお話は正直灰色ですな。(真っ黒かもしれんが・・・)

>>232
全然ぬけてないよw

235 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 01:15 ID:3sF0C2sc
あれほんとだ。抜けてない。
というか12が透明あぼーんされてる。なぜだ!?(w
NGワードが入ってるように見えないが。まあいいか。
それでは皆さん感想有り難う。お休み。

236 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 01:18 ID:3sF0C2sc
と思ったらワカッター!!
効果音の『ガッチョン』の『チョン』がNGワードに入ってた(w
意図せざるオチがついたところで今度こそお休み。


237 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 01:20 ID:PfLJAiYP
なるほど。
ちなみに私は「^^」をNGにしてるんで所々あぼーんされとります。関係ない話題スマソ。

238 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 01:44 ID:mYkJzlfL
すごく感動した。裁玉にちょっと萌えた。グッジョブ!

239 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 02:18 ID:JijM19vx
すごいです。超大作乙でした!

240 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 04:37 ID:FvOXqUYb
>>228
地の文が多いだけにちょっとやばいかもと俺も思った。
というか、今回のは小説読んでるのと変わらないような…

241 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 06:04 ID:DfllEjnV
すごくおもしろかった。が、
もうちょっと削っても良かったんじゃないかなーとオモタ

242 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 07:38 ID:GdvKreQ9
この話大好きだけど、分量的にAA化はさすがに無理だとオモテタ。
これはほんとすごい。裁く玉でさいたま、のアレンジもウマー。

文章が多いのはその人のスタイルってことで。
スレ見てると、忠実に再現する人、できるだけ地の文を使わずに表現しようとしてる人、
どれも作ってる人のポリシーみたいのが垣間見えて面白い。

243 : ( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/06/23 15:27 ID:gRsejSjU
懐かしい・・・
老人のこの台詞大好きでした。

>知るもんか。わかるもんか

244 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 17:01 ID:6ulpi2O6
モナーのこの目が→( *´∀`)本当に祝福されたひとに思えて
ちょっと涙が出てしまったよ。

245 :◆MTGGG3Z9ds :03/06/23 19:14 ID:3eOUMOwT
モナーがもし自分だったら((((;゚Д゚))))ガクブル
大作おつです

246 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 19:49 ID:2M0Z8edh
>効果音の『ガッチョン』の『チョン』がNGワードに入ってた(w

ワラタ
あんた上手すぎるよ
いろんな意味でw


247 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 20:26 ID:7f2it2SO
感動もんでした。本当にありがとう。

248 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 20:43 ID:9c4dxl1c
う、うれしい
星新一の中でも結構好きなんだこの話

249 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 22:18 ID:bWueDQ7p
漏れは新入りですが、過去スレを4以外一気に読みました。
その中でもイイ!長い分終わりがすごくいいっすね。

250 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 22:53 ID:T9iZ1Luc
>>249
そんなあなたはここをみましょう
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/4606/

251 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 23:01 ID:FMRe3wZF
お疲れさまでした。

いいものを見させてもらいました。私も好きな作品です。

ありがとう、ありがとう。

252 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/23 23:19 ID:kzlIAR0R
感動しました。
又星新一さんの本、買いなおそうかな。

253 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 01:12 ID:NN5Zr4cu
タイトル見た瞬間「無理じゃねぇか?」と思いましたが、よくまとめましたね〜
お疲れでした。
昔何回も読みましたが、今こうしてみても新たに感じるところがあって面白い
っす。

254 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 02:47 ID:3GJ8srZC
なにより”裁玉”とその口の”∀”がコップを表現しているというセンスに脱帽。

255 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 03:40 ID:Qv1+3G7w
感動した。この話大好きで、昔、初めて本自腹で買って何度も読んだから
話の筋は既に暗記してるのに、このAA化Ver見た時、
最後の方で感動して泣いてしまったよ。それも見返すたびに何回も。本当に乙です。

256 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 10:30 ID:JcsVhdvR
>>254
禿同。

>>ID:3sF0C2sc
乙。あんたサイコーさ!

257 :249:03/06/24 17:15 ID:3mViNsXz
>250 ありがとございます。ここがそうですか。
    今までアドレス知らなくて見てなかったです。

258 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 19:10 ID:Sfzsmsx6
裁く玉か、イイネ!!

259 :1/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:11 ID:nmfnnsQV
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
電話のベルが、待ちかねていた博士の前で鳴った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
              
      ∧_∧                         
     ( ‐∀‐ )  ⊂⊃           
      /へ\  (◎)        
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|           
   |                |      
                     

260 :2/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:12 ID:nmfnnsQV
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
彼は、それに手をのばした。受話器の奥から、低い声が伝わってきた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
      ( …。 )
        〇
       。      
      ∧_∧                         
     ( ・∀・)  ⊂⊃           
     (    ⊃ .(◎)        
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|           
   |                |    


261 :3/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:13 ID:nmfnnsQV
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
          | もしもし、主人はいるか?     | ああ、わたしだが                     
         \_                    \    
            \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     ( ・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       / 

262 :4/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:13 ID:nmfnnsQV
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 それは言えないが、用件についてはおよそ察しているのでしょうかね

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
LIVE                      /
                         /                   
       !!               /          プッ   |
                        /        ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      ( ´,_ゝ`)∪             
     ( ・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)        /        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      /           ||(_)_)   
   |                |      / 

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     声の終りは冷たい笑いに変った。
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

263 :5/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:14 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | あっ、ではおまえが… …          | その通り。博士のお子さんは…                
     \_                        \    
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄          ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄              
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     (.;・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       / 

264 :6/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:14 ID:nmfnnsQV
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

 ちゃんとここで、おやすみになっています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    
               
                _    
                /  
               Z ̄     
              z
                               
           ∧_∧           
          (‐∀‐)        
         | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      
         |          |     
         |          |   
         |          |                   
         |          |                    
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

265 :7/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:15 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | わたしの大切な子供を連れ去るとは  | そんなに大切なお子さんなら、自動車においたまま、
      | どういうつもりだ。                | 用たしなんかに行かないことだな。              
     \_                        \    
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     (.;・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       / 

266 :8/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:16 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | あ、やはり、あの時につれ出したのか. | まあまあ、博士。じたばたしないで、
      | さては、前からねらっていたのだな  ..| 科学者らしく現実を認めたらどうだ?             
     \_                        \    
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     (.;・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       / 

267 :9/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:16 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | いったい、なんで、そんなことをしたのか。 
      | うらみでもあるならわたしに対して行なったらどうなのだ。卑怯な。 
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     (.;・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧___________________
                               /                
                                | いや、わたしには博士へのうらみなどありません。                     
                                | むしろ、尊敬しているぐらいです。
                               \____________________

268 :10/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:16 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | では、どういうつもりなんだ。妻も悲しみのあまり、ねこんでしまった。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
LIVE                      /
                         /       !?           
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (;´_ゝ`)∪             
     (.;‐∀‐)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧___________________
                               /                
                                | まさか博士、警察に届けたのではないでしょうね。                   
                               \____________________

269 :11/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:17 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | いや、まだ届けてはいない。万一の場合を考えて、
      | もうしばらく電話のかかるのを待つことにしていたところだ。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     ( ・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧___________________
                               /                
                                | さすがは博士、それだけ話がわかれば、
                                | 心配はかけない。お子さんのことは大丈夫。                 
                               \____________________

270 :12/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:18 ID:nmfnnsQV
           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             さっそく取引きにうつりましょう。

           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                            
                /\      ./\       ニヤ     
               /   \___/   \                     
             /                   \    
              |  /   |     \    | 
              |       |_         |
              |     、___          |
             \                /          
             /                \     
              |                  |   

271 :13/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:19 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | 取引きだと。しかし、子供をさらって金を要求する罪の重いことは
      |  知 っ て の 上 だ ろ う な 。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
LIVE                      /
                         /         フン          
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     (.;・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧______________________
                               /                
                                | それは知っての上ですよ。だが、へんなことをなさったら、
                                | お子さんがどうなっても知りませんぜ。
                               \_______________________

272 :14/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:19 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | ま、まってくれ。いくら欲しいんだ。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
LIVE                      /
                         /      フゥ…             
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     (.;・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /        

273 :15/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:20 ID:nmfnnsQV
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ざっくばらんに申しましょう。博士が完成されて
 秘密にしておられるといううわさのロボットの設計図。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
          ________                                  
         |           |                            
         | Top Secret  ..|                                                     
         |           |                       
         |           |                                  
         |           |                         
         |           |                             
         |           |                          
         |           |                     
         |           |                      
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

274 :16/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:20 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | えっ。いや、それは困る。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     (.;・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧______________
                               /                
                                | お困りになるのは、勝手ですがね。
                               \_______________

275 :17/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:21 ID:nmfnnsQV
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 あれは、わたしが世の悪をこらすために作ったものだ。おまえのような者の手に、
 渡すわけにはゆかぬ。額は望み通りにするからなんとか金ですましてくれ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


  
 〜イメージ〜                          
                
                          
       ∧_∧   ロケットパンチ           
      (メ ・ ・)               
      (     =       |⊃       
      | | |                        
      (__)_)                     


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 しかし、博士がいつもおっしゃるように、研究は金で買えませんのでね。
 それに、その設計図を金にするのは、きっとわたしのほうが博士よりうまいでしょうよ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

276 :18/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:22 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | ああ、なんというやつだ。おまえは、それでも人間か。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
LIVE                      /
                         /       フッ            
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     (.;・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧___________________
                               /                
                                | その通り。ロボットでない証拠に、欲があります。
                               \____________________

277 :19/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:22 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      | おまえのようなやつは、生かしてはおけぬ。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
LIVE                      /
                         /       フッ            
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´,_ゝ`)∪             
     ( #・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧___________________
                               /                
                                | どうか、興奮なさらぬよう。
                                | お子さんをおあずかりしていることをお忘れなく。
                               \____________________

278 :20/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:23 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | うむ、やむを得ない。取引きに応じよう。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
LIVE                      /
                         /      ククク…            
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´,_ゝ`)∪             
     (.;‐∀‐)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧________________
                               /                
                                | そうですよ。それでこそ賢明な博士です。                 
                               \_________________

279 :21/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:23 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | しかし、わたしの坊やは、たしかにおまえのところにいるのだな。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     ( ・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧__________________
                               /                
                                | そのことは、ご心配なく。さっきからずっと、
                                | おとなしくおやすみですよ。                
                               \___________________

280 :22/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:24 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
      | そうか、それでほっとした。念のために、声を聞かせてくれ。
      | 泣き声さえ聞かせてくれれば、わたしも安心して取引きに応じよう。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     ( ・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧_____________
                               /                
                                |  いいんですかい、泣かせても。   
                               \______________

281 :23/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:24 ID:nmfnnsQV
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
      | わたしは坊やが無事なことを、たしかめたいのだ。
      | ひとつ耳をひっぱってみてくれ。坊やはどういうわけか、耳の神経が敏感で、
      | おとなしく寝ている時でも、耳を引っぱればすぐに泣き出す。
     \_                
        ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     ( ・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       /           ∧_____________
                               /                
                                |  変な癖ですね。まあいいでしょう。
                               \______________

282 :24/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:25 ID:nmfnnsQV
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 相手の声はしばらくとぎれ、窓をしめているらしい音がした。そして小さな声が聞こえた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


LIVE                      /              
                         /             
                         /          _________________      
                        /          /    
      ∧_∧:∩:            /.            | 坊や、おとうさんが泣き声を聞きたいとさ。       
     ( ・∀・)∪:            / .          \  痛くても、ちょっとがまんしな。 
     (    ノ(◎)         /.            \  ______________
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|      /               \|                     
   |                |      /                  
  

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 博士は受話器を耳に押しつける手に力を加えて待った。 はげしい爆発音が響いてきた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

283 :25/25 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:25 ID:nmfnnsQV
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
     | 耳が引き金になっていたとは、気がつくまい。悪人がまたひとりへった。
    \_                
       ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              
      ∧_∧                         
     ( ‐∀‐ )  ⊂⊃           
      /へ\  (◎)        
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|           
   |                |                           END

284 : ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:27 ID:nmfnnsQV
「悪魔のいる天国」より「誘拐」でした。
今までより少し長めです…。

285 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 22:31 ID:2AYhRuRW
乙でした。

博士はロボットの採算度外視の正義漢ですね。

ただ>>261から>>262へのつながりが分からないのですが、
誰何のセリフが抜けてるのではありませんか。

286 : ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:39 ID:nmfnnsQV
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄            
          | 有名なエレストラ博士か?    | いかにもエストレラだが、いったいどなたです                     
         \_                    \    
            \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               
LIVE                      /
                         /                   
                         /               |
                        /       ∧_∧ ∩
      ∧_∧.∩            /      (. ´_ゝ`)∪             
     ( ・∀・)∪            /       (   n  ノ   
     (    ノ(◎)         ./        ( )/ /\
   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|       /           ||(_)_)   
   |                |       / 

287 : ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:42 ID:nmfnnsQV
これが>>261と262の間に入ります。
作っている途中で消してました…まだまだですな…。


288 : ◆ZqpWFm7w46 :03/06/24 22:44 ID:nmfnnsQV
博士の名前はエストレラです。
何か変ですね…度々済みません…。

289 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 22:57 ID:QYLGDaBz
お疲れ様。
>>286
セリフが多分逆。

290 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 23:33 ID:VjJbKLQX
>289
電話から聞こえてくる声の表現じゃないのかな。

乙! 面白かったです。
シンプルなのがまた良い。

291 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 23:38 ID:P+artVjX
乙!

・・・と言いたいところだが、23コマ目でオチが分かってしまった。

292 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/24 23:46 ID:+3a2Przd
>>291
そういう問題か?

293 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 00:14 ID:CCXN+9SK
おつです。

もしかして息子さんマジンガー?

294 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 01:07 ID:B3xg4XBd
>293
( ´∀`)オマエモナー

295 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 01:42 ID:C5aOHcmr
>>291は世紀の大天才

296 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 02:06 ID:u49HQ133
もしくは大天災

297 :1/6:03/06/25 03:19 ID:63WJ3iGr
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 超能力ってあるんですかね?
\_   _________________________
   | / /
    ∨  |  ばかばかしい、あるわけないね。
日 ▽ U\  __________________________
≡≡≡≡≡| /  
 V ∩ [] ∨目   
__ ∧∧___ ∧,,∧  _
  (  ,,)日. ミ   ,,ミ∇
― /   つ――ミ   ミ―――
\(___ノ  〜ミ,,,,,,,,,ミ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄


298 :2/6:03/06/25 03:20 ID:63WJ3iGr

        _________________________
       /
       |  例えばこのトランプ、表を見ずに赤か黒かを当てられると思うかい?
日 ▽ U\  __________________________
≡≡≡≡≡| /  
 V ∩ [] ∨目   
__ ∧∧___ ∧,,∧  _
  (  ,,)日. ミ   ,,ミ∇
― /   つ――ミ   ミ―――
\(___ノ  〜ミ,,,,,,,,,ミ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄


299 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 03:20 ID:63WJ3iGr
        _________________________
       /
       |  試しにやってみようか?赤、黒、黒、赤、黒、赤、赤、黒、赤・・・
日 ▽ U\  __________________________
≡≡≡≡≡| /  
 V ∩ [] ∨目   
__ ∧∧___ ∧,,∧  _
  (  ,,)日. ミ   ,,ミ∇
― /   つ――ミ   ミ―――
\(___ノ  〜ミ,,,,,,,,,ミ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

300 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 03:21 ID:63WJ3iGr
        _________________________
       /
       |  さて、どのくらい当たっていたかな?
日 ▽ U\  __________________________
≡≡≡≡≡| /  
 V ∩ [] ∨目   
__ ∧∧___ ∧,,∧  _
  (  ,,)日. ミ   ,,ミ∇
― /   つ――ミ   ミ―――
\(___ノ  〜ミ,,,,,,,,,ミ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

301 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 03:22 ID:63WJ3iGr
        _________________________
       /
       |  何、全部外れ?
日 ▽ U\  __________________________
≡≡≡≡≡| /  
 V ∩ [] ∨目   
__ ∧∧___ ∧,,∧  _
  (  ,,)日. ミ   ,,ミ∇
― /   つ――ミ   ミ―――
\(___ノ  〜ミ,,,,,,,,,ミ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄

302 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 03:23 ID:63WJ3iGr
        _________________________
       /
       |  そうだろ、そんなものさ。
日 ▽ U\  __________________________
≡≡≡≡≡| /  
 V ∩ [] ∨目   
__ ∧∧___ ∧,,∧  _
  (  ,,)日. ミ   ,,ミ∇
― /   つ――ミ   ミ―――
\(___ノ  〜ミ,,,,,,,,,ミ
 ━┳━   ━┳━
 ̄ ┻  ̄ ̄ ̄┻ ̄ ̄ ̄ ̄


303 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 03:24 ID:63WJ3iGr
ショートショートの広場1の「念力」より。既出だったらスマソ。

304 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 03:27 ID:8n1A4OEr
>303
がいしゅつだが自分は元ネタを知らないので
別の切り口で見れて良かったさー!
乙!

305 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 03:38 ID:C5aOHcmr
AAとしてはちょっと手抜きかな。
まあ、あまり人のことを言えないが・・・

306 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 04:26 ID:63WJ3iGr
ごめん、徹夜仕事からの逃避にちょっと作ってみただけなんだ。

307 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 05:20 ID:9uQ2Xx6f
確か外出だったが、63WJ3iGrはめげずにこれからもガンがってください。

308 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 10:20 ID:LyLC7w8o
同じ話でも人によってAAが違うし、時には
解釈が違ったりして面白い。
のでガイシュツ上等無問題で行きましょうよ。

309 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 18:00 ID:7IAsH0Wf
ヘェヘェヘェー
おもちろいでつ!

310 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/25 21:48 ID:CCXN+9SK
念力、短くまとめられて結構好きな作品です。

おつ。

311 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/26 02:40 ID:2oBoWyWk
がいしゅつぐらいでがたがたぬかすなよ

312 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/26 12:07 ID:UqDgHFPz
>>311

誰一人ガタガタ言ってないぞ。

313 :肛門様  ◆analHipUB. :03/06/26 15:53 ID:pnLJSzZ9

            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (@)       |>>312
   c|っ       |ガタガタ
 /⌒*⌒ヽ       |
(⌒(⌒ノn゚∀゚n <
            \____________________


314 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/26 17:33 ID:5rqwvs+I
   (@)   ブスッ 
 /⌒'⌒ヽ  
(⌒(⌒ノn゚Д゚n

315 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/26 17:59 ID:NK9ZJuPR
>313
なんつートリップだ(w

316 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/26 19:36 ID:2oBoWyWk
analHIp…どっかでみたようなトリだな

317 :人生 ◆uRVBe6.6qo :03/06/27 15:14 ID:D22F7a4r
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .


               変な夢を見た


. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

318 :人生 ◆uRVBe6.6qo :03/06/27 15:14 ID:D22F7a4r
  ┏━━━━━━━━━━
  ┃これが貴方の人生です
  ┗━━━━━━━━━━
           爪
           ノハヽ
           ノ/ i.ヽヽ、
        / ./ . | ヽ \
      / / {   !  } ヽ ヽ
        {  {.  !. .|  l  } .}
        ヘ  !  ! .|  ! .! ./
       ヾヾ l .!.  !../ノ
        `'-WルルW-'´

319 :人生 ◆uRVBe6.6qo :03/06/27 15:15 ID:D22F7a4r
     ┌────────────
     │……玉ねぎみたいですね 
     └─────────v──−
                ∧ノノ∧    ?
                   (;´∋`) 
              ?    ⊃○⊂  …コレガ?
                ?  |   | .           ?
        ?       〜|   |       ?
                  U U

       ┏━━━━━━━━━━
       ┃皮一枚が年一歳です
       ┗━━━━━━━━━━

320 :人生 ◆uRVBe6.6qo :03/06/27 15:15 ID:D22F7a4r
            ┌──────
            │  ……… 
            └────v─−  バリ
            .  .   ∧ノノ∧  .
       バリ           (;´∋`)    ゙
               バリ   ⊃))○((⊂ 丶  .
            .  .    |   |  バリ      .
             丶  ´〜|   |  .
               .     U U

321 :人生 ◆uRVBe6.6qo :03/06/27 15:16 ID:D22F7a4r
     ┌────────────
     │……本体がないんですけど
     └─────────v──−
                   ノノ∧                            
    バリ  丶       (∈`; )  丶バリ
      .      .   ○((⊂│    .
           バリ     |  |   .     バリ  
           丶     |  )~|
  バリ              Uヽ) .
      ┏━━━━━━━━━━
      ┃ そういうものです 
      ┗━━━━━━━━━━

322 :人生 ◆uRVBe6.6qo :03/06/27 15:16 ID:D22F7a4r
     ┌────────────
     │しかも涙が止まりません
     └─────────v──−
                ∧ノノ∧   
                   (;∋;) 
                  ( ○⊂  
                   |   | .      
                〜|   |      
                  U U
      ┏━━━━━━━━━━
      ┃ そういうものです 
      ┗━━━━━━━━━━
                          END

323 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 15:18 ID:t7oUBzb1
リアルタイムキタ━━(゚∋゚)━━!!

324 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 15:28 ID:HUj+OB4M
おつ〜!
リアルタイム初遭遇でどきどきしちゃった。
これソースは何ですか?

325 : ◆uRVBe6.6qo :03/06/27 15:41 ID:D22F7a4r
ヘタレ初心者が勢いで作ったので動きの少ない作品ですみません。

>>324
コンプレックスプールというwebコミックサイトの「人生」というのです。

漫画駄目だったらスマソ
半神が以前にあったからいいかと思って書いてしまいました

326 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 16:14 ID:YeHJKh4E
俺は面白かったよ。座布団上げたくなっちゃう( ´∀`)ノ ⌒ ◇

327 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 16:16 ID:2fgXcOP/
いいんじゃないっすか?

328 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 17:36 ID:QUMK/mO6
>324
ソースはウスターですか?中農ですか?

329 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 18:52 ID:HUj+OB4M
>328
オタフクです

330 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 21:55 ID:LOqA6f7X
>329
どろソースキボンヌ

331 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 22:45 ID:C8oOuB/L
>330
ソースより醤油!

332 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 22:56 ID:IL9LQHDW
>>331
show you!
ttp://www.soysauce.or.jp/

333 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/27 23:55 ID:gXct3SHO
>>325
シンプルかつ素敵な作品。イイ。

334 :四次元ラッキョウ 01/21:03/06/28 02:00 ID:4m8zItlo
                   ,,.r'' ゛~~` ''ッ,,         猿にラッキョウや玉ねぎを与えると
                 、 ゛  ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,, ヾ.          皮を全部剥いてしまうといいます
                  ミ   ミ゛,へ.__, ,_ノヽ i.
                ミ    ミ, ( ・) {・フ 〉 ミ. 何も残らねえぞ
            、,,,,ツi:     ミ,`~´ ヽ~〈  .ミ           δ ← ラッキョウ
          、シ``   i:      ,ゞ  'n.inヽ. .ミ          ( .〉〉/
         シ  //      ミ`    l.l ヽ"、         /  ノ
        ミ/ シ           彡 ,=こ二=.{ ミ,,      ,r'´ ,,、'゛
        ミi. /  /       ' ! w、`~^' vwv '、   ミ      〃 .ミ
       .ミ /     i:  /      `^^     \ ."   〃  ミ
      .ミ.:/ / / i:      v    !  ,,   \ 、 〃  ミ
      :i;     .i:   w      !!   ミ!:   ミ \\( ⌒ヽ
      :i;  /   i:      !!       .ミ キ    , ⌒`、_  )  )
      :il     .i:    !    w!    ミ .:i.   (_ (  _,ノ  ) ,
     :il   !  i:           ! ,〃゛  キ    ゞ、 __,  ノ , 
     .:il !   /~~````` " '''' = ‐- 、ミ  _,,,,_ミ,  il `  ー ´
     :il   ´ ―  ̄ - ,,. -‐‐-、、 ヽ. ヾ、  ゞ、 `  〃
     ゝ、wx.mn.!!++ナ'~      ヾ~ヽ、 ヽ、 ,, ~^^}´
        彡   〃  〃     }} /〉.〉〉〉i''"   〃
         彡、     {{     〃,__!////l |    〃
           X,,    》.   ≪.__`‐'.' '´,Uwwvw'、...,,,___
            ^^^^ !wニこ)こ)二)`) (_,,,..- 、...二⊃_).)

335 :四次元ラッキョウ 02/21:03/06/28 02:00 ID:4m8zItlo
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ところがこのラッキョウは
 | なくならないんだな
 \
     ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧      ∧_∧ モナ?
   (  ・∀・)δ    (´∀` )
   (    つ     (    )
   | | |       | | |
   (__)_)     (_(__)

336 :四次元ラッキョウ 03/21:03/06/28 02:00 ID:4m8zItlo
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 動物園で猿が発狂しかけて/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | いたのを取り上げたそうだ | ただのラッキョウに見えるモナ…
 \                   \
     ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧      ∧_∧
   (  ・∀・)    δ(´∀` )
   (    つ    ⊂    )
   | | |       | | |
   (__)_)     (_(__)

337 :四次元ラッキョウ 04/21:03/06/28 02:01 ID:4m8zItlo
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | そう思うだろ?     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ところが剥いても   | 剥いても?
 \               \
     ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |/ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧      ∧_∧
   (  ・∀・)     (´∀`♯)
   (    つ       つδ ⊂)
   | | |       | | |
   (__)_)   丶ヽ(_(__) ノノノ

338 :四次元ラッキョウ 05/21:03/06/28 02:01 ID:4m8zItlo
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 剥いても剥いても   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 剥いても剥いても   | 剥いても剥いても剥いても
 \                \
     ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧      ∧_∧
   (  ・∀・)     (´∀`♯)
   (    つ       つδ ⊂)
   | | |       | | |
   (__)_) ゝヽ丶ヽ(_(__) ノノノノ丿ノ

339 :四次元ラッキョウ 06/21:03/06/28 02:01 ID:4m8zItlo
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           | ちっとも小さくならないモナ!
           \
               ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧      ∧_∧
   (  ・∀・)     (´∀` ;)
   (    つ       つδ ⊂)
   | | |       | | |
   (__)_) ゝヽ丶ヽ(_(__) ノノノノ丿ノノノノノ丿ノ

340 :四次元ラッキョウ 07/21:03/06/28 02:01 ID:4m8zItlo
この世にも奇妙なラッキョウはすぐさま研究所で調べられることになった

            ,:;'''':;:;:;,,._,_                      ;:;:(:;:;:〃:;:〃:
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|~'ー 、,,, ,:; :;:〃:;:〃:):;,,,,                   ;:(;ゞ::;: ;::;ゞ ,f
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i ,|:; :;:〃:;:〃:ゝ:; :;):;:         ___ll___      ;;:( 丿;:,ゞ;:〃:;ヽ'.,l
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i:;:√〃:〃:;';:.ゝ〃:;;)        [;.ll材]      (,;:,ゞ;:〃:;ヽ'fl
:::::::::::::::::: :::::::|.: ノ:〃:;丿;,ゞ;〃ゝ; ;; ヽ:;、     .|冖''ll'冖j     :;:;(ゞ;::〃::ヽ丿;:,ゞ;:〃
.................. .......|.,{: :〃;丿; ,ゞ:;〃'ゝ. ;:; :;ヾ;:;)    .|: fl |:::::|     ;:(,;:::; :;:〃:;:〃:ヽ:::;:;
::::::::::::::::iニ|:::::|.|`i(. ::;:;:〃:;:;;丶;: ゝ;. ;:;;:〃:);:;   |: fl |:::::|     ;:(;:,ゞ;:〃:;ヽ:::;:;丿;:,ゞ;:〃
::::::::::::::::i__|:::::|.|_,i(:〃: :ヽ: ;丿;:,ゞ;:ヾ,;:;〃: ):;   :|: fl |:::::|    (:. ;;:,ゞ;:〃:;ヽ'丿;:,ゞ;:〃
.................. .......|. (: 〃:;〃;':;. ;:;〃:;:;l: ;;,ゞ;:) ━━:|: fl |:::::|━━━(丿;:,ゞ;:〃:;ヽ:;ヽ:;ヽ━━┓
::::::::::::::::iニ|:::::|. (:;:;:;::;〃:;':;:.〃:〃 ヽ:,ゞ;:: ;) _i:::i_i::|: fl |:::::|::i_i::::i_i::::i_i::::l (;:::〃:;丿;:,ゞ; :i_i:::
::::::::::::::::i__|:::::|.|`i,(〃 :〃:': ;:,,,; ;;; ;:〃:ヽ);; ≡:≡:|.r-il::::::|:≡:≡:≡:≡l:≡ iョ:;:;ソ:〃):;三
.................. .......|.|_,i `''“゙゚゙'l ::'il  .“'・ャ-、;;;ソ;;;;;;;;/゙| ̄| l lヽヾ;;ilY⌒Yli;;;;;l::;;;;,,...l! .|,,..,..,..,.;:;:;:;,...,..
:::::::::::::::::: :::::::|. ;;;-'' ̄ l ::'il  ̄,l :i|,,v.```“""''''''''''“'''''゙`″'''''''''''-、__,,; `;;li! .|;:;:`;;.;,.;;.;.;:
""""""""""" _;;;;;;;;;r--・・''"""~`                      - _,lii: .|;;:;::;.;:.`:;:;;;.;
`:;:;;.:,;:;_,-''" ̄                   /                ゙̄~'''--__:;:;;:;:

341 :四次元ラッキョウ 08/21:03/06/28 02:02 ID:4m8zItlo
           爪
           ノハヽ       しかしラッキョウは
           ノ/ i.ヽヽ、      あらゆる検査をはねつけた
        / ./ . | ヽ \
       /  / .{  !  } ヽ ヽ
      {  {.  !. .|  l  } }
      ヘ  !  ! .|  ! .! /
       ヾヾ l .!.  !../ノ
        `'-WルルW-'´

342 :四次元ラッキョウ 09/21:03/06/28 02:02 ID:4m8zItlo
                                        (×100μm)
                _,,.. -──‐- .、.._               10
           ,. ‐''"´           ``'‐.、            9
          ,.‐´                 `‐.、.           8
          /    ゚     ,      '         \.          7   顕微鏡検査はもちろん
       ,i´  ,                  。     `:、      6
      /                                 ヽ.       5
    ,i                                 i、      4
    .i  ,                     ゚     , ~  i.     3
   .i                                   l      2
   |                                   |    1
    |                                  '  |     0
   |                                    |     -1
.   l                                 l.     -2
.    i、                                 ,i    -3
.    i、                                ,!     -4
.     ヽ                            ゚ /.       -5
.      `:、   。     '                       ,‐'      -6
          \                        /         -7
          `‐、   ゚        , '     , ‐´          -8
           ` '‐.、 _            _, ‐''"             -9
                 `` ‐-----‐ '"´               -10
                                     (×100μm)
       _
   \/ |,...、i⌒i     0       0.5       1.0(mm)
   /\ 、_,ノ !、_ノ     | i l i l i l i l i | i l i l i l i l i |

343 :四次元ラッキョウ 10/21:03/06/28 02:05 ID:4m8zItlo
              / /
              /
      _         ビビビ   毒電波
     /||__|∧    /
  。.|.(O゚∀゚ ) /
  |≡( ))  ))つ
  `ー| | |
    (__)_)

344 :四次元ラッキョウ 11/21:03/06/28 02:05 ID:4m8zItlo
      /VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVN\
( ・∀・)∩ ウンコビーム━━━━━━━━━━━━━━━━━  > δ
    ⊃  VVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVVN/      怪光線をものともせず

                               人人人人人
( ・∀・) ニヤニヤ                      ≪   δ   ≫ ビリビリ
                               ^Y^Y^Y^Y^Y 

。・゚・(ノД`)・゚・。                          δ

345 :四次元ラッキョウ 12/21:03/06/28 02:06 ID:4m8zItlo
                        ○ ∧_∧ ウリィィ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      []                /⌒ ( ´∀`)  < ロードローラーだ!
      ||__________ (_)∪ ∪ ̄    \________
    / ̄:l:  .―:l:――――:l:/___ヽ,―、_(_)
    |  :|:./ E:|: EEEEl  :|:|:   :  ̄ ̄||`l
   / ̄ ̄ヽ ̄ヽ EEEEl  :|:|:__:___||._|              何トンという
  /  ,●、  |  |777777|:|   l, ―┴、┴――、   ズガーン    圧力にも耐え
  | ●|  |.● |  |/////// .:|:| /     ヽ    ヽ
  ヽ  `●'  .|  |====:|:| |====l===|
   ヽ    / / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~'ヽ     /    /
     ̄ ̄ ̄ ̄           ゛ ̄ ̄ ̄δ ̄ ̄

346 :四次元ラッキョウ 13/21:03/06/28 02:06 ID:4m8zItlo
    .          │
    .          │
           爪 .│
           ノハヽ│      針を刺せば
           ノ/ i.ヽヽ、       垂直に飛び出した
        / ./ . | ヽ \
       /  / .{  !  } ヽ ヽ
───────  |  l  } }
      ヘ  !  ! .|  ! .! /
       ヾヾ l .!.  !../ノ
        `'-WルルW-'´

347 :四次元ラッキョウ 14/21:03/06/28 02:07 ID:4m8zItlo
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   | 四次元ラッキョウだ!!
   \
       ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄
     ∧_∧      ∧_∧
   (  ・∀・)     (´∀` )
   (    つ       つδ ⊂)
   | | |       | | |
   (__)_)      (_(__)

348 :四次元ラッキョウ 15/21:03/06/28 02:07 ID:4m8zItlo
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | このラッキョウを解明できれば/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 我々の科学は          | やめたほうがいいモナ
 | 飛躍的に進歩するからな! | これは神の警告モナよ
 \                    \
    ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧      ∧_∧
   (  ・∀・)    δ(´∀` ;)
   (    つ    ⊂    )
   | | |       | | |
   (__)_)     (_(__)

349 :四次元ラッキョウ 16/21:03/06/28 02:07 ID:4m8zItlo
某国の研究者は反対する人間を押し切り
ラッキョウを核実験の中心に置くことを決めた

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | なにいってやがる
 | どうしても中身が見たい  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | 水爆でこじ開けるからな! | いやな予感がするモナ…
 \                   \
    ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∧_∧      ∧_∧
   (  ・∀・)    δ(´∀` ;)
   (    つ    ⊂    )
   | | |       | | |
   (__)_)     (_(__)

350 :四次元ラッキョウ 17/21:03/06/28 02:08 ID:4m8zItlo
                           __,,:::========:::,,__
                        ...‐''゙ .  ` ´ ´、 ゝ   ''‐...
                      ..‐´      ゙          `‐..
                    /                    \
        .................;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::´                       ヽ.:;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;.................
   .......;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙       .'                             ヽ      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;......
  ;;;;;;゙゙゙゙゙            /                           ゙:                ゙゙゙゙゙;;;;;;
  ゙゙゙゙゙;;;;;;;;............        ;゙                              ゙;       .............;;;;;;;;゙゙゙゙゙
      ゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;.......;.............................              ................................;.......;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙
                ゙゙゙゙i;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙;l゙゙゙゙゙
              ノi|lli; i . .;, 、    .,,            ` ; 、  .; ´ ;,il||iγ
                 /゙||lii|li||,;,.il|i;, ; . ., ,li   ' ;   .` .;    il,.;;.:||i .i| :;il|l||;(゙
                `;;i|l|li||lll|||il;i:ii,..,.i||l´i,,.;,.. .il `,  ,i|;.,l;;:`ii||iil||il||il||l||i|lii゙ゝ
                 ゙゙´`´゙-;il||||il|||li||i||iiii;ilii;lili;||i;;;,,|i;,:,i|liil||ill|||ilill|||ii||lli゙/`゙
                    ´゙`゙⌒ゞ;iill|||lli|llii:;゙|lii|||||l||ilil||i|llii;|;_゙ι´゚゙´`゙
                         ´゙゙´`゙``´゙`゙´``´゙`゙゙´´

351 :四次元ラッキョウ 18/21:03/06/28 02:08 ID:4m8zItlo

その瞬間
ラッキョウに閉じ込められた
水爆の数十兆倍というエネルギーが解放され



地球は消えた



352 :四次元ラッキョウ 19/21:03/06/28 02:08 ID:4m8zItlo






353 :四次元ラッキョウ 20/21:03/06/28 02:12 ID:4m8zItlo
はるか遠い宇宙の彼方で……

 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | がっかりだな
 | 毛の生えたやつも
 | 生えてないやつも      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | やることは同じだからな  | 誰も食用になると考えないモナ
 \                 \
     ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ∩_∩      ∩_∩
   (  ・∀・)    δ(´∀` )
   (    つ    ⊂    )
   | | |       | | |
   (__)_)     (_(__)

354 :四次元ラッキョウ 21/21:03/06/28 02:12 ID:4m8zItlo

小松左京「四次元ラッキョウ」でした


355 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 02:41 ID:9h/2zZ6T
乙! イイ!!

356 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 03:45 ID:b3PQVIM4
座布団ドゾー( ´∀`)ノ ⌒ ◇

357 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 04:27 ID:/xvZ5jBw
>>325
どこかで見た話だとおもったらコンプレックスプールか!
あのサイト好きなので同じ趣向の人がいてなんか嬉しいです(*´∀`)

>>354
四次元ラッキョウ(・∀・)イイ!

358 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 11:16 ID:biJep23y
なるほど、無くならないなら食料に利用できるってことだね

359 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 12:04 ID:xYP/Iv2X
>>354
ぐじょぶ。ウンコビーム藁田。

360 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 12:23 ID:JiBkZKFP
ラッキョウの皮で何の料理を作れと。

361 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 12:42 ID:zGS2et8y
玉ねぎもラッキョウもいつまでたっても中身が出ない

362 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 13:12 ID:nHAp3dqg
>>334
乙。なるほど〜、食えるのか。

#ゲルフラウみたいだ。

363 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 16:47 ID:K5glpqtL
>>362

なるほど、ゲルフラウの話はこのラッキョウの話をヒントに描かれたのかもしれないな。

ゲルフラウの話はAAにしにくいな・・・・

364 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 17:19 ID:OeykbClo
(´-`).。oO(水爆の数十兆倍のエネルギーが解放されたら地球が消えるぐらいじゃすまないだろうな……)

365 :1/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:10 ID:tr+Qa3qA
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
週末ちかい日。その男はバッグを持ち、家を出て、駅へ向かった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                    
      ∧∧              
     ( ゚Д゚)          
      ⊂  |                          
    目|  |〜           
     ..し´J
             

366 :2/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:11 ID:tr+Qa3qA
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
新聞は売り切れていたので、その日に発売の雑誌を買った。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   | 申し訳ありません…新聞は売り切れでした…
                  \    
                 ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ハァ…      ∧_∧  
      ∧∧       (´∀`; )       
     (‐Д‐)        (    )   
      ⊂  つ雑    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                     
    目|  |〜     | 駅の売店    
     ..し´J       |   

367 :3/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:11 ID:tr+Qa3qA
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
車内で開いたが、論文や解説で、つまらない。
 後悔していると、色のうすいサングラスの若い男がささやいた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
_______________________________
        |        |        |        |        |        |        |               
        |        |        |        |        |        |        |                                  
        |        |        |        |        |        |        |                 
____|____|____|____|____|____|____|

______________________________
        ヤットスワレタ                                        
  ∧∧   .∧_∧                 ∧∧                                      
 (゚∀゚ )  (´∀` )               (‐Д‐)                    
  |⊃ .|⊃ .(    )               |⌒|⌒|〜                           
 / / /__ / / /__________../⌒.⌒/__目______       
. ∪∪  .(_(_)                ∪ ̄∪   
                  スタスタ                  ゴトン
                     ∧_∧           
                    (    )                    
   ガタン              (    )                
                     人  ノ                            
               ((((   (_)__)        

368 :4/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:12 ID:tr+Qa3qA
_______________________________
        |        |        |        |        |        |        |               
        |        |        |        |        |        |        |                                  
        |        |        |        |        |        |        |                 
____|____|____|____|____|____|____|

______________________________
         ボケー                                         
  ∧∧   .∧_∧                 ∧∧                                      
 (゚∀゚ )  (´∀` )                (゚Д゚ )                    
  |⊃ .|⊃ .(    )               |⌒|⌒|〜                           
 / / /__ / / /__________../⌒.⌒/_目_______       
. ∪∪  .(_(_)                ∪ ̄∪   
                                  ゴトン
                     ∧_∧           
                    (    )   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 
   ガタン              (    )  <  珍しい雑誌をお読みですね。            
                     人  ノ     \____________                       
                     (_)__)        

369 :5/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:13 ID:tr+Qa3qA
_______________________________
        |        |        |        |        |        |        |               
        |        |        |        |        |        |        |                                  
        |        |        |        |        |        |        |                 
____|____|____|____|____|____|____|

______________________________
 アヒャヒャヒャ                                               
  ∧∧   .∧_∧                 ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                                   
 (゚∀゚ )  (´∀` )                (゚Д゚ ) < 買うようなものじゃないな。                  
  |⊃ .|⊃ .(    )               |⌒|⌒|〜  \___________                       
 / / /__ / / /__________../⌒.⌒/_目_______       
. ∪∪  .(_(_)                ∪ ̄∪   
                                  ゴトン
                     ∧_∧           
                    (    )   ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                 
   ガタン              (    )  <  そうでしょうとも。お仕事、ごくろうさまです。           
                     人  ノ    |  ご案内いたします。                  
                     (_)__).    \____________    

370 :6/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:13 ID:tr+Qa3qA
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
出勤先の駅より、三つ手前でおろされた。
ビルのなかの事務所には、目つきの鋭い連中がいた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
                                              
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               | 雑誌、ネクタイの柄、連絡とおりだ。
               | 金の入ったバッグを渡してもらおう。
              \    
             ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧_∧                          
           (メ`∀´)  ____                                   
           (    .) /朝鮮組合/\                               
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                    
        |                    |                 
                                  
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               | なかは、下着のたぐいですよ。
              \    
             ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
            ∧∧               
            (  ;)              
            |  ⊃      
          ..〜|  |目      
              .し`J       

371 :7/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:14 ID:tr+Qa3qA
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               |  と ぼ け る な 。
              \    
             ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ∧_∧                          
           (メ`∀´)  ____                                   
           (    .) /朝鮮組合/\                               
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                                    
        |                    |                 
                                  



            ∧∧    マジカヨ!!           
            (  ;)              
            |  ⊃      
          ..〜|  |目      
              .し`J       

372 :8/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:14 ID:tr+Qa3qA
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さんざん、なぐられた。大金を運ぶ役のだれかと、人違いされたらしい。
証明書や定期券など、通用しない世界だ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 
                 
          ショボーン
       
          ∧∧         
          (´・ω・`)                        
        〜(∩∩)        

373 :9/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:15 ID:tr+Qa3qA
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次の日になり、本物が出現したらしく、解放された。
道端でぐったりしていると、警察へ連行された。挙動不審で。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
In 留置所
                    |||||
                    |||||      
                    |||||  
                    ||||/          
                    |||/         
         ∧∧__.      ||/               
         (‐д‐)   )〜   |/          


374 :10/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:16 ID:tr+Qa3qA
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
眠らされず、交代で調べられた。やっと疑いが晴れ、パトカーで帰宅できた。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
           ナニモシテマセンヨ                    
                                 
            ∧∧         ∧_∧  ハァ(゚Д゚)?        
            (;゚д゚)        (´Д`  )              
            |  つ/ ̄ ̄ ̄ ̄/(    )              
           ( )> > > ̄| ̄ ̄| ̄ | | |                 
           ..||∪∪  .|    | ..(_(__)

375 :11/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:17 ID:tr+Qa3qA
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                |  なんということだ。週末の休みに静かな温泉地に行き、
                |  のんびりするつもりだったのに。
               \    
              ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              ∧∧              
             (‐Д‐)  ハァ‥        
              ⊂  |                          
            目|  |〜         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
             ..し´J            なにげなくテレビをつけると、ニュース。
                     
                           ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

376 :12/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:17 ID:tr+Qa3qA
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  予約し、宿泊するはずだった旅館だ。
                     
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                                
           __________                    
          |  _______  . |                    
          | |         |  |          
          | |         |  |               
          | |         |  |       
          | |         |  |              
          | |         |  |   
          |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  . |         
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                   
                  ∧_____________________
                /
                 |  昨夜おそく火災で全焼。
                 |  木造のため、ほとんどのお客は逃げられずに死亡。
                \______________________    END


377 :13/13 ◆ZqpWFm7w46 :03/06/28 19:19 ID:tr+Qa3qA
星新一の「つねならぬ話」より「第20夜 厄日」でした。
原作を少し省略しています…。

378 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 19:21 ID:KsyCZvDm
  _、_
( ,_ノ` )y━・~~~ オツカレ


379 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 20:32 ID:biJep23y
( ;゚∀゚)=3 ホッハー

380 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 20:42 ID:BewY17Pa
((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

381 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/28 22:52 ID:NZbwjmbg
行末の空白スペースは消しといた方がいいよ。

382 : ◆ZqpWFm7w46 :03/06/29 08:01 ID:49kZuGth
>>381
今度からそうしてみます…
助言サンクスです。

383 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/29 23:25 ID:OTP2640G
微妙にスレ違い気味だが、タイムマシンってあるらしいな。

宝塚記念、1人の男性がヒシミラクルの単勝を1222万円購入
http://www.sanspo.com/keiba/top/ke200306/ke2003062901.html

384 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/29 23:59 ID:BNFmydRV
この男の目的が気になる。
単なるパルプフィクションで済めばいいが…。

385 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/30 00:05 ID:zyeurtoF
一本気な博打うちでつなぁ

386 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/30 01:09 ID:IDJ8HqeF
何か遅いが
>20って原作を余り再現出来てないと思う。
最後に悪魔が笑って落ちるんだが、悪魔が金貨を取りすぎた事に対して嘲笑するっていう作品だったはず。
「自分のミスで割れた」それだけしか書けてないような。

387 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/30 02:22 ID:Sh21vC01
解釈ごとAA作者の作品ってことで良いではないか。

作品の寓意なんて、意外と作者自身でも掴みきれんもんだし。

388 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/30 17:14 ID:2owiXWTT
それは決め付けすぎ

389 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/06/30 20:45 ID:h4TcUF0j
>>386
俺は甲高い笑い声をあげているという表現なんて気にしてなかったよ。
ただ単に欲張りな間抜けな男の話かと思ってた。

と、まあこんな感じで人によって内容の取り方なんて千差万別。
特にショートショートはその度合いが強めに書かれているのでそう言うことを
議論し出すとキリがない。
どうしても議論したいなら
【脱IE】AA長編板 総合議論スレッド その壱拾参【鮫生娘】
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1041177068/
にでもいきましょう

つまらぬ議論は荒れる元。

390 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/01 10:44 ID:/fdq5jcj
>>389
そうね。
職人さんがいなくなるのは嫌だし。
ま、みなさん好きな解釈でどんどんAA作ってください。
そして発表してください。お願いします。

391 :殿さまの日:03/07/01 15:39 ID:GIlVpfsz
1/20

それは、漏れがまだ子供の頃のことだった
------------------------------------

  ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (TдT) < ウワァァン!!お金を落とした〜
 @_)  \________

392 :殿さまの日:03/07/01 15:41 ID:GIlVpfsz
2/20

 ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      ∧ ∧
< ちょっと房や       (・д・,) ?
 .\________  @_) 

393 :殿さまの日:03/07/01 15:42 ID:GIlVpfsz
3/20

  Λ_Λ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)< 私がお金をあげるよ!
 (    )  \____________
 | | |   j
 (__)_) jjj

394 :殿さまの日:03/07/01 15:42 ID:GIlVpfsz
4/20

        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ∧ ∧
        | ありがとう!おじちゃん名前はなんていうの?>(・∀・,)
  Λ_Λ   >――――――――――――――――――< (_@ 
 ( ・∀・)< 和泉甲蔵(いずみこうぞう)だよ         |
 (    )  \__________________/
 | | |
 (__)_)

395 :殿さまの日:03/07/01 15:43 ID:GIlVpfsz
5/20

 ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (・∀・,) < ありがとう、ねずみこぞうのおじちゃん!ばいばーい
 @_)  \________

  ∧_∧
 (    )ハァ?
 (O   )
 | | |
 (___(__)

396 :殿さまの日:03/07/01 15:44 ID:GIlVpfsz
6/20

   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ・∀・)< ね ず み こ ぞ う ?
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)

397 :殿さまの日:03/07/01 15:45 ID:GIlVpfsz
7/20

              そ う か
              /\        /\
              /:::::::ヽ____/::::::::ヽ、
             丿 ::.__  .:::::::::::::  __  ::::ヽ_
            / /。 ヽ_ヽv /: /。ヽ  ::::::ヽ
           / / ̄ ̄√___丶  ̄ ̄\  ::::|   
           | .:::::::::: / / tーーー|ヽ     ..::::: ::|
           | .:::::.  ..: |    |ヽ        ::|   
           | :::    | |⊂ニヽ| |      :::::| \
         / /| :    | |  |:::T::::| !      .::| \ \\
        / / \:    ト--^^^^^┤      丿 \\\ \\\
            「いずみこうぞう」を
            「ねずみこぞう」とききまちがえたのか!?
           

398 :殿さまの日:03/07/01 15:45 ID:GIlVpfsz
8/20

漏れはこのことを父親に話した
---------------------------
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ
  /   ,――――-ミ
 /  /  /   \ |
 |  /   ,(・) (・) |
  (6       つ  |
  |      ___  |   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      /__/ /  < 鼠小僧なんているわけねえだろ!
/|         /\   \__________
---------------------------
しかし父親は↑のように言って
まったく相手にしてくれなかった


399 :殿さまの日:03/07/01 15:46 ID:GIlVpfsz
9/20

それからすぐ漏れは建具屋に奉公に出された
あのことがなければ漏れは役者になれたかもしれない
あそこで人生の道が狂ったのだ
そして今では漏れは救急車の運転手だ
---------------------------------------------
        \ || /               
           ┌┬┬┬┐              
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、     
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ||    
   /.    ∧// ∧ ∧| || アヒャ || アヒャ .||    
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||(゚∀゚) ||(゚∀゚)||     
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||    
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|都立松沢病院 .|    .. 
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) 
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'      

400 :殿さまの日:03/07/01 15:47 ID:GIlVpfsz
10/20

そんな或る日 漏れは哀れな子供達を見つけた
----------------------------------------
        \ || /               
           ┌┬┬┬┐              
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、     
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ||    
   /.    ∧// ∧ ∧| || アヒャ || アヒャ .||    
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||(゚∀゚) ||(゚∀゚)||     
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||    
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|都立松沢病院 .|    .. 
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) 
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'   
アイゴー  アイゴー
  ∧ ∧  ∧ ∧ 
 (TдT)  (TдT)
 @_)  @_)


401 :殿さまの日:03/07/01 15:48 ID:GIlVpfsz
11/20

おい、どうした、おまいら?
-------v--------------
        \ || /               
           ┌┬┬┬┐              
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、     
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ||    
   /.    ∧// ∧ ∧| || アヒャ || アヒャ .||    
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||(゚∀゚) ||(゚∀゚)||     
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||    
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|都立松沢病院 .|    .. 
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) 
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'   
あのね、火事で家が焼けちゃったの
-------v----------------------
  ∧ ∧  ∧ ∧ 
 (TдT)  (TдT)
 @_)  @_)
  

402 :殿さまの日:03/07/01 15:49 ID:GIlVpfsz
12/20

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
---------------v------------------------
        \ || /               
           ┌┬┬┬┐              
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、     
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ||    
   /.    ∧// ∧ ∧| || アヒャ || アヒャ .||    
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||(゚∀゚) ||(゚∀゚)||     
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||    
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|都立松沢病院 .|    .. 
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) 
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'   
アイゴー  アイゴー
  ∧ ∧  ∧ ∧ 
 (TдT)  (TдT)
 @_)  @_)

403 :殿さまの日:03/07/01 15:54 ID:GIlVpfsz
13/20

これで好きなもの買えよゴルァ!
---------------v-------------------
        \ || /               
           ┌┬┬┬┐              
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、     
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ||    
   /.    ∧// ∧ ∧| || アヒャ || アヒャ .||    
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||(゚∀゚) ||(゚∀゚)||     
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||    
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|都立松沢病院 .|    .. 
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) 
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'   

  ∧ ∧  ∧ ∧    j
 (・д・)   (・д・)   jj
 @_)  @_)  jjj




404 :殿さまの日:03/07/01 15:55 ID:GIlVpfsz
15/20

        \ || /               
           ┌┬┬┬┐              
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、     
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ||    
   /.    ∧// ∧ ∧| || アヒャ || アヒャ .||    
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||(゚∀゚) ||(゚∀゚)||     
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||    
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|都立松沢病院 .|    .. 
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) 
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'   

  ∧ ∧  ∧ ∧    j    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (・∀・)   (・∀・)   jj  < おじちゃんありがとう!!
 @_)  @_)  jjj   \∧_________
                   /
                   | いいってことよ 

405 :殿さまの日:03/07/01 15:56 ID:GIlVpfsz
16/20

          \        /
             /  ̄ \
.         ─  |     |  ─
             \ ∩ /
          /   [ホ]   \

            ヒ       .ヒ
            / ・@     / ・
           ./  .・Q__/  .・
         /             \
         |  ・ l ̄ ̄l ・       |
         |      |---- |           |
         |    l     l    、、   |
         \            /

      \/   \  _|_ ll  | ̄ ̄|
      /   ──、   | _   |__|
       ̄て    /   | _.    □



406 :殿さまの日:03/07/01 15:57 ID:GIlVpfsz
17/20

漏れは、鼠小僧って名前だよ
---------------v------------------------
        \ || /               
           ┌┬┬┬┐              
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、     
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ||    
   /.    ∧// ∧ ∧| || アヒャ || アヒャ .||    
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||(゚∀゚) ||(゚∀゚)||     
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||    
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|都立松沢病院 .|    .. 
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) 
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'   

  ∧ ∧  ∧ ∧    j
 (・∀・)   (・∀・)   jj
 @_)  @_)  jjj
――――――――――――――――――――――――――――――――
どうだ、ざまあみやがれ。鼠小僧は、いまや確実に存在するのだ。
このときを境に、漏れの人生が確立した。
およそ趣味道楽の中で、金を恵むと言うことほど、豪華にして傲慢、楽しく強烈なものはない。
漏れはその味を占めてしまった。

407 :殿さまの日:03/07/01 15:58 ID:GIlVpfsz
18/20

        \ || /               
           ┌┬┬┬┐              
     ―――┴┴┴┴┴―――――.、     
    ./.  ̄ ̄ ̄//. ̄ ̄| || ̄ ̄ ̄|| ̄ ̄ ||    
   /.    ∧// ∧ ∧| || アヒャ || アヒャ .||    
  [/____(゚_//[ ].゚Д゚,,) ||(゚∀゚) ||(゚∀゚)||     
  ||_. *  _|_| ̄ ̄ ∪|.|.       |ヽ.  _.||    
  lO|o―o|O゜.|二二二 |.|都立松沢病院 .|    .. 
  | ∈口∋ ̄_l__l⌒l_|_____|_l⌒l__..|| ≡)) 
    ̄ ̄`ー' ̄   `ー'  `ー'    `ー'   
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧_∧
  ( ´∀`)< 最近、鼠小僧っていう子供に優しい奴がいるそうだよ (´∀` )ふーん
  (    )  \__                             (    )
  | | |                                    | | |
  (__)_)                                   (___(__)


408 :殿さまの日:03/07/01 15:59 ID:GIlVpfsz
19/20

           ┌┬┬┬┐
  .―――――┴┴┴┴┴―――、       ______________
 || ̄ ̄ ̄||  ̄||| ̄ ̄ ̄|| | ̄ ̄ヽ     /
 || アヒャヒャ| |  ||| アヒャ || |_∧  ヽ   /
 ||(・∀・)_| |・∀||(・∀・)|| |  *)  [ ] <  ・・・・・・・・・・。
 ||_ ̄ ̄_|_|_/ | ̄ ̄ ̄.|| | ̄ ̄ ̄ ||  \_____________
  l O| ―-.|O゜| 東京精神病|.|院 ニニ .||
  |_  ̄口 ̄  l_l⌒l|____|.|l⌒l_||_|__|  ブロロ-‥‥
   `ー' ̄ ̄ ̄`ー'   `ー'   `ー'

                                        了


409 :あとがきおよび訂正:03/07/01 16:01 ID:GIlVpfsz
20/20

>>37-45の新作、星新一「殿さまの日」です。
これは星新一マイベストですが、「処刑」もイイ!ですね。>>132-224さんの作品気に入りました。
今度は筒井康隆を作ってみようと思います。

それと、15/20が無いようですが、あまり気にしないで下さい。ただのミスだと思います。

410 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/01 16:36 ID:vSvoJauV
乙でつ〜!

411 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/01 18:24 ID:LLNRShfr
おつかれさま。

いや、野暮は言いたくないんだけど、これ、突っ込んでしまっていいのかな。
これ、「殿様の日」でないし(作品集『殿様の日』のなかの「ねずみ小僧次郎吉」)、
内容もカットされて別物だし(いや、長いから仕方ないんだけど)、
マイベストって書いてあるから分かってやってるんだろうけど、
なんか釣られてるような気もするんだけど、こういう解釈を楽しむべき、…なのか?

412 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/01 20:01 ID:+H8BSRNM
おつ。
でも、よくわかんなかった。
>>399

>あのことがなければ漏れは役者になれたかもしれない
>あそこで人生の道が狂ったのだ

ってとこが特に。

413 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/01 21:16 ID:RJA9VbDk
なんか「星新一が書いたんだったらショートショートだろ」って
思っているようなので言っておくけど…


こ  れ  短  編  だ  か  ら  。


省略したら意味不明だから。

414 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/01 22:01 ID:mbUUz7wI
あとがきの本文1行目が一番よくわからなかった・・・(w
とりあえず乙。
これ一回読んだことあるんだけど・・・ もう忘れてるなぁ。

415 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/01 23:31 ID:HkfnQW76
SSを掻い摘んでAAで表現するのは難しいってことですな。
内容の取捨選択は結構難しいし。
おつかれさま、次もガンガレ!!

416 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/01 23:49 ID:2K9mTpaK
ショートショートではない、っていうとこが問題だろ

417 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 00:03 ID:jChfEa3N
つーか、話はあそこで終わってないから。
かなりおいしいサゲがあるんだけれど。

とりあえず、原作を読んでほしいな。そのきっかけになるとすれば、
この作品でも、まあ良し、ということなんだけども。

418 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 07:52 ID:VP1sgPeH
議論厨うぜー

419 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 09:39 ID:dbXiM8z3
うぜーから議論すんなよカスどもが

420 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 10:16 ID:UNPleKlb
お前らも議論で議論するな

421 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 13:33 ID:EPvzZ7qS
とりあえず乙。
タイトルのミスは( ゚Д゚)ポカーン…
今後の精進に期待(偉そうスマソ)

422 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 17:44 ID:35xploiC
>どうしても議論したいなら
>【脱IE】AA長編板 総合議論スレッド その壱拾参【鮫生娘】
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1041177068/
>にでもいきましょう

>つまらぬ議論は荒れる元。

毎回これを張らねばなりませんか?

423 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 18:24 ID:+jV3qt0j
作品だけ読んでその他のレスは読み飛ばせるようになればプロ。

424 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 19:16 ID:vP3+W5vC
>>422
そのスレ使われてないから意味無いじゃん…

425 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/02 23:33 ID:eI7UcKx6
てかこれは議論じゃなくて批判だろ?

426 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 05:48 ID:WfXVt2R9
まぁまぁ、みんなママーリいこうぜ。
人が作ったAA作品に納得がいかないヤシは、
自分で完全版をつくって公開すればOK。
雰囲気悪くなって職人さんがいなくなるのとか寂しいよ(´・ω・`)

427 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 09:19 ID:k2vNL+8d
すまん、ママーリにワロタ

428 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 11:09 ID:HiTXoMSG
俺もママーリ

429 :391-409:03/07/03 12:08 ID:lIQWssZv
タイトルミスった・・・
というよりみなさんの言う通りこれ原典読んでないです・・・あるテキストに載ってたんですが、一部だけだったんですね。
ども、お騒がせしました

430 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 13:37 ID:Azo5Qp82
429ママーリ汁!

431 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 19:23 ID:5C35zC5N
  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ・∀・)< ママーリしようよ♪
 (    )  \_______
 | | |
 (__)_)

432 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 19:35 ID:9vCu9N0f
ママーリ(・∀・)イイ!!

433 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 19:43 ID:lHVMRsdB
新たな2ちゃんねる用語の誕生の瞬間に立ち会った気がする。

434 : ◆ZqpWFm7w46 :03/07/03 20:00 ID:9cuTxX9l
ママーリ(*´∀`*)
何か、雰囲気が和んだね。

435 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/07/03 20:53 ID:MPvXARMh
水を差すようで悪いがママ―リは結構タイプミスしてるやつがいるよ。

436 :426:03/07/03 21:52 ID:UMWTVSQT
Σ( ̄□ ̄
ママーリって普段から使ってるの俺だけ・・・?
まぁ和めばヨシですよヽ(´ー`)ノ

>429
原作も読んでみたくなったので探してみまつ。
筒井康隆も期待してるのでがんがれ〜。

437 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 22:15 ID:DfA8N9MQ
まぁまぁみんな




     ま   ま   ー   り   し   よ   う   よ

438 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/03 22:41 ID:P+2Kqm44
ままーりあげ

439 :んあなし:03/07/03 23:18 ID:tjA47vS8
   
糞 ____________________________________________  良
                      ママーり語
     88彡ミ8。   /)         
    8ノ/ノ^^ヾ8。( i )))        
     |(| ∩ ∩|| / /   <ココ!
    从ゝ__▽_.从 /
     /||_、_|| /
    / (___)
   \(ミl_,_(
     /.  _ \
   /_ /  \ _.〉
 / /   / /
(二/     (二)


440 :ななし:03/07/03 23:23 ID:tjA47vS8
ままーら
ままーり
ままーる
ままーれ
ままーろ



まだん活用


441 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/04 00:49 ID:BKT8mFvr
ママーリtank you

442 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/04 05:41 ID:f33vqz75
探求age

443 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/04 05:56 ID:8FKd44GJ
ママーリって言葉の響きがイタリアっぽいな。
>>444
ヘタリアってゆ〜な。

444 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/04 06:05 ID:2dNusubu
言ってやるよ
ヘタリア

445 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/04 16:18 ID:sLZQiHkF
┌―――――――――――――─―─―
│次はヘタリア抜きでやりたいものですな
└─v───────────────‐
 日 M [] 0 U U M
======〃∧_∧=
 U ∩    %( - _ - )
__ ∧ ∧__∧_∧__.)_ ┌───
  (   ,,)日(    )∇ < ・・・・・・
― /   |―-(    )―― └───
\(__.ノ   ━┳━)
 ━┳━   └┃―・゙
 ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ┻ ̄ ̄ ̄ ̄

446 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/04 21:43 ID:nFSDcno8
ママーリage


447 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/04 22:00 ID:AorRf1L4
だれも書きこまねえな・・・

  まあ、ママーリいきますか。

448 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/04 22:56 ID:Q+sWySOn
http://websearch.yahoo.co.jp/bin/query?p=%a5%de%a5%de%a1%bc%a5%ea&hc=0&hs=0
ホントいっぱいあるな

449 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/05 17:41 ID:bKJNwnie
テンプレにモララーのビデオ棚(だっけ)のURL貼り付けて欲しいな・・
てか おしえれ

450 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/05 19:10 ID:i8DXPVz0
>449
ほれ
ttp://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/4606/

451 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/05 19:12 ID:e3SHDcHs
>>449
自分で探そう。答えはすぐ近くにあるものだ

452 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/05 23:03 ID:Rr57NN5W
>449
http://www.google.co.jp/
からモララーのビデオ棚っていれて検索汁
教えて君はスレが荒れるし
た叩かれるよ

453 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 06:47 ID:cdrajepo
っていうか、何ゆえにテンプレにURLが貼られてないの?

454 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 09:03 ID:LYwJdi2g
何で貼る必要があるのかよく分からないんですが……

455 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 10:27 ID:cfigIxTd
何で貼っちゃいけない理由があるのかよく分からないんですが……


456 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 12:30 ID:UwzX+GW0
貼る必要性がないと思うのですが?

457 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:52 ID:yBs5/SRH
1/8

ある警察署の一室。机をはさんで二人が向かい合っていた。
ひとりは刑事。ひとりは四十歳をちょっとすぎたぐらいの男。
その男は頭を下げながら、早口にしゃべった。

  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |うちの息子が、こちらにつかまったと聞きましたので、急いで
  |やってきたのです。なにかの間違いでしょう。うちの子に限って、
  |警察のやっかいになるようなことを、するはずがありません。
  \
     ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      .∧_∧               ∧∧  .  |    │
      (;´Д`)              (Д゚ )──┴──┴-,,
     .( ∪ ∪ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ (| と)          .\
     | | /           .□ \|  |\
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |みなさん、同じようなことをおっしゃいますが、犯罪は犯罪です。
    |それを取り締まるのが我々のつとめです。
    \_________________________


458 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:53 ID:yBs5/SRH
2/8

刑事は冷静に言った。いちいち感情を表していたら、つとまらない
仕事だ。しかし男は簡単には引き下がらない。
男は身を乗り出して話していたが、ついには立ち上がって刑事の
そばにより、服をなでながら熱心にたのんだ。


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|うちの子に犯罪など出来るわけがありません。しかし、まあ、かりにですよ、
|何かやったとしても、うちの子のことです。悪気があってしたじゃないはずです。
|そうにきまっています。ひとつ、穏便にお願いしますよ。どうかあなたの
|お口ぞろえで…。

   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

               ..∧__∧  .∧∧
               ( ;´∀) ..(゚Д゚ )
                (   づ)(|  |)
          (((   ) ) ) |  |〜
               (_)__)  .し`J
                        |\
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|そう勝手なことをおっしゃらないように。事件をご説明します。おたくの
|お子さんはスポーツカーを運転し、スピード違反をしたうえ、道路標識に
|ぶつけてそれを壊した。これをパトカーに目撃されたのです。
\_____________________________

(;´∀`)「金に余裕があったので、車を買ってやりました軽率だったかもしれません。
      しかしその程度の事なら、何も捕まえて留置することもないでしょう。
      他人を傷つけたわけでもないのにひどいじゃありませんか。」
 (゚Д゚ ) 「それはそうです。それだけならたいしたことないのですが、息子さんは
      その先がいけない。職務質問しようとした警官に、見逃してくれといって、
      お金を渡そうとした。この点ですよ。警官を買収しようとすることは、
      言語道断です。署に留置したのは、そのためです。」
(;´д`)「はぁ……。」

459 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:54 ID:yBs5/SRH
3/8

刑事は煙草を吸おうとし、ポケットに手を入れ、妙な表情になった。
何かが指先に触ったのだ。引っ張り出してみると、厚い札束。


       ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
      <なんでこんなものが…!?   >
       VVVVVVVVVV∨∨∨∨∨

           ∧∧     +
         ( ゚Д゚) [1000]]]
           と  つ

 (゚Д゚ ) 「ははあ、さっき、ポケットに押しこんだんですな。どうも
      そぶりがおかしいと思った。」
(;´д`)「はぁ……。」
 (゚Д゚#) 「なんということです。刑事の買収をたくらむとは。けしからん。
      まったく、この親にしてこの子ありです。見のがすことはできない。
      留置場へすぐ入ってもらいます。お宅へはこのことを署から
      電話してあげます。」
(;´д`)「はぁ……。」

男はあわれな顔つきになった。いやおうなしで、もはやじたばたしてもだめなのだ。

460 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:55 ID:yBs5/SRH
4/8

男を留置場へ入れたあと、刑事がこの件についての報告書を作っていると、
所長からちょっと室に来てくれとの連絡があった。

                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      | なんでございましょう。
                _____________ \
              . |   .| //|    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
     _____   |   .| / .|
 彡ミ  | |  ∧_∧|   . ̄ ̄ ̄ ̄     ∧∧        
  |ヽ  | | ( ´ー`)     ,-----、    (゚Д゚ )
  |ヽ  | | (     )    (/◎\)   と  つ     
  ⊥  |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―─┬    |  |〜
  |__|   ◎ ̄| ̄| ̄ ̄署長 ̄|___.|   .  し`J

( ´−`)「きみは少し前に中年の男を留置したかね?」
 (゚Д゚ ) 「? はい。いま報告書を作っているところです。上流社会の人のよう
      ですが、何しろ現行犯でしたので。しかし、そのことで何か…?」
( ´−`)「じつは、いま七十歳ぐらいの老人がここへたずねてきた。品のいい紳士で
      大きな会社を経営してるという。きみが留置した男の父親だそうだ。
 (゚Д゚ ) 「事情を知ろうとして、あわてて飛んできたのでしょう。わたしのところへ
      回して下さればよかったのです。」
( ´−`)「いや、ここに入ってくるなり、とたんに彼は話しはじめたのだ。うちの子に
      限って悪いことをするはずがない、なにかの間違いでしょうと言う。わたしは、
      警察は理由もなく人を逮捕しないと答えておいた。」
 (゚Д゚ ) 「それで納得してくれましたか?」
(#´−`)「するとだ、札束をそっとわたしに差し出し、穏便にはからってくれと言う。
      困ったものだ。」
 (゚Д゚ ) 「そうでしたか。うむ。となると、これは遺伝的なもののようだ…。」

461 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:56 ID:yBs5/SRH
5/8

刑事はこれまでのいきさつを説明した。警官を買収しようとした少年。刑事である
自分を買収しようとしたその父親について…。

       r――――――――――――――――――――――――――――
       |なるほど、そうだったのか。わたしもそうしたよ。すぐ署員を呼び
       |現行犯で逮捕し留置させた。老人で気の毒だが、金で警察を
       |左右しようというのは許せないことだ。このような精神は反省させるため、
       |留置場に入ってもらうのだ。当然の事だ。
       └――v――┬――――――――――――――――――――――
               | そうですとも。やむをえないことです…。
               └―――――y―――――――――――‐

                _____________ 
              . |   .| //| 
     _____   |   .| / .|
 彡ミ  | |  ∧_∧|   . ̄ ̄ ̄ ̄     .∧∧
  |ヽ  | | (#´ー`)      ,-----、    (゚Д゚#)
  |ヽ  | | (     )    (/◎\)   と  つ
  ⊥  |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―─┬    |  |〜
  |__|   ◎ ̄| ̄| ̄ ̄署長 ̄|___.|   .  し`J

462 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:57 ID:yBs5/SRH
6/8

刑事と署長はともに憤慨した。警察を甘く見るにもほどがある。買収計画は
いずれも不成功で、さほどの罪にはならないかも知れぬが、その心構えが
よくない。こんな風潮を一掃するためにも、ここで一罰他戒を行わなければならぬ。
話しあっていると、机の上の受話器がなった。署長が出る。

          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          |はぁ…。さようでございますか。しかし…。はぁやむをえません。
          |そのようにいたしましょう………。
          \
             ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄

                _____________ 
              . |   .| //| 
     _____   |   .| / .|
 彡ミ  | |  ∧_∧D    . ̄ ̄ ̄ ̄    .∧∧
  |ヽ  | | (;´−`)○     ___      (゚Д゚ )
  |ヽ  | | (    )D……/◎\     (|  |)
  ⊥  |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―─┬    |  |〜
  |__|   ◎ ̄| ̄| ̄ ̄署長 ̄|___.|   .  し`J

463 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:58 ID:yBs5/SRH
7/8

                      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |何か起こったのですか?
                _____________ \
              . |   .| //|    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄
     _____   |   .| / .|
 彡ミ  | |  ∧_∧|   . ̄ ̄ ̄ ̄     .∧∧
  |ヽ  | | (;´−`) ガチャン ,-----、   (゚Д゚;)
  |ヽ  | | (    つ  (/◎\)   と  つ
  ⊥  |  ̄| ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|―─┬    |  |〜
  |__|   ◎ ̄| ̄| ̄ ̄署長 ̄|___.|   .  し`J

            |\
      / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |上からの命令だ。今の老人とその息子と孫とを、すぐに釈放して
      |やってくれというのだ。政界上層部の有力な筋からの依頼で、
      |どうにも断りきれないことなのだそうだ…‥。
      \________

 (゚Д゚#) 「……。」

(#´−`)「……。」


464 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:58 ID:yBs5/SRH
8/8
     r―――――――――――――――――――――――‐
     |そうだ。まだ上があったんです。少年が取り調べの時に
     |言ってましたよ。曽祖父は九十歳を越えているがまだ
     |元気だ、と。その名前、どこかで見たようだなと感じましたが、
     |やっと思い出しましたよ。
     └――v――┬―――――――――――――――――
             |何をやっている人だ。
             └―――――y―――――――――――‐
            
   、l ,       .       _____ 
   ∧∧               |∧_∧. | | ..彡ミ 
  ( ゚Д゚)     ..,-----、   . (´−` ) .| |  /|  
  と   つ    .(/◎\)   (     ) | | ./|  
 〜|  |     ┬─―| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄| .⊥  
   し`J  .    |.___| ̄署長 ̄ ̄| ̄| ̄◎.|__|

       |\
 / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |新聞や雑誌などで、政界の裏面を扱った記事があると、よく
 |その名前ガ出てきます。政界の黒幕といわれる大物なのだそうです。
 \___________________________

                                           糸冬

465 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 16:59 ID:yBs5/SRH
星 新一の『ひとにぎりの未来』から「うちの子に限って」でした。

466 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 17:01 ID:hfRzM0XC
ひさびさに作品キター
結構好きな話なんでうれしいねこれ

467 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/06 17:43 ID:tWtjpCZU
ひさびさで乙!
結構タイムリーな話かも知れないな。

468 :再会:03/07/08 12:55 ID:YBeqNP+3
「あれ?」
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |

「え?」

469 :再会:03/07/08 12:55 ID:YBeqNP+3
「ーーーーまさか」
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |
     |      ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::     |

「ひょっとして・・・・・」

470 :再会:03/07/08 12:56 ID:YBeqNP+3
Λ_Λ 
( ・∀・)「お前モナーか?」
        ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::
       ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::::
        ::::::::::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;:::::::::::::::

         Λ_Λ
              (´Д`)「お前はモララーモナ?」

471 :再会:03/07/08 12:56 ID:YBeqNP+3
 ∧_∧
( ・∀・)「そうだよ間違いない、俺はモララーだ」


 ∧_∧
(´∀` ) 「やっぱり、俺はモナーだ。ひさしぶりモナ」

472 :再会:03/07/08 12:56 ID:YBeqNP+3
  ∧_∧
( ・∀・)「もう十年は経つよなぁ・・・本当に久し振りだよなぁ」

  ∧_∧
(´∀` )「お互いあんまり変わってないモナ・・・」

473 :再会:03/07/08 12:57 ID:YBeqNP+3
 ∧_∧
( ・∀・)「まったくだ。子どもの頃、家の近くの空き地で遊んだよなぁ」

   ∧ ∧       ∧ ∧     
    ( ・∀・)      (´∀` )  v  
(( @(_ __ノ,,,, v ,,,,, ( __丿@,,,, v ,,,, v,
v,,,, ,v ,,,,,v ,,,,,,,, ,,,,,,, v ,,,,,, v ,,,,, v

474 :再会:03/07/08 12:57 ID:YBeqNP+3
 ∧_∧
(´∀` )「学校で立たされたこともあったモナ」

________________________________


==============================              __
   ┌──┐        ┌──┐ |   __________  |5-2 |
   │三三│  □□  │三三│ |    |┌──┐|┌──┐|   ̄ ̄
   │三三│  □□  │三□│ |    |│    │|│    │|ワイワイ .__
   │三三│  □□  └──┘ |    |│    │|│    │|    ||イ.||
   └──┘           |    |└──┘|└──┘|ガヤ ...||`||
==============================    |        |        | ガヤ...||!||
             .          |        |        |    ||_||
_________________|____|____|______
  ∧ ∧  
  (,,´Д`)
〜(___ ノ

475 :再会:03/07/08 12:57 ID:YBeqNP+3
∧_∧  ∧_∧
( ・∀・) (´∀` ) 「なつかしいなぁ・・・」

476 :再会:03/07/08 12:57 ID:YBeqNP+3
2人は薄暗い鉄格子の中で思い出話に花をさかせるのであった・・・・

  、i,.  /| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ヾゝ彡/::::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|
 ミ`;ノゝ::::::::::|                    |
ミミ;゙i彡´:::::::::::| [] [] [] [] [] [] [] [] []  .|
 ゙''|il|:::::::::::::::::|                     |



477 :再会:03/07/08 12:59 ID:YBeqNP+3
ショートショートの広場8 より 再会でした。
下手ですいません。m(_ _)m

478 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/08 13:05 ID:iX2R+hYP
>>477
オツカレ。

479 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/08 13:06 ID:ZZXJPVHn
>>477
( ゚∀゚ )つ旦~~

480 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/08 14:07 ID:xztxI1jy
勝手に修正
がんがろう。漏れもAAがんがる。
________________________________


==============================                 __
   ┌──┐        ┌──┐ |   __________  |5-2 |
   │三三│  □□  │三三│ |    |┌──┐|┌──┐|   ̄ ̄
   │三三│  □□  │三□│ |    |│    │|│    │|ワイワイ .__
   │三三│  □□  └──┘ |    |│    │|│    │|    ||イ.||
   └──┘      .        |   |└──┘|└──┘|ガヤ ...||`||
==============================    |        |        | ガヤ...||!||
                            |        |        |    ||_||
_________________|____|____|______


    ∧ ∧        ∧ ∧     
    ( ・∀・)      (´∀` )  v  
(( @(_ __ノ,,,, v ,,,,, ( __丿@,,,, v ,,,, v,
v,,,, ,v ,,,,,v ,,,,,,,, ,,,,,,, v ,,,,,, v ,,,,, v



481 : ◆ZqpWFm7w46 :03/07/08 17:45 ID:svQ/2cHH
  ∧_∧
  (´∀` )「学校で立たされたこともあったモナ」

________________________________


==============================                    __
   ┌──┐        ┌──┐ |   __________  |5-2 |
   │三三│  □□  │三三│ |    |┌──┐|┌──┐|   ̄ ̄
   │三三│  □□  │三□│ |    |│    │|│    │|ワイワイ .__
   │三三│  □□  └──┘ |    |│    │|│    │|    ||イ.||
   └──┘                 |    |└──┘|└──┘|ガヤ ...||`||
==============================    |        |        | ガヤ...||!||
                  .             |        |        |    ||_||
_________________|____|____|______
  ∧ ∧  
  (,,´Д`)
〜(___ ノ

勝手に修正をさらに修正…。
あっさりとした話はショートショートらしくて良いですね。

482 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/09 00:49 ID:3OI/bjOd
すっきりしてて(・∀・)イイ話だったけど
ちょっとズレが気になった(特に学校の廊下)
AAEとかギコペとかEDITは使ってる?
もし使ってないならグーグルで検索して使ってみな
けっこうズレがなくなるはず
がんがれ

483 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/09 00:54 ID:3OI/bjOd
Edit
ttp://www62.tok2.com/home/edit/

484 :ダンボール:03/07/09 18:43 ID:dsnvLNUt
ここって、おもしろいな

485 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/09 21:13 ID:sU1EbKva
>>484
ダ、ダンボールさん!?

486 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/09 22:48 ID:yHG5YHOQ
>>484-485
激しく環呂蛇。

487 :ダンボール:03/07/10 20:37 ID:8yXqeE2c
>>485
何か問題でも?

488 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/11 10:15 ID:3IUkfDm7
いや、何も問題ない
きっとダンボール箱を創造した人はダンボールって名前だったんだろうし




―――なんて、適当なことをほざいてみるテスト

489 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/11 19:37 ID:vjNxv7rH
突然ダンボール

490 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/11 20:13 ID:U6jMfFOq
>488
それは段になったボール紙から来たと思われ。

491 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/11 20:58 ID:vBhEl9jn
じゃボール紙はボール氏が・・・

492 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/11 22:41 ID:xBdqWLj0
ボール紙のボールは









実は「ボード」の間違いだった。


補足トリビア
ミシンはマシーンの聞き間違いでもある。


493 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/11 23:13 ID:/y0+znBf
>>492
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー 15ヘぇ

494 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/12 08:35 ID:H1O6d7AE
段板紙・・・

495 :山崎 渉:03/07/12 10:48 ID:DI6cCnJB

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

496 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/12 12:42 ID:DVu+I7Lq
>>492
(´・∀・`)ヘー

497 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/12 22:55 ID:Esi4dyAC
(・∀・)おー

498 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 02:49 ID:xA6TcCOK
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー
10000000へぇ

499 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 05:06 ID:BY9EpHyW
( ・∀・)つ〃∩ age age age

500 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 06:20 ID:8SdAnKQa
500(σ・∀・)σゲッツ

501 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 13:31 ID:YjyDM4G6
青いワイシャツは






語源的には矛盾している。

補足トリビア:ワイシャツはホワイトシャツの聞き間違い。

502 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 15:30 ID:IyMZ9is+
>>501
そうだったのか。首のまわりがYの字に似ているからだと思いこんでた。

503 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 18:33 ID:K4Bc+Fql
漏れも。

504 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 18:43 ID:JO4JE7eU
>>502-503
違うだろ


>>501
34(´・∀・`)へー

505 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 18:53 ID:6zA9mzWs
初カキコです。
15コマ投下して良いですか?

506 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 18:57 ID:UEMHOeH3
>505
どぞ。頑張って。

507 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 18:57 ID:uyHt54Vg
ゼヒゼヒ

508 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:06 ID:hNEYfVnJ
コナイー

509 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:07 ID:6zA9mzWs
1/15

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ばかばかしいね。僕は絶対信じない。

 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (゚ー゚*)
  ⊂  ⊃        ∪∪|
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
___________|\_______

あら。そんなに強調するのは信じている証拠よ。
本当は怖いんじゃなくって?
____________________


510 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:08 ID:6zA9mzWs
2/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
僕は君と違って、目で見た事しか信じられないのさ。
むしろそんなものを怖がることのできる君がうらやましいね。
君は怖がることを楽しんでいるようだからね。

 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧_∧         ∧∧
  (,,-Д-)        (゚O ゚*)
   ∪ ⊃        ∪∪|
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
___________|\___

まあ。どうしてそう思うの?
_______________


511 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:08 ID:6zA9mzWs
3/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
怖い話を聞いたりして震えている時の君が一番魅力的だからさ。
そんな君が見たくて、わざわざこんな真夜中についてきたんだ。

おや。変だぞ。

 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (゚ー゚*)
  (|  ⊃        ∪∪|
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
___________|\___

どうしたの。
_______________

512 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:09 ID:6zA9mzWs
4/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今のセリフ、さっきも言ったような気がするんだがな。

 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (;゚Д゚∩        (゚ー゚*)
  (|   ノ         (|  .|)
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
___________|\_____________

さあ、覚えてないわ。
ところで、あなた本当にこの土地の言い伝えを信じていないの。
__________________________


513 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:09 ID:6zA9mzWs
5/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ああ。
ここみたいに昔処刑場のあったような場所には、
何かしら迷信がつきまとっているものさ。
たいていは、インチキだよ。

 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (゚ー゚*)
  ⊂  ⊃        ∩∩|
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
___________|\___

そうでもないわ。
この近所でつい最近あったのよ。
_______________

514 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:10 ID:6zA9mzWs
6/15




     ,__
    /  ./\
  /  ./( ・ ).\
/_____/ .(´ー`) ,\
 ̄|| || || ||. |っ¢..||
  || || || ||./,,, |ゝ||ii~
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸       アヒャ
               ヽ=@=ノ    ヽ=@=ノ アヒャヒャ
                ( ゚∀゚)     (゚∀゚ )
               ./| ̄Уフつ  ⊂「.У ̄|ヽ
               ∪=◎=|     |=◎=∪
               .((__)_) ≡ (_(__))
_________________________________

まだ若い駐在さんが定時のパトロールに出たきり、いつまでも帰ってこないの。
同僚が心配して、この祠のあたりまで来てみると
例の駐在さんが放心したように歩いていたというわけ。
それも同じ場所をぐるぐるまわっていたというのよ。


515 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:10 ID:6zA9mzWs
7/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
本人はどういうつもりだったんだ。

 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (゚ー゚*)
  ⊂  ⊃       ⊂ ∪|
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
___________|\_______

本人は署に帰ろうとして必死だったというの。
でもいくら歩いても、もとの道に戻ってしまう。
もし誰もこなかったら永遠に歩き続けていたでしょうね。
きっと狐のしわざよ。
_______________________
___/|____

なに。狐だって?
_________

516 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:11 ID:6zA9mzWs
8/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
同じ例が古い文献にも出ているの。
狐にとりつかれた旅人は、片足が何寸か短くなってしまう。
そのため本人はまっすぐ歩いているつもりでも
弧を描いて歩くことになるの。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧          ∧∧
  (,,^Д^)         (゚ー゚*)
  (|  |)         ∪ .|)
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
__|\______________

ははは。コンパスみたいなもんだ。
君は本気でそんなことを信じているのかい。
__________________


(゚ー゚*)<不思議なことはまだあるわ。
     この近くの分校に座敷わらしが出るのよ。

(,,゚Д゚)<なに。座敷わらしだって。

517 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:11 ID:6zA9mzWs
9/15



          || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
          ||             ∧_∧  アラ、ヒトリオオイワネェ…?
          ||            (゚o ゚*)
          ||________□⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ

『分校の朝礼で、数の少ない生徒たちの点呼をしたの』

『それで』

『生徒の数が、一人殖えている』

『よけいなものが、混じっている』

518 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:12 ID:6zA9mzWs
10/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
その一人が座敷わらしというわけ。
不思議な話は、もっとある。

 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (´o`*)
  ⊂  ⊃        ∩∪|
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
___________|\___

もう飽きてきたわ。
_______________

519 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:12 ID:6zA9mzWs
11/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
たとえば真夜中に男と女が二人きりで話をしているんだ。
あたりには誰もいない。それなのにだよ。
いつの間にかその会話に、何か別のものがはいりこんでいる。
それなのに二人は気がつかない。

 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (゚ー゚*)
  ⊂  ⊃        ∪∪|
 〜|  |          |  .|〜
   し`J          .∪∪
___________|\___

やな話ね。
_______________
__|\_____________________

しかも二人はいつの間にか、中身をすり替えられている……
_________________________


520 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:13 ID:6zA9mzWs
12/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
それも狐や座敷わらしのせいだっていうの。
ばかばかしいわ。私は絶対信じない。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (^ー^*)
  .|∪∪        ⊂  ⊃
 〜|  |          |  .|〜
   し`J         .∪∪
__|\________________

おや、そんなに強調するのは信じている証拠だよ。
本当は怖いんじゃないのかい?
____________________

521 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:13 ID:6zA9mzWs
13/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
私はあなたと違って、目で見たことしか信じられないのよ。
むしろそんなものを怖がることのできるあなたがうらやましいわ。
あなたは怖がることを楽しんでいるようですものね。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (゚ー゚*)
  .|∪∪        ⊂ ∪
 〜|  |          |  .|〜
   し`J         .∪∪
__|\____________

おや、どうしてそう思うのかね。
_______________


522 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:14 ID:6zA9mzWs
14/15



 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
怖い話を聞いたりして震えている時のあなたが一番魅力的だからよ。
そんなあなたが見たくて、わざわざこんな真夜中に……

あら、変ねえ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄
   ∧∧         ∧∧
  (,,゚Д゚)         (゚o ゚*)
  .|∪∪        ⊂  |)
 〜|  |          |  .|〜
   し`J         .∪∪

523 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:14 ID:6zA9mzWs
15/15




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今のセリフ、さっきも言ったような気がするんだけど……


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





524 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:16 ID:6zA9mzWs
井上雅彦『よけいなものが』でした。
結構好きな話なんですが、AAで上手く表現出来たかどうか……
これから精進します。

525 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:37 ID:TS2/Q04t
イイ!

526 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 19:48 ID:i+tdtfHf
すごくヨカターヨ

527 :ダンボール:03/07/13 19:50 ID:qkwso3jw
AA化すると本で読んだ時とは別の面白さがあっていいよなぁ。
俺もなんか作りたくなったよ。



528 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 20:19 ID:C6iXkX6S
すごいねえ。
この話とても好きなんだけど、AAにするのは無理だな。って思ってた。
けど、ちゃんと成り立ってる。たいしたもんだ。

529 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/13 22:23 ID:2HJq0g1c
そういや、「アフター0Neo」読んでいる人居る?
いたらこの作品をAA化してホスィ・・・
誰か「パンドラの箱」のAA化キボン

530 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/14 01:58 ID:uMlLR+u4
自分で書く気はないのか?

531 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/14 06:16 ID:sGlJ8QH/
>>529
自分で書け。

532 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/07/14 17:15 ID:qhWAmLdO
漏れ的に大好きな話  キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
AA職人さんお疲れ様です。

でもこの話、星新一の評価では10段階中、7.5で
割と少なめなのが寂しかったのを覚えているなぁ・・・


533 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/14 18:38 ID:so+bJZ36
苦手方向なのでw

534 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/14 22:25 ID:g7uzTG6d
乙です。

オチが読めちゃうから、むしろどうやってループするのかと思った。

>>509.>>510>>511>>512>>513>>514>>515>>516>>517>>518
>>519>>520>>521>>511>>512>>513>>514>>515>>516>>517
>>518>>519>>520>>521>>511...


535 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/14 22:30 ID:kuT0g8Sl
すごく面白かったよ!

536 :1/19:03/07/15 01:54 ID:pZPMGF+i

        ||        ||        ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
    ;;;         ∧,,∧    ;;;      \      \  |
          ;;;   ミ,゚Д゚,ミ           \      \|
      ∧ ∧     ミ   ミ     ∧_∧    \
     ( ,,゚Д゚)     OUUO ;;;  (´Д` )     \
     /  |       ___    (  と ) ;;;     \
   〜OUUつ     ○_||__)~   (_(__つ       \
       ;;;     ○○__||___)~            ;;;
                   カチカチカチカチ


(´Д` ) .「爆弾…モナ?」

( ,,゚Д゚)  「本物か?」

ミ,,゚Д゚ミ 「何かカチカチいってるし」


(´Д` )
      | ̄
( ,,゚Д゚)   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
                        _|
ミ,,゚Д゚ミ


537 :2/19:03/07/15 01:55 ID:pZPMGF+i

   そろそろ帰るわ。長居してもアレだし  |
  __  _____________/
     V                 \
         だな。お邪魔しますた  |
       __  _______/
        ||  V    ||       .||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
  ∩ ∧ ∧  ∩ ∧,,∧         ;;;   .\      \ .|
  ヽ( ,,゚Д゚)  ヽミ,,゚Д゚ミ              \      \|
    \⊂\    ミ ⊂ミ    ;;;    ∧_∧  .\
     O-、 )〜  O-、 ミ〜       (`Д´; )  . \
   ;;;   ∪      ∪    ;    ⊂   O)    \
          ;;     ___      (  ( (      \
              ○_||__)~    (___)__)  ;;;
     ;;;  .     ○○__||___)~
     _______________∧_______
   /                                 \
   | まっ、待つモナ!2人とも今来たばっかりモナ!      |
   | せっかく去年の湘南オフ以来久しぶりに集まったのに… |


538 :3/19:03/07/15 01:56 ID:pZPMGF+i

       | …それもそうだな。な?  |
       \__  ________/
        ||   V   ||       .||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
  ソウスルカ  ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
    ∧ ∧  ;;;  ∧,,∧         ;;;   .\      \  |
   ( ,,゚Д゚)    ∩゚Д゚,,ミ  ;;;           \      \|
   ∪  |)     ミ  ∪         ∧_∧  .\
  〜|  |      ミ   ミ〜       (´∀` )   \
    し`J      し`J         (    )     \
          ;;     ___     | |  |      \
              ○_||__)~   (_(___)  ;;;
     ;;;  .     ○○__||___)~
        _____________∧__
       /                        \
       | そうこなくちゃモナ。ゆっくりしてってモナ  |


539 :4/19:03/07/15 01:57 ID:pZPMGF+i

 |  でも爆発前には帰るからな! |
 \_________  ___/
 ̄           \  V
  絶対に帰るぞ!  |
__  _____/
    V    ||        ||        ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
    ;;;         ∧,,∧  ;;;        \      \  |
          ;;;   ミ,,゚Д゚ミ   マアマアマターリ \      \|
      ∧ ∧     ミ   つ     ∧_∧   \
     ( ,,゚Д゚)     OU,,O ;;;    (´∀` )    \
     /   つ      ___     (  と ) ;;  ;;  \
   〜O,,∪つ     .○_||__)~    (_(__つ      .\
       ;;;     ○○__||___)~            ;;;
   _______________∧______
  /                               \
  |  わかってるモナ。                     |
  |  俺だって爆発なんかに2人を巻き込みたくないモナ |


540 :5/19:03/07/15 01:57 ID:pZPMGF+i

 それにしてもいい部屋住んで.┌――――――――――――――
__  ___________| ゴメン。念のために聞くけど…
   V               .|  _____________
        ||        ||     |/||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
    ;;;         ∧,,∧    ;;;      \      \  |
          ;;;   ミ,,゚Д゚ミ      マアネ  .\      \|
    ∧∧∧∧    ミ    つ    ∧_∧ ;;;  \
    (゚Д゚≡゚Д゚)    OU,,O ;;;   (´∀` )     .\
     /  |       ___  .  (  と ) ;;;     \
   〜OUUつ     ○_||__)~   (_(__つ       \
       ;;;     ○○__||___)~            ;;;


ミ,,゚Д゚ミ 「非常口ってどこだ?
       万が一、帰る前に爆発しても俺は絶対逃げたいからさ」

( ,,゚Д゚)  「あっ!俺も!どこだよ非常口」


(´∀` ) 「非常口?ないモナよ」


541 :6/19:03/07/15 01:58 ID:pZPMGF+i

 アレじゃねえの?あの長方形のドア! |
 ________   _______/
        ||    V  ||        ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
   ソレダ!!  ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
    ;;;         ∧,,∧    ;;;      \      \  |
          ;;;   ミ゚Д゚,,ミ      ナイッテイッテルダロ   \|
      ∧ ∧    ⊂    ミ     ∧_∧    \
     (゚Д゚,, )     O,,UO ;;;   (´∀` )     \
     /  |       ___  .  (  と ) ;;;     \
   〜OUUつ     ○_||__)~   (_(__つ       \
       ;;;     ○○__||___)~            ;;;
                   ___∧___
                  /          \
                  |  …玄関だモナ  |


( ,,゚Д゚)  「…いいんじゃないか?この際、玄関を非常口に見たてても」

ミ゚Д゚,,ミ 「でも、玄関つーのは普通に会社から帰ってきたり
       普通にコンビニ行く時に使うところだろ。
       逝くか逝かねえかって非常事態に使うところか?」

( ,,゚Д゚)  「でもあそこ以外、出入り口ないだろ。我慢しようぜ」

ミ゚Д゚,,ミ 「仕方ねえなあ」

542 :7/19:03/07/15 01:59 ID:pZPMGF+i

       |  とりあえず腹減ったぞ
       \______  ___
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      \  V
   何か食わせろ     |
__  _______/
   V     ||        ||        ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
    ;;;         ∧,,∧    ;;;      \      \  |
          ;;;   ミ,,゚Д゚ミ           \      \|
      ∧ ∧     ミ   ミ     ∧_∧    \
     ( ,,゚Д゚)     OUUO ;;;  (´∀` )     \
     /  |       ___    (  と )       \
   〜OUUつ     ○_||__)~   (_(__つ       \
       ;;;     ○○__||___)~            ;;;
                 ____∧____
                /              \
                |  ピザでも頼むモナ?  |


543 :8/19:03/07/15 01:59 ID:pZPMGF+i

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   でもさ…ピザ届く前に爆発したりしないか?  |
__  _________________/
   V    ||        ||        ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
    ;;;         ∧,,∧       ;;;   \      \  |
          ;;;   ミ゚Д゚,,ミ           \      \|
      ∧ ∧     ミ   ミ     ∧_∧    \
     ( ,,゚Д゚)     OUUO ;;;  (´∀` )    . \
     /  |       ___   . (   と)     . \
   〜OUUつ     ○_||__)~   (_(__つ      .\
       ;;;     ○○__||___)~          ;;;
             _______∧___
            /                \
            |  それは…わかんないモナ  |


( ,,゚Д゚)  「そこらへんはっきりするまで注文できなくないか?
      わざわざピザ屋に電話までかけて頼んだ注文が
      爆発で台無しになったら気分悪いぜ」

(´∀` ) 「30分くらいなら大丈夫と思うモナ…」


544 :9/19:03/07/15 02:00 ID:pZPMGF+i

 |  つーか、ピザ間に合っても食べる時間は? |
 |  粉々になったらもったいないぜ!       |
 \___________  ________/
        ||        ||  ∨    ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
    ;;;         ∧,,∧     ;;;     \      \  |
          ;;;   ミ゚Д゚,,ミ        ,,,  \      \|
   ,,, . ∧ ∧     ミ   ミ     ∧_∧    \
     ( ,,゚Д゚)     OUUO ;;;  (´∀` )     \
     /  |       ___     (  と ) ;;;     \
   〜OUUつ     ○_||__)~   (_(__つ       \
       ;;;     ○○__||___)~            ;;;
   _∧___
  /       \
  |  何が?   |  _∧__________
            /               \
            |  ピザ。あと、俺たち?   |


545 :10/19:03/07/15 02:10 ID:pZPMGF+i

   つーか、何だよこの爆弾!何でモナーの部屋に!  |
  __  ___________________/
     V                 \
      とりあえず警察に電話しる! |
    ____  ________/
        ||  V     ||        ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
   ∧ ∧  ;;;   ∧,,∧         ;;;   .\      \  |
   (#゚Д゚)     ミ゚Д゚#ミ  ;;;           \      \|
   ∪  |つ     ミ  ∪        ∧_∧   \
  〜|  |      ミ   ミ〜       (´−` )   \  
    し`J      し`J         (  と )     \  
          ;;     ___     (_(__つ     \
              ○_||__)~    ;;;        
     ;;;  .     ○○__||___)~


546 :12/19:03/07/15 02:11 ID:pZPMGF+i

   でも、警察に電話するのも同じじゃないモナ?  |
   警察が来るまで爆発しないって保証もないし… |
   ヘタしたらせっかくの通報が台無しモナ!    |
 \_______________  ___/
        ||        ||        ||   V |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
   ∧ ∧  ;;;   ∧,,∧         ;;;   .\      \ .|
   (#゚Д゚)     ミ#゚Д゚ミ  ;;;           \      \|
   と   |つ     ミ  ∪        ∧_∧   \
    |  |〜    ミ   ミ〜       (´Д`#)    \  
    し`J      し`J         (  と )     \  
          ;;     ___     (_(__つ     \
              ○_||__)~    ;;;        
     ;;;  .     ○○__||___)~
   _∧___________________
  /                              \
  |  だから逃げてから通報するんだよ。逃げるぞ!  |


547 :13/19:03/07/15 02:12 ID:pZPMGF+i

   ちょっと!こんな非常事態に玄関から逃げるモナ!? |
   手分けして非常口を捜すモナ!            .|
 \_______________  _____/
        ||        ||        ||   V |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
   ヲイヲイ...  ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
   ∧ ∧  ;;;   ∧,,∧         ;;;   .\      \  |
   (ii゚Д゚)     ミii゚Д゚ミ  ;;;     ∧_∧ \      \|
   ∪  |つ     ミ つつ       (`Д´# )  .\
  〜|  |    〜ミ   ミ         (つ   ,ノつ  \  
    し`J      し`J         / ゝ 〉     \  
          ;;     ___    (_(__)       \
              ○_||__)~    ;;;        
     ;;;  .     ○○__||___)~
   _____∧______________
  /                             \
  |  ダメだ。こいつパニックで頭おかしくなってる…  |


548 :14/19:03/07/15 02:13 ID:pZPMGF+i
    _______
  /
     ピンポーン♪
  \_______
        ||        ||        ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
   ;;  ;;   シッカリシル!!  ∧ ∧ モチツケ∧,,∧ \      \  |
                (#゚Д゚)   ミ,゚Д゚,ミ .\      .\|
         ;;;      ∪  |)   と ∧_∧つ \
               〜|  |    (    )   \
   ;;;;             し`J    (  O  )     \
          ;;     ___     | | |      \
              ○_||__)~    (__) __)  ;;;
     ;;;  .     ○○__||___)~


549 :15/19:03/07/15 02:14 ID:pZPMGF+i

                 |  だ、誰モナ?  |
                 \___  __/
        ||        ||        || V   |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
  ∧_∧  .||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
  <丶`∀´> .||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄(    )  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
  | | |  ;;;       ∧ ∧    ∧,,∧ \      \  |
  〈_フ__フ         (゚Д゚,, )   ミ゚Д゚,,ミ  \      \|
    ___     ;;   ∪  |)    ミ∧_∧   \
   ~(__┃__○       〜|  |    (Д`  )    \
  ~(___┃_○○       し`J    (  O  )     .\
          ;;     ___     | | |      .\
              ○_||__)~    (__) __)  ;;;
     ;;;  .     ○○__||___)~
   _∧__________________
  /                             \
  |  本物と取替えに来たニダ。             |
  |  こっちは本当に爆発するから気をつけるニダ  |


550 :16/19:03/07/15 02:14 ID:pZPMGF+i

 カイシュウニダ .||        ||        ||     |     |\
_       ||____||____||     |     |  \
_○     ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
__○○    ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
∩       ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
ノ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
        ;;;       ∧ ∧    ∧,,∧ \      \  |
                (゚Д゚,, )   ミ゚Д゚,,ミ  \     .\|
            ;;   ∪  .|)    ミ∧_∧   .\
     ;;;         〜|  |    (Д`  )    \
                 し`J    (  O  )      \
          ;;    ___      | | |      .\
             ~(__┃__○    (__) __)  ;;;
     ;;;  .     ~(___┃_○○

   __________∧______
  /                         \
  |  …ってことは、何だ?俺たちは今の今まで |
  |  オモチャの爆弾にビビってたのか?     |  |\
                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  \
                    |  …そうみたいモナ  |


551 :17/19:03/07/15 02:15 ID:pZPMGF+i

           |  バッカみてー  |
           \___  __/
        ||        ||  V     ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
       ;;;        ∧ ∧ ハハハ ∧,,∧ \      \ .|
  ;;         アハハハ (,,^∀^)   ミ^∀^,,ミ  .\     .\|
            ;;   (つ と)    ミ∧⊆∧   \
     ;;;         〜|  |    (∀`  )    \
                 し`J    (  O  )      \
          ;;    ___      | | |  ;;;    \
             ~(__┃__○    (__) __)
     ;;;  .     ~(___┃_○○       モウネ バカカアフォカト


552 :18/19:03/07/15 02:15 ID:pZPMGF+i

     |  2人共どうするモナ?             .|
     |  明日は休みだし泊まっていけばいいモナ  |
     \_____________  ______/
        ||        ||        ||  V  |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
   ∧ ∧  ;;;   ∧,,∧         ;;;   \      \  |
   ( ,,゚ー゚)     ミ゚ー゚,,ミ  ;;;           \      \|
   ∪  |)     ミ  ∪         ∧_∧  .\
  〜|  |      ミ   ミ〜       (´∀` )   \
    し`J      し`J         (    )     \
          ;;     ___     | |  |      \
              ~(__┃__○    (_(___)  ;;;
     ;;;   .    ~(___┃_○○

   _∧____
  /        \
  |  そうするか  |  ∧
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
    |  そうだな。もうこんな時間だしな   |


553 :19/19:03/07/15 02:16 ID:pZPMGF+i


   *********************************************

               〜 糸 冬 〜

     「時限爆弾」 (『絶望居士のためのコント』より)

      作:ブルースカイ

   *********************************************



554 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/15 02:17 ID:r7mRU6Sx
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
乙カレー!

555 :改10/19:03/07/15 02:22 ID:pZPMGF+i

   ちょっと待て!俺まだ氏にたくねえぞ! |
  __  ______________/
     V          \
        俺だって!  |
      ___  ____/
        ||  V     ||        ||     |     |\
        ||____||____||     |     |  \
        ||※※※※||※※※ O||     |     |   |\
        ||※※※※||※※※※||     |     |   |  \
        ||※※※※||※※※※||     |     \  |   |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\      \|   |
   ∧ ∧  ;;;   ∧,,∧         ;;;   .\      \  |
   (;゚Д゚)     ミ゚Д゚;ミ  ;;;           \      .\|
   / つつ     ⊂  .∪        ∧_∧   \
  〜 ,,つ       ミ   ミ〜      (´−` )   .\  
   (/        し`J         .(  と )  ;;  \  
          ;;     ___     (_(__つ     \
              ○_||__)~    ;;;        
     ;;;  .     ○○__||___)~


が抜けてました。こっちがホントの10/19です。
それで、最初に書いた10枚目が11枚目になります。


556 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/15 02:23 ID:EJKiAC/Y
シュールだ

557 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/15 02:23 ID:G7NB8Si7
オモロカター乙!

558 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/15 02:27 ID:pZPMGF+i
実はこれ、SSじゃなくて舞台作品なんです(オムニバス作品のひとつ)
内容的にも量的にも大丈夫かな?と思って貼ってみたんですが
スレ違いだったらスマソ

とりあえず貼る時ミスった分、逝ってきます

559 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/15 02:28 ID:EJKiAC/Y
>>558
いや、全然問題ないですよ。量的にも内容的にも。
面白かったです。

560 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/15 04:47 ID:3oKFeYm2
くすぐられるような面白さでしたよ( ´∀`)

561 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/15 05:30 ID:ay1IXgbp
残虐非道な姦国人。あいつらを野放しにしていてよいのか・・・
まずはこのフラッシュを見てくれ↓
http://www.utinti.sytes.net/~hanamaru/img/oomono0010.swf

日本のマスコミは何をやっている!検証フラッシュ等
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1983/
http://noigel.hp.infoseek.co.jp/genkainada1.html

最後に漏れは言いたい。
北チョソも姦国も氏ね!

562 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/15 11:18 ID:GhWD8qZU
漏れの友人は
盛んに周囲にアフター0を薦めてたが
ほとんどの人は絵に拒否反応示して読まなかったな

かく言う漏れもその1人だった

563 :山崎 渉:03/07/15 12:59 ID:nayJjCDq

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

564 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 11:52 ID:UsqGQ7o1
ID:pZPMGF+iさん乙━━━━(゚∀゚)━━━━!!
もとが舞台っていうのも全然問題なく。むしろそうやってまとめられるのがスゴイ!!と重いまつ。
しかし、ageてから貼るのはどーかと思われ。
ヘンなのに割込まれる可能性もあるしナー。

565 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 18:27 ID:uQEEdj8y
ホッシュ

566 :よみがえった改心 1/47:03/07/16 19:51 ID:SHXYGm74
          |   / \, ∨   ,|| .|| .|| .|| .|| .||
  ,, ,,, ,,,,   |    ̄ ̄~~  ,    || .|| .|| .|| .|| .||/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ,,, ,,, ,,, |  _____ ,, || .|| .|| .|| .|| .||| ジミイ・ヴァレンタイン、赦免状が出たぞ
          | ,┃‖‖‖‖┃ ,|| .|| .|| .|| .|| .||| 明日の朝出してやる
 ,,,, ,,,,   ,  | ,┃‖‖‖‖┃, || .|| .ii‐ii‐ii‐ii\___  ___________
,,,,  ,,,, ,    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  || .|| .ll .|| .|| .||        ∨
          | ,,     ,,,     || .|| .|| .|| .||=||D      /■\
 ,   ,,,,  ,, |___∧ミ∧ ___||_,||_,||_,||_,||_,||_____________(´∀` )
        /,,  ,,, ,(,,゚Д゚)  ,,   \|| .ll .|| .|| .||       (    )
      / , ,,, , ,,,/  |    , ,  \!!、|| .|| .||       | | |
    / ,,    \(___ノ     ,     \!!、|| .||      (_(__)
  /    ,,  ,,,     o   ,,  ,,    \!!、||
/.             O          \!!
  (⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒)
 ( マイクのやつ、ずいぶん手間取りやがったな  )
  `〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'

567 :2/47:03/07/16 19:52 ID:SHXYGm74
          |   / \, ∨   ,|| .|| .|| .|| .|| .||/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ,, ,,, ,,,,   |    ̄ ̄~~  ,    || .|| .|| .|| .|| .||| おまえは、しんから悪いやつじゃない。
    ,,, ,,, ,,, |  _____ ,, || .|| .|| .|| .|| .||| 金庫破りなどやめて、
          | ,┃‖‖‖‖┃ ,|| .|| .|| .|| .|| .||| まっとうな暮らしをするんだぞ
 ,,,, ,,,,   ,  | ,┃‖‖‖‖┃, || .|| .ii‐ii‐ii‐ii\___  ___________
,,,,  ,,,, ,    |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  || .|| .ll .|| .|| .||        ∨
          | ,,     ,,,     || .|| .|| .|| .||=||D      /■\
 ,   ,,,,  ,, |___∧ミ∧ ___||_,||_,||_,||_,||_,||_____________(´∀` )
        /,,  ,,, ,(,,゚∀゚)  ,,   \|| .ll .|| .|| .||       (    )
      / , ,,, , ,,,/  |    , ,  \!!、|| .|| .||       | | |
    / ,,    \(___ノ     ,     \!!、|| .||      (_(__)
  /            ∧       \!!、||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\!!
  あっしがですかい?                 |
  とんでもない、あっしは金庫破りなんぞ |
  いっぺんもやったことはありませんぜ. │

568 :3/47:03/07/16 19:52 ID:SHXYGm74
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 | もっと早く出られるようにできなくて、すまなかったな   |
 | だけど、強い反対が出たもんだから               |
 | 知事も、もうすこしで思いとどまるところだったんだぜ.  │
 \____________  ___________/
           ____   |::::     \|  |;;;;| |      |      |
          \ ___ \ |..  .. . ∧_∧;;| |    [ |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
______....|\ ̄ ̄\    ( ・∀・) ___|_| 苦労かけたようですまねえな  |
              iヽ\   \_ (    ) .        | .ところで、俺の鍵は?       |
           __|__\\.     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ミ∧ ∠.._____________/
         └┬┬┘.\\     /|    (  ,,)           \
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄\と   ヾ________|::
         | ちゃんと預かってるよ     .| (__,,)/ .    ___  |;;
         | あんたの部屋も元のままさ  |└┬┬┘   └┬┬┘ . |::      .
         \_____________/ ..└┘ ̄ ̄ ̄ └┘ ̄ ̄\,;
                                                \
―――― 、  i\          i\,――――――― 、.  i\          \'
        \|\i        |\i\          \|\i           .\  .
         \.|         |\| ̄\          \.|             .\ .
.――.i.ニニi―┰'|   .       | ̄ | `┰――.i.ニニi―┰'|            ,  \
,. |\|__|  ┃                   ┃. |\|__|  ┃                .  \.,
 ..... |    |                           |    |                     \

569 :4/47:03/07/16 19:53 ID:SHXYGm74
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\
|  十ヶ月ぶりだというのに、ここは.  |
|  俺が捕まったあのときのままだ  |
\_________ ____/
::::::::  .   |     |  .∨  |   ;:
:::::::::    _|     |.      |   
:::::::: .    |     |∧ミ∧、 | .:   ::
::::::::  ,   |     |(゚Д゚,,) |   
::::::::   .  │   ◎⊂⊂.|  |   '; 
:::::::: '    |     | |  |〜|    
::::::::    ; |     | し`J ..│ ,. .
::::::::     .|,.、--‐'''''~ ̄ ̄ ̄'|    
::::::::.   . / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::: . /..:..:..   ;:         ';
::::::::/..:..:..:..      o   ,
::/..:..:..:..   ..          ,;:

570 :5/47:03/07/16 19:54 ID:SHXYGm74
.         │     | |     \ \ | |      | |     \ \ | |    │
  .;:   ;:. │     | |       \  | |      | |       \  | |    │:;, ,;'
     .    │ \   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|     | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ::   |  ;'
    ...::;;;  |   y   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ;:'   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      |   ;,..
  ...:::;'  ;;  |   /  ;:' .                  .:''   | ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   :;
 ..::;'   ;;  |_____ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  |______|
.:;;'     ;,/∧ミ∧    | しかし、名探偵ベン・プライスも | .|\    _  \ '';..
.;;     ,/  (゚∀゚ )    < さすがにトランクの隠し場所は . |  \\  ゝ__ヽ .\
. ;  ,/ ├‐u u ヽノ   | 分からなかったようだな.      |\  \\_______\
. ;.,/     (_(____つ.   \____________/  \  \\        \
/                                        \  \\        \


571 :6/47:03/07/16 19:55 ID:SHXYGm74
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |   特別製の夜盗七つ道具。        |
  |   こんな凄いものを持っているのは、   |
  |   東部広しといえども俺だけだろう    |
  \                        /
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ,r-、     ∧ミ∧
      / ̄ ̄ ̄ ̄/7  (゚∀゚ )
    /____//__ u u ヽノ
    |_____|__|  (_(____つ

572 :7/47:03/07/16 19:56 ID:SHXYGm74
                       ________
 .         __   _____. |\_______.\
    ,       |l└|   |:: :::::: ::::::::| .| |;;;;| i――――――‐ |:: .
               ̄  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\II.  _ :::|::;;;| |:::::      ,        .
              |  なにかやるのか? |;;ロロ|_|iii.Å、| |:::
                  \___  _____/ ――――‐..|::
           ____   |::::     \|  |;;;;| | ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ ̄| |
          \ ___ \ |..  .. . ∧_∧;;| |    [ | ]    | |         '     .
______....|\ ̄ ̄\    ( ・∀・)、|___|___| |
              iヽ\   \_ (    )             |     :            ;
           __|__\\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         └┬┬┘.\\.__________/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           └┘\___.\__________| なんのことですかね? 私は    |
              └┬┬┘::   ___    __| オマエモナー・クラッカー  .      |
                └┘\_  └┬┬┘   └‐!| 小麦粉会社の社員でございます. |
                       ̄ ̄ └┘ ̄ ̄ ̄ └\______ _______/
                                            ∨   \
―――― 、  i\          i\,――――――― 、.  i\    ∧ミ∧    \'
        \|\i        |\i\          \|\i.     (゚∀゚,,∩    .\  .
         \.|         |\| ̄\          \.|   ./|^†^,ノ     .\ .
.――.i.ニニi―┰'|   .       | ̄ | `┰――.i.ニニi―┰'|   台|  |〜     ,  \
,. |\|__|  ┃                   ┃. |\|__|  ┃      .し`J       .  \.,
 ..... |    |                           |    |                     \

573 :8/47:03/07/16 19:57 ID:SHXYGm74
                       ________
 .                       |\_______.\
    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\.――‐ |:: .
    | ははははは! まったく、              |...::|::;;;| |:::::      ,        .
    | 出所したばかりだってのに大したタマだ   | i.Å、| |:::
    \__________  ______/..─―..|::
           ____   |::::     \|  |;;;;| |      |      | |
          \ ___ \ |..  .. . ∧_∧;;| |    [ | ]    | |         '     .
______....|\ ̄ ̄\    ( ・∀・)、|___|___| |
              iヽ\   \_ (    )             |     :            ;
           __|__\\     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         └┬┬┘.\\.__________________\

574 :9/47:03/07/16 19:57 ID:SHXYGm74
 囚人ヴァレンタインが釈放されて一週間後、リッチモンドで
 鮮やかな金庫破りがあったが、犯人の手がかりはまったくなかった。

 それから二週間すると、今度はローガンスポートで、盗難よけの
 特許をとった改良型の金庫がチーズのように簡単に開けられた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ┌─────┐
  │┌───┐│
  ││      ││
  ││      │/   円_円  ガーン
  ││    ◎|Σ  ¥・∀・;¥
  ││      |∠   (    )
\│└───┘│  | $. |
  └─────┘  (_(__)

575 :10/47:03/07/16 19:58 ID:SHXYGm74
ついでジェファソン市の銀行の古風な金庫から大金が盗まれ、
今度は被害が大きかっただけに、名探偵ベン・プライスの登場を促す事態となった。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 |  これは、おしゃれのジム・ヴァレンタインの手口だ。 この見事な仕事! |
 |  こんなことができるような道具を持っているのは奴だけだ。        |
 |  奴を探そう。 今度こそ十分年期を勤めさせてやる!                |
 \_______________  _____________/
::::::::::::::::││  ___           ∨             ___
::::::::::::::::││ ヽ===ノ         __[ ̄ ̄]__           ヽ=@=ノ *  ┌──
::::::::::::::::││ (    )        (´Д` )           ( ・∀・) | . .|┌─
───┘│ ⊂   ○ )        (〈#〉 )           (  V )つ. . |│ o
────┘ (__)_)        | | |            |=◎=|     |┌─
 。 °                 (_(__)           (__)_) .     |│ o
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
ベン・プライスはジミイの手口を知っていた。
名探偵が、この逃走の巧みな金庫破りを追っているということが発表されると、
盗難よけの金庫を持っている他の連中は、いままでよりも安心するようになった。

576 :11/47:03/07/16 19:59 ID:SHXYGm74
ある日の午後、ちいさなエルモアという町に、ジミイとそのスーツケースが現れた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
       l⌒i _
     ┌(#))-┐ :: ̄`ヽz..,,_  
  / ̄,r'´⌒ヾ:,^/ ̄|;;;:;|ll.|l.llll    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  |;;;::〔_|  ¢. |||. /~''=| ‖ |.   |  エルモア・・・。小さな町だな。       |
  |;;:: 人.,,   ノ;:| |≧フ|_,!-''"    |  まあいい、今度はここで一仕事するか |
  |;:::庄兀巫兀庄|_//,-''"  ,、,、 \_______ _________/
 {二二二二二二}}フ)   / ̄(  ) ̄           |/
   ヘテ合氏ァ/     /  (  )〜        ∧ミ∧ 
  __/__ /_     /   dハb        (,,゚Д゚)
 _/______/__     /               /| ^†^つ
/________/__.    /               台|  0
       /     /                   し'´

577 :12/47:03/07/16 19:59 ID:SHXYGm74
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.
;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,                     .∧-∧ 、   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ミ∧  ̄ ̄ ̄ ̄       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄〈 ハノハ =K ̄ ̄
        '   (,,゚Д゚)            :                '.       从゚ー゚リiハ
            |⊃†|                                    ⊂l介 l⊃
           〜|  0             '        ;               く/ i丶ヽ
            し'´  o                                    し'ヽ)
――――――――――― O ――――――――――――――――――――――――――――
  (⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒)
 (  まずは泊まるホテルを探すか・・・   )
  `〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'

578 :13/47:03/07/16 19:59 ID:SHXYGm74
;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;|;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;| ;;;\.:::;;|:.   ドンッ
;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;;;;;l,,;;|    \|:: . ,      ∧-∧ 、   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       ̄∧ミ∧ ̄ ̄〈 ハノハ =K ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        '      .          (,,゚Д゚) ☆ 从゚д゚リiハ              ∧ ∧
                         |⊃†| ★ ⊂l介 l⊃              (・∀・,,)
             ,            〜|  0    く/ i丶ヽ            . : u,,u__)〜
                         し'´      し'ヽ)
――――――――――――――――――∧――――――――――――――――――――
                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\
                   |   おっと、失礼・・・      |
                  \___________/

579 :14/47:03/07/16 20:00 ID:SHXYGm74
ジミイ・ヴァレンタインは彼女の目をのぞきこんで、
思わず自分がなにものであるかを忘れ、まったく別の人間になってしまった。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  i:::::::  .:::      i、:::::::::::..   ゙i;::: ゙i:::. |
 |::::::  .::::    l  ,リ ヽ、:::::::::..   リ;;:: |::: |
 |::::  | ::::   || /__   ゙i、:::::::..  i' _i::. |::: |
 i::::   | ::::   |゙l/ _,,,,二''- ゙i、::::::./二.i: l:::: |
 ヽ::.  ゙i、:::: |ナ '、i:::::::゚jヽ   i::::/l::::ソリi::: /
  ヽ::.. | ゙i、::..ヽ   ̄´    i/  ̄´ ,i:: /
    ヾ::.ヽ_ ヽ::.ヽ、       ヽ  ハ/
     `゙'-、;,,i ''ーゝ      _   ,/
          |    ヽ、   ´ ´ /
     r─┴--、--ァ  ' - ,, イヽ、
──────────────────────────────────────
                       i ::l ::| :;l | .::| .:::l  ..::;i.i :::\::.. ヾ::..ヽ、::..   i  ヽ
                      | ::| :l':;|:| |_;;! .:::|、 .::;;r┼ナ─t、::..^ー-ヾ::..  ! /
                      i ::l.::!.:! i ´!_;;.ヽ::| ヽ;゙  |/__ ゙|::..゙i;:ヽ::.. ヽ:.. K
                       l,:!ゞi;:i:;|./ i::::oiヾ     l"i:::::o:ヽ |::. ゙i;:.ヽ::.  ヽi ヽ
                       ゙!  i、゙i,i. |:::::::|      |::::::::::i |/'"'i、゙i ヽ::..  ヽ \
                          ゙i、li ゙ー'       ゙ー '  ' -",ノ ゙i, ゙i、::.  ヽ、_>
                           `゙i ''  ヽ     ""  ,,r‐''゙'i::..゙i;:. ヽ:::...  ゙ 、
                             ゙ 、   ヾヽ     , ''`゙i、::.. ゙i;:. i::... ヽ:::..   ヽ
                              ヽ、      ,./    ヽ::. ゙ヽ ゙i;::.. `ヽ::...  ヾ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
彼女は目をふせ、ほんのりと頬を染めた。
ジミイのようなスタイルや容貌の青年はエルモアではめずらしかったのだ。


580 :16/47:03/07/16 20:00 ID:SHXYGm74
:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~.|  ごめんなさい、  .      |
 ;;;\.:::;;|:.                   |   よそ見をしていて・・・。  |
    \|:: . ,       ∧-∧ 、|                /
       ̄∧ミ∧ ̄ ̄〈 ハノハ =K |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (;゚Д゚)   从゚д゚リiハ                 ∧ ∧
          /|^†^|つ   ⊂l介 l⊃              (・д・,,)
       台|  |     く/ i丶ヽ            . : u,,u__)〜
        し`J     し'ヽ)
――――――─∧――――――――――――――――――――
  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄\
  |   いえ、こちらこそ    |
  \___________/


581 :17/47:03/07/16 20:01 ID:SHXYGm74
:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
::;:;;:;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;::::::;;;;;;;;;;|      .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|  .    .:|i ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄,|
\ :::;;;;;;;;|      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
 ;;;\.:::;;|:.
  ∧-∧ 、
 〈 ハノハ =K ̄ ̄ ̄∧ミ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  从゚ー゚リiハ    (゚Д゚*)                ≡∧ ∧
  ⊂l介 l⊃    /|^†^ |                ≡(,,・∀・)
  く/ i丶ヽ.   台|   |〜              ≡ミ_u,,uノ
   し'ヽ)      し` J 
――――――─―――∧―――――――――――――――――
           / ̄ ̄  ̄ ̄\
          |   ・・・・・・   |
           \_____/

582 :17/47:03/07/16 20:03 ID:SHXYGm74
ジミイは、さももっともらしく空とぼけて少年に尋ねた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
::;:;;:;;;;;;;;;;;|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
;;::::::;;;;;;;;;;|   |    坊主、さっきのお嬢さんは           |
\ :::;;;;;;;;|   |   ミス・ポリイ・シンプソンじゃないかね?   |
 ;;;\.:::;;|:.  \_____ _____________/
    \|:: .          ∨
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ミ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              (,,゚ー゚)              ∧ ∧
                 /| ^†^|つ            (・∀・,,)
             台|   |              u,,u__)〜
              し` J 
――――――─―――――――――――――――∧――――――――
               / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               |   ちがうよ、あのひとはアナベル・アダムスだよ。  |
               |   エルモア銀行のオーナーのお嬢さんデチ       |
               \_____________________/

583 :18/47:03/07/16 20:03 ID:SHXYGm74
:::;;;;;;;;;;;;;;;|::     ________        ________
;;::::::;;;;;;;;;;|      ::|i::,        ,|    .   ::|i::,        ,|
:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
;;::::::;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
:::;;;;;;;;;;;;;;;|     ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||       ::|| ̄|| ̄||| ̄|| ̄||
::;:;;:;;;;;;;;;;;|    (⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒)
;;::::::;;;;;;;;;;|    (  そうか、彼女はアナベルというのか・・・   )
\ :::;;;;;;;;|    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
 ;;;\.:::;;|:.            O
    \|:: .          o
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∧ミ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              (*゚Д゚)              ∧ ∧
                 /| ^†^|つ            (・∀・,,)
             台|   |              u,,u__)〜
              し` J 
――――――─――――――――――――――――――――――――

584 :19/47:03/07/16 20:04 ID:SHXYGm74
恋の焔で焼け残ったジミイの死灰から、
不死鳥のように”ラルフ・スペンサー氏”が立ち上がった。
名前を変え、エルモアに踏みとどまって靴屋を開業し、商売が繁盛したのである。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
_,,_i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,||       ||_,,_i,,,,__,,_i│ //               │,_i,,,,__,,_i
i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,__,,||       ||,,,,__,,_i,,,,__,|//                      │ __,,_i,,,,_
_,,_i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,||       ||_,,_i,,,,__,,_i│                    │,_i,,,,__,,_i
i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,__,,||       ||,,,,__,,_i,,,,__,|    H        、.    //│ __,,_i,,,,_
_,,_i,,,,__,,_i,,,,__,,∧ミ∧      ||_,,_i,,,,__,,_i│   Lつ      t二ア//  │,_i,,,,__,,_i
i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,(,,゚Д゚)        ||,,,,__,,_i,,,,__,|  ┌┴─┐    ┌┴─┐    │ __,,_i,,,,_
_,,_i,ミヽミヽ  ,ι^†^つ .      ||_,,_i,,,,__,,_i└―┴――┴―─┴――┴―─┘,_i,,,,__,,_i
i*-ミ___゚Д゚彡 |  |.       ||,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,∧_∧,_i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,__,,_i,,,,_
  〃 ノノハヽ) し`J ̄ ̄ ̄ ̄\  ∧_∧ .X ノ ハヘ X
 彡ハ ゚д゚)ミ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  (´∀` ) (^∀^ヽ゚|        ∧ ∧ 
  ι)~~~)つ              ( ^Y^  )⊂ 只 l §       (・∀・,,)
*〜/_____\            | | | く/L_」_〉          uu_,,)@
  ~~(/∪~~               (__)_) (_(__)



585 :20/47:03/07/16 20:04 ID:SHXYGm74
一年たち、彼は世間の尊敬をかちとり、靴屋は繁盛し、
アナベル嬢とは二週間後に結婚する約束をとりかわした。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 (W从~j;::: :;'')),                 ||( ゚ω゚)ノ||:                ..:::::: : :
 vW;;;;;wリ:::::リノ               ||(..'V-)::||:              ..::::::::::::: : :
 vWリl从::::::リ                ========i:            ..:::::::::::::::::::: : :
 WvリW从:リ                                 ..::::::::::::::::::::::::::: : :
 ===!|l lリノ==========================================================: :
 圓圓|l;:|圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓圓:::::
 =|\i||ii|/|=========================================================: :
  \:三:/::::                                :::::::::::::::::::::::::::::: : :
    ::::::::::''''                                     ::::::::::::: : :
              ∧ミ∧                    ∧∧          :::::::: : :
            _ (,,゚ー゚)  ____________  (゚ω゚=)._
         ||( .^†^つ /―∞    Ψ ⊂oO⊃  \.( x  )||
        ,∧-∧ )) / ―∞ ̄ ̄ ||  ◇⌒:θ:目 \,,  ) ,∧-∧
       ri_,.ハノハ 〉'J/ / ○ ∞.⊂⊃ \△三@\.  .\ 〈 从从 ヽ
         〈「il ゚ー゚从./日 _..○○_   '''***  ̄ ̄ . 日.\ハ´∀`リハ._
       || ( | 介|)/ '''/\_/_<****>  ⊂oO⊃\ 只.llヽ ||
       || く/ i丶/  _ __ '''''_ _:__:__ _ _ __ _ \ l !ヽ||
       || ̄~||し| ̄.:  ::.  ̄:  .:  . :. . :. . :.  :.  :  :. . :. ̄|.~ ̄||
           /  ;::i i::... .::;i .::i   i;::. .i;:.  i;::. i;:.  i::. .i::. i;::. .|:::::::::::::::::::::::::::::...

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
アナベルの家族からの信頼も厚く、まるで家族の一員のようにすごしていた。


586 :21/47:03/07/16 20:05 ID:SHXYGm74
ある日、彼は自分の部屋に腰をおろして一通の手紙をしたためた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

              ∧ミ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               (゚ー゚,,) <  なつかしき相棒、ビリイへ・・・  |
             _φ__⊂)_ \_____________/
           /旦/三/,/||
        ||. ̄ ̄ ̄ ̄.||/||
        ||. ̄ ̄ ̄ ̄.|| 

587 :22/47:03/07/16 20:05 ID:SHXYGm74
┌──────────────────────────────────┐
│                                                  │
│ .来週の水曜日の夜九時に 、リトルロックのサリヴァンのところへ来てもらいたい。│
│ ────────────────────────────────   │
│ 相談に乗ってもらいたいのだ。ついでに、おれの道具一式をきみに進呈したい。 │
│ ────────────────────────────────   │
│ おれは昔の商売から足を洗ったのだ、一年前にね。いい店を持って、地道な   │
│ ────────────────────────────────   │
│ 暮らしをしている。そして、世界でいちばんすばらしい娘と結婚する。いまは、   │
│ ────────────────────────────────   │
│ 百万ドルもらったって、人さまのものには一ドルだって手をふれたくない。       │
│ ────────────────────────────────   │
│ 彼女はまさに天使だよ、ビリイ。おれをすっかり信頼しているんだ。         │
│ ────────────────────────────────   │
│ どんなことがあっても、おれはもう曲がったことはしたくない。               │
│ ────────────────────────────────   │
│ かならず来てくれ。そのとき道具はいっしょにもっていく。                   │
│ ────────────────────────────────   │
│                                            ∧ミ∧   │
│                                旧友のジミイより  (゚Д゚,,)   │
└──────────────────────────────────┘

588 :23/47:03/07/16 20:06 ID:SHXYGm74
α::::::ヽ::::::::::::::::::::::::\\ |::::::|| ;;;;;;;;;|:::|
π:::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::::::\\::|| ;;;;;;;;;|:::|)=、__
::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::::::\\ ;;;;;;|:::|__|゙l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\\:::| | l:ヽ\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::: \:| | l`ll.゙ミ\                      (゙;;(゙;;,,, ;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::| | l__ll`ll.゙ミ\                ,,,,  (,;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;);;;;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | | l │]|[]|ミ.\             (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;; ;;;;,;>)
___________ _ _ _ _ ! | |i|''''|i|  l“』 :'ヽ\        :::::) ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,/ ̄ ̄~\
:::::::::::::::| \             \!|i|'.'.|i|'.'.|i| 』l| 』;;;;ヽlll     (::::::::::)::(;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;| ・・・・・・ |
:::::::::::::::|   \_________\!.,|i|,,,,|i| 』l| 』 'lr-、゙ll    ゞ,,,;;;;;;,ノゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;\_ _/
:::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ヽ:..,,,,|i| 』l| 』!』l| 』|    ヾ_;iil;;' ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''∨
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |/|l!i!i!|. lllllllll-l::l:::l | .|   ,,-、 |;:|.     |,ii!     l;l;ii;/ ̄]__ 
:::::::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\l|Д`)
::::::: |  今度の水曜日リトルロックへ行くんですが、一緒に来てくれませんか?      |;!::〉/
___|  婚礼の仕度と、それに何かすばらしいものをあなたにプレゼントしたいんです  |:l /ヽ,
!.  \_______________ __________________/;;|~, ll\,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |,,,.-"∨   ∧-∧ 、    ________;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,| | ,.-- "  ∧ミ∧ 〈 ハノハ =K   /            \~~~~~~~~~~~~~
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,.. .-- "       (,,゚ー゚) 从゚ー゚リiハ <  うれしいわ、ラルフ  |
!.    |;;;,,,,.. .-- "             (|^†^⊃⊂l介 lU   \_________/
!,,,,.. .-- "                    と  |  く/ i丶ヽ
                        `ヽ)  し'ヽ)

589 :24/47:03/07/16 20:07 ID:SHXYGm74
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::::::\\:::| | l:ヽ\
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ ::::: \:| | l`ll.゙ミ\                      (゙;;(゙;;,,, ;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヽ::::| | l__ll`ll.゙ミ\                ,,,,  (,;;;; ,,,,,;;;;;;;;;;;);;;;;)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: | | l │]|[]|ミ.\             (゙;;;,,,, (゙;;;;;;;;;;;;,,, ,,;;; ;;;;,;>)
___________ _ _ _ _ ! | |i|''''|i|  l“』 :'ヽ\        :::::) ゞ;,,;;;;,,,,ヾ ;;;;;;;;;,,,,,  ,,,,;;;)::;;llir)
:::::::::::::::| \             \!|i|'.'.|i|'.'.|i| 』l| 』;;;;ヽlll     (::::::::::)::(;;,, ,;;, ゙'、 ;;;;;;;;;; ,,,;;;;;li;;;;l;;;/
:::::::::::::::|   \_________\!.,|i|,,,,|i| 』l| 』 'lr-、゙ll    ゞ,,,;;;;;;,ノゞ,,,;;;;;;,,, ゞ,,;;;;;;リ(;;;;;;;;(丿
:::::::::::::::| ̄ ̄ ̄ヽ〜〜〜〜〜〜〜〜〜ヽ:..,,,,|i| 』l| 』!』l| 』|    ヾ_;iil;;' ゛ヾ_;;iil;;' ~゙ヾ;;:il;;;レ';''''''゙~
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |/|l!i!i!|. lllllllll-l::l:::l | .|   ,,-、 |;:|.     |,ii!     l;l;ii;/
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |:: |_|l!i!i!|. lllllllll'll:.l:;;l,,''l,,-"   丶ヽ,|;:|ヽ     |;lil     |;i|ll|
:::::::::::::::|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | |".|  |l!i!i!i ̄~l;;;;;;;∩;,-"      \ヽ、~:;;,,,,、ーl;li;|ーァ、 l;iil;;!
__ .. .--|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |  |l!i!i!|  |;;;;-"           \r'''ヽ, ll~~ll~~ll~~ll|lil;;:l--ヽ,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |  l:i!:!|l,- "           __[ ̄ ̄]__\γ'ヽ、,`ll\~~ll|;lli;;|~, ll\,
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| | | | |,,,.-"             (´Д` )  \γ'ヽ||,;; ll~~ll~~ll~~ll~~ll
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,| | ,.-- "               (〈#〉 )    """""""~~~~~~~~~~~~~~
!.    |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,,,,.. .-- "                        | | | 
!.    |;;;,,,,.. .-- "    ∧-∧ 、                 (_(__)
!,,,,.. .-- "    ∧ミ∧ 〈 ハノハ =K                    o
          (゚ー゚,,).从゚ー゚リiハ                     O
           (|^†^⊃⊂l介 lU     (⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒)
           と  |  く/ i丶ヽ    ( ついに見つけたぞ、金庫破りのジミイ・ヴァレンタイン。 )
            `ヽ)  し'ヽ)     (  素性を隠して銀行家の娘と結婚するそうだね?     )
                        (  だが、どういうことになるか、おれは知らないぞ     )
                        `〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'

590 :25/47:03/07/16 20:08 ID:SHXYGm74
そして数日後。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 銀行の前にぼくの馬車を待たせているんです。  .    |
 お義父さんに挨拶したら、リトルロックに出発しましょう |
_______ _______________/
          ∨   /                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
               | あらラルフ、ずいぶん重そうなスーツケースね  |
               \____  ______________/
                      |/
                      ∧-∧ 、
          ∧ミ∧       〈 ハノハ =K
          (,,゚Д゚)        从゚ー゚リiハ 
          /|^†^ |つ      ⊂l介 l⊃
            台|   |〜      く/ i丶ヽ
             し` J         し'ヽ)

            ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
| ニッケルの靴ベラがたくさん入っているんです。これから返しにいくんですよ。  |
| 手にもっていけば運送料が助かると思いましてね                    |
\_________________________________/

591 :26/47:03/07/16 20:08 ID:SHXYGm74
 ラルフ君、よく来てくれた。最近わが銀行は金庫室を新しくしたばかりでね。 |
 すばらしい出来だから、ぜひ見ていってもらいたぃょぅ。                  |
 ちょうどいま、アナベルの姉と、その娘のメイとアガサも遊びにきてるょぅ   |
_______  _________________________/
 .        ∨            _____
     _____               |__|__|            ∧-∧ 、
 彡ミ  | |  ∧∧|             .|__|__|.       ∧ミ∧ 〈 ハノハ =K
  |ヽ  | | (=゚ω゚)/          |__|__|.      (゚Д゚,,) 从゚ー゚リiハ
  |ヽ  | |__(_x_)____        .|__|__|...      /|^† U ⊂l介 U
  ⊥  |___| _|____|      |__|__| .       台|   |〜 く/ i丶ヽ
_|__|___◎__|__|_____|______________し` J__し'ヽ)__
                                          ∧
       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄
       | メイもアガサも、ラルフが好きだから顔を見せてあげるとよろこぶわ。
       | 会っていきましょうよ

592 :27/47:03/07/16 20:09 ID:SHXYGm74
            \
─────────┐
────────┐│
                ││
                ││
                ││        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                ││         |    これが新しい金庫だょぅ。     |
                ││         |  新発明の三重ロック式だょぅ   |
           ◎   ││        \_______  _____/
                ││      ピカピカダネ            ∨
.            「   ││オオキイネ        ∧∞∧            ∧ミ∧
                ││     ∧∧    (・∀・ ,,)  ∧∧    (゚Д゚,,) 
                ││ ∧∧ ('(∀・*)   ⊂(___(___U   (=゚ω゚)ノ   /|^† U 
────────┘│(∀・,,) ゙(」:L )   /ハ\\〜(  x)  台|   |〜
─────────┘ (__)o ∪∪   ~~∪~∪~~  U U   .  し` J
            __________________∧___
          /                                 \
          |  よくわかりませんが、なにやら立派なもののようですね  |
          \_______________________ /

593 :28/47:03/07/16 20:09 ID:SHXYGm74
そこにベン・プライスがふらりと入ってきて、
木柵のあいだから、さりげなく中のようすを見ていた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                           |┼┼┼|  |
                           |┼┼┼|  | 当銀行に何か御用ですか?
                           |┼┼┼|  \___  ________
        ∧-∧ 、               |┼┼┼|        ∨
  ∧ミ∧ 〈 ハノハ =K                   |┼┼┼|__[ ̄ ̄]__ ∧ ∧
.  (゚Д゚,,) 从゚ー゚リiハ                   |┼┼┼| ( ´Д`) (゚ー゚*)
  ./|^† U   l介 U               |┼┼┼| (〈#〉 ) │ U 
 台|   |〜 く/ i丶ヽ                   |┼┼┼| | | | .  |  |〜
   し` J   し'ヽ)                  |┼┼┼| (_(__)  U U
                                   ∧
                     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   |   いえ、ただ知人を待っているだけです   |

594 :29/47:03/07/16 20:09 ID:SHXYGm74
 /   ┃                         |┼┼┼|
    ━╋━          ┃ ┃.     |┼┼┼|
    ━╋━  ╋┓ ━━  ┃ ┃     |┼┼┼|
 \   ┃   ┃        ・ .・      |┼┼┼|
   !    !                      |┼┼┼|  !     !
        ∧-∧ 、               |┼┼┼|
  ∧ミ∧ 〈 ハノハ =K                   |┼┼┼|__[ ̄ ̄]__ ∧ ∧
.  (゚Д゚,,) 从゚д゚リiハ              |┼┼┼| (´Д` ) (゚ー゚*)
  ./|^† U   l介 U               |┼┼┼| (〈#〉 ) │ U 
 台|   |〜 く/ i丶ヽ                   |┼┼┼| | | | .  |  |〜
   し` J   し'ヽ)                  |┼┼┼| (_(__)  U U

595 :30/47:03/07/16 20:09 ID:SHXYGm74
            \
─────────┐
────────┐│
                ││
                ││
                ││   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                ││   | 大変だ! 目を離している隙に、メイがアガサを |
                ││   | ふざけて金庫に閉じ込めてしまったょぅ!    ..|
           ◎   ││   \________  ___________/
                ││                ∨            ∧-∧ 、
.            「   ││         ∧∞∧            ∧ミ∧ .〈 ハノハ =K
                ││  ∧∧    (・∀・ ;)  ∧∧    (゚Д゚;) 从゚д゚;iハ 
                ││ (∀・*)   ⊂(___(___U  .(゚ω゚;)    /|^† U ⊂l介 U
────────┘│⊂(」:L )   /ハ\\ (x  )〜 台|   |〜 く/ i丶ヽ
─────────┘  ∪∪    ~~∪~∪~~   U U      し` J   し'ヽ)

596 :31/47:03/07/16 20:10 ID:SHXYGm74
            \
─────────┐
────────┐│
                ││
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 だめだ、ドアが開かなぃょぅ!  |
 ネジも巻いてないし、    .     |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 鍵もセットしておかなかった   .| ああ、アガサ! だれかアガサを助けて! |
_______  _______/\__ _______________/
           |./  ││           ∨          ∧-∧ 、
                ││         ∧∞∧     ∧ミ∧ .〈 ハノハ =K
       ∧∧     ││ ∧∧    (T∀T ,)   (゚Д゚;) .从゚д゚;iハ 
      (;゚ω゚)ノ .  ││ (д・*)   ⊂(___(___U    /|^† U ⊂l介 l⊃
── 〜(  x)..‐─┘│ (」:L )   /ハ\\  台|   |〜 く/ i丶ヽ
───‐..U..U‐───┘ ∪∪   ~~∪~∪~~    し` J   し'ヽ)

597 :32/47:03/07/16 20:10 ID:SHXYGm74
            \
─────────┐
────────┐│
                ││
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 中であの子が泣いてるわ!   | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~\
 はやく開けて、ドアを壊して! ..| エルモアにはこのドアを開けられるものは.. │
_________  _____/  おらんのだ。金庫室の中は空気が少ないし、|
               ∨ │     |  このままではそう長くは持たないぞ      |
        ドン.ドン   ││     \_  _________________/
          ∧∞∧| 、|         ∨  ∧ミ∧ 〈 ハノハ =K /          ~\
        ('(T∀T,,/~) ∧∧  ∧∧    (゚Д゚;) 从゚д゚;iハ< なんてことなの・・・ |
        (___(____)  (дT*)  (;゚ω゚)ノ  /|^† U ⊂l介 l⊃  \_______/
─────/ハ\\ (」:L )〜(  x)  台|   |〜 く/ i丶ヽ
────  ~~∪~∪~~ ∪∪   U U   .  し` J   し'ヽ)

598 :33/47:03/07/16 20:10 ID:SHXYGm74
アナベルは、まるで自分の尊敬する男に不可能なことは何ひとつない、
とでも思っているような目で、ラルフを見つめた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
────────┐│
                ││
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
              | ああ、            | | 何とかできませんか、ラルフ・・・  |
              | どうすればいいんだ・・・ | \___  __________/
              \______ ___/       ∨
        ドン.ドン   ││       ∨           ∧-∧ 、
          ∧∞∧| 、|            ∧ミ∧ .〈 ハノハ =K
        ('(T∀T,,/~) ∧∧  ∧∧    (,,゚Д゚) 从゚ー゚;iハ
        (___(____)  (дT*)  (;゚ω゚)ノ.. /|^† U ⊂l介 l⊃
─────/ハ\\ (」:L )〜(  x)  台|   |〜 く/ i丶ヽ
────  ~~∪~∪~~ ∪∪   U U    .し` J   し'ヽ)

599 :34/47:03/07/16 20:11 ID:SHXYGm74
            \
─────────┐
────────┐│
                ││
                ││
                ││    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                ││     |     ・・・・・・      |
                ││    \_____ ____/
           ◎   ││           ∨
        ドン.ドン   ││                ∧-∧ 、
          ∧∞∧| 、|            ∧ミ∧ .〈 ハノハ =K
        ('(T∀T,,/~) ∧∧  ∧∧    (,,゚Д゚) 从゚ー゚;iハ
        (___(____)  (дT*)  (;゚ω゚)ノ.. /|^† U ⊂l介 l⊃
─────/ハ\\ (」:L )〜(  x)  台|   |〜 く/ i丶ヽ
────  ~~∪~∪~~ ∪∪   U U    .し` J   し'ヽ)

600 :35/47:03/07/16 20:12 ID:SHXYGm74
ラルフは唇と鋭い目に、奇妙な、優しい微笑をうかべて、彼女を見た。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
────────┐│
                ││
                ││ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                ││| アナベル、あなたが服につけている |
                ││| その薔薇をくれませんか.          |
                ││\________ _______/
           ◎   ││           ∨
        ドン.ドン   ││                  ∧-∧ 、
          ∧∞∧| 、|           ∧ミ∧  〈 ハノハ =K
        ('(T∀T,,/~) ∧∧  ∧∧   (,,゚ー゚)  从゚д゚リiハ
        (___(____)  (дT*)  (;゚ω゚)ノ /| ^†^つζ⊂l介 lつ
─────/ハ\\ (」:L )〜(  x) 台|   |〜.  く/ i丶ヽ
────  ~~∪~∪~~ ∪∪   U U  .  し` J     し'ヽ)
                               ∧
                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                   |   薔薇? これでよろしいの?  |
                   \______________/

601 :36/47:03/07/16 20:12 ID:SHXYGm74
ジミイは、手渡された薔薇の蕾をチョッキのポケットにおしこみ、
上着を脱ぎ捨て、シャツの袖をまくりあげた。そうした動作と共に、
ラルフ・スペンサーは消えうせ、かわってジミイ・ヴァレンタインがあらわれた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                ││
                │/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
                │| さあみなさん、ドアの前からどいてください! |
                │\________  _________/
           ◎   ││            ∨
                ││                ∧-∧ 、
          ∧∞∧| 、|            ∧ミ∧ .〈 ハノハ =K
         ('(,,TДT/~)∧∧   ∧∧    (゚Д゚,,) 从゚ー゚リiハ
        (___(____) (*Tд)  (;゚ω゚)ノ  /|^† U ⊂l介 l⊃
─────/ハ\\ (」:L )〜(  x)  台|   |〜 く/ i丶ヽ
────  ~~∪~∪~~ ∪∪   U U    .し` J   し'ヽ)

602 :37/47:03/07/16 20:13 ID:SHXYGm74
彼は例のスーツケースからぴかぴか光る奇妙な七つ道具を取り出すと、
仕事にかかるときはいつもそうするように、静かに口笛を吹いた。
ほかの人たちは身動き一つせず、魔法にかかったようにジミイを見守っていた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
                ││
                ││
                ││
                ││           シーン…
           ◎   ││
                ││                       ∧-∧ 、
.            「   ││     ∧∞∧                〈 ハノハ =K
            ∧ミ∧.|     (TДT,, ) ∧∧   ∧∧    从゚ー゚;iハ
  .         (,,  )|     (___(___U (дT*).  (゚ω゚;)   ⊂l介 l⊃
──────‐⊂  ヾ     /ハ\\ (」:L )〜 (x  )〜 く/ i丶ヽ
───────(   )〜   ~~∪~∪~~ ∪∪   U U     し'ヽ)


603 :38/47:03/07/16 20:14 ID:SHXYGm74
            \
─────────┐
────────┐│
                ││
                ││
                ││< カチャン!
                ││
                ││                        !
           ◎   ││      !    !    !
                ││                       ∧-∧ 、
.            「   ││     ∧∞∧                〈 ハノハ =K
            ∧ミ∧.|     (TДT,, ) ∧∧   ∧∧    从゚ー゚リiハ
  .         (,,  )|     (___(___U (дT*).  (゚ω゚;)   ⊂l介 l⊃
──────‐⊂  ヾ     /ハ\\ (」:L )〜 (x  )〜 く/ i丶ヽ
───────(   )〜   ~~∪~∪~~ ∪∪   U U     し'ヽ)

604 :39/47:03/07/16 20:14 ID:SHXYGm74
アガサは、死ぬほど弱ってはいたが、それでも無事に母親の腕に抱きしめられた。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
─┐│
  ││
  ││                   (⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒)
  ││                  (  俺様の金庫破りのレコードタイムを  )
  ││                  (    大幅に更新ってところだな・・・    )
  ││                   〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜'
  ││                                O
  ││                       ∧-∧ 、      o
  ││  ∧∧ ∞∧            〈 ハノハ =K       ∧ミ∧
  ││  (Tд)∀T ,,) ∧∧  ∧∧   从TーT iハ     (゚ー゚,,) 
  ││  o(_と__(___) (∀T*)  (ω^=)  ⊂l介 l⊃     /|^† U 
─┘│    /ハ\\(」:L )〜(x  )〜 く/ i丶ヽ .     台|   |〜
──┘    ~~∪~∪~~∪∪   U U    し'ヽ)       し` J

605 :40/47:03/07/16 20:14 ID:SHXYGm74
  \
──┐
─┐│
  ││
  ││
  ││                           (⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒'⌒)
  ││                           (    ・・・・・・    )
  ││                            〜〜〜〜〜〜〜〜'
  ││                                  O
  ││                       ∧-∧ 、        o
  ││  ∧∧ ∞∧            〈 ハノハ =K           ∧ミ∧
  ││  (Tд)∀T ,,) ∧∧  ∧∧   从TーT iハ        (,,゚ー゚)
  ││  o(_と__(___) (∀T*)  (ω^=)  ⊂l介 l⊃         |⊃†|
─┘│    /ハ\\(」:L )〜(x  )〜 く/ i丶ヽ         〜|  0
──┘    ~~∪~∪~~∪∪   U U    し'ヽ)         し'´

606 :41/47:03/07/16 20:15 ID:SHXYGm74
  \
──┐
─┐│
  ││
  │/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  │|  アガサ!  .      |  ラルフ、ありがとう! あなたのおかげよ!  |
  │| 無事でよかった・・・ |    ・・・あら? ラルフ?                |
  │\_____ ____/ \_______ ___________/
  ││     ∨                 ∨
  ││                       ∧-∧、
  ││  ∧∧ ∞∧              ri_,.ハノハ 〉
  ││  (Tд)∀T ,,) ∧∧  ∧∧   〈「l T∀从
  ││  o(_と__(___) (∀T*)  (ω^=)  ⊂l 介lつ
─┘│    /ハ\\(」:L )〜(x  )〜 く/ i丶ヽ
──┘    ~~∪~∪~~∪∪   U U     し'ノ

607 :42/47:03/07/16 20:15 ID:SHXYGm74
  \
──┐
─┐│
  ││
  ││
  ││                / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ││                |    ラルフ?       |
  ││                \_____ ___/
  ││                       ∨
  ││                       ∧-∧、
  ││  ∧∧ ∞∧              ri_,.ハノハ 〉
  ││  (Tд)∀T ,,) ∧∧  ∧∧   〈「il ゚д゚从 
  ││  o(_と__(___) (∀T*)  (ω^=)  ⊂l 介lつ
─┘│    /ハ\\(」:L )〜(x  )〜 く/ i丶ヽ
──┘    ~~∪~∪~~∪∪   U U     し'ノ

608 :43/47:03/07/16 20:16 ID:SHXYGm74


  ラルフー──!!                   ∧ミ∧
\                               (,, ー )
                                 |⊃†|
                               〜|  0
                                 し'´

609 :44/47:03/07/16 20:16 ID:SHXYGm74
                               ヌッ     |
                                  彡 |
            ∧ミ∧             __[ ̄ ̄]__  ..|
          Σ (,,゚ー゚)             (´Д` )    |
             |⊃†|             (〈#〉 ) .  |
           〜|  0                 | | |   .|
             し'´               (_(__)   |

610 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 20:16 ID:vHq+lSp2
sien

611 :45/47:03/07/16 20:17 ID:SHXYGm74
あらわれたベン・プライスに、まだ奇妙な微笑をうかべたままのジミイが言った。
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  やあ、ベン。 とうとうやってきたね。 さあ、行こう。       |
  もう、どうころんでも、たいしたちがいはなさそうだからね   |
                                     /
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          ∧ミ∧           __[ ̄ ̄]__
            (,,゚ー゚)           (´Д` )
         ⊂ ^†^つ          (〈#〉 )
         〜|  |           | | |
  .           し`J           (_(__)

                          ∧
                     / ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄\
                     |    ・・・・・・      |
                     \________/

612 :46/47:03/07/16 20:17 ID:SHXYGm74
     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
     |   何かのまちがいじゃありませんか、スペンサーさん。     |
     |  私があなたを知っているなんて、とんでもないことです   |
     \                                   /
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          ∧ミ∧           __[ ̄ ̄]__
          Σ (,,゚Д゚)           (´Д` )
         ⊂ ^†^つ          (〈#〉 )
         〜|  |           | | |
  .           し`J           (_(__)

             ∧
        / ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄\
        |  ・・・えっ?    |
        \________/

613 :47/47:03/07/16 20:18 ID:SHXYGm74
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
         |  ほら、玄関にあなたの馬車が待っているじゃありませんか  |
         \                                     /
            ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

          ∧ミ∧             __[ ̄ ̄]__
            (,,゚Д゚)             ( ´∀`)
         ⊂ ^†^つ            ( 〈#〉)
         〜|  |              人 γヽ
  .           し`J             (__人__ノ

             ∧
        / ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄\
        |    ・・・・・・      |
        \________/
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;

 そう言って、ベン・プライスは、ゆっくりと通りを歩み去っていった。

                                              E N D

614 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 20:20 ID:JGPk7gDe
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
乙っ!

615 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 20:20 ID:5HOmxU+Q
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!
乙!!

616 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 20:21 ID:SHXYGm74
O・ヘンリの「よみがえった改心」でした。
端折ったところがけっこうあるので、気になる人は原作を読んでみてください。
それと>>580-581はそれぞれ、15/47、16/47の間違いですた。

風景スレからいくつも拝借させていただきました。アリガd。

617 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 20:22 ID:R+dWR3zS
乙! ええ話や…( ´Д⊂

618 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 20:41 ID:goVzgITC
スマン いい話なんだが元ネタは小説?

いきなり大作でネタがさっぱりだったから何事かと思った(;´Д`)

619 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 20:52 ID:ki9EAIRs
懐かしいええ話だ。・゚・(ノД`)・゚・
いい話はいつの時代でもいい話だね。


620 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 21:22 ID:kAxVTk66
良かったよ。心が洗われた。

621 :620:03/07/16 21:26 ID:kAxVTk66
スマソ。あげちゃった。

622 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 22:06 ID:9pP35jRE
0ヘンリー遂にこのスレにキター!!

623 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 22:17 ID:3VMQpTDf
グッジョブ!

Oヘンリーでこっちも作ってるんだけど、難しい…
文をそがにゃならんからねぇ

624 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 22:41 ID:JuQp2qOj
            |__|
               |:::::::::::::|
           |     |
              ||     .||
           _ ||     .||  _   ミ
        /   \|     |/   \
      /  /ヽ \∩/ /\  \   ミ
    /  /   |   Y   | / \  \
 c __ )    ヽ     / / / (___つ
              /       | / /
             /       / /  うわ〜〜〜!
            /   ) (   /
         / _   _ノ\
       // /(    )  \\
     / ./ /  ∨ ̄∨ 彡 \\
      |// /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|
     ..|/ /________|
     ///U
            |__|
               |:::::::::::::|
           |     |
              ||     .||
              ||     .||   うわわわ〜〜〜!!
      __    .||     .||  __
   /    \ ||      || /    \   ミ
  /   /   \∧_∧/    \   \
/   / \    \∩/     / \   \  ミ
   /     \            /\_ \   \
_ )       |    *    /\ っ ) (___つ
            ヽ _人_  /
        //::::::::::::::::::\\
       //        \\
     //           \\
      |/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\|
     ..|__________|

625 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/16 23:45 ID:Gnu2Mc+v
絶望孤児のための…
記憶が正しければ、いとう せいこうですか…
いや、O・ヘンリーといい元ネタの層が厚くなってきてますなぁ。。。

626 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 00:00 ID:Zhn7Cj1u
なつかしーな、オイ!
リア厨の頃に読んでホロリときたのを思い出しちゃったよ

627 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 00:03 ID:fYZhaSEM
不思議だけど、今日の昼にこの小説のことが頭に浮かんでた。
すごいタイミングだ。そしてすごくこなれたAA。素晴らしいです。

628 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 00:06 ID:y2/oOVgn
ふあー。すげー。
みんな乙!

629 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 10:03 ID:KQSv/II7
ジーンときちまったよひさびさに。
乙カレー

630 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 11:53 ID:5wjUYejD
O・ヘンリーキター!
読んだことない人は読んでみるべし。
ショート・ショートより若干長いぐらいのお話が多いけどね。

最後の一葉とか、NHK教育でやってた記憶があるなぁ……
あと、賢者の贈り物が有名ですな。クリスマスに期待。

631 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 11:53 ID:tpuB/tNE
これぞまさしくGood Job!と言うのに相応しい!

    ∩
    ( ⌒)     ∩_ _
   /,. ノ      i .,,E)
  ./ /"      / /" .
  ./ / _、_   / ノ'
 / / ,_ノ` )/ /
(       /  good job!
 ヽ     |
  \    \

>>622
1スレ目に「福の神と恋の神」、「最後の一葉」の2作がありますよ。

632 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 18:53 ID:weyG6c9S
このネタ知ってるかも
なんかどこかで見たような…TVで

633 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 22:13 ID:Lds515gt
賢者の贈り物は
個人的に世界最高のショートショートだと思いまふ


634 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/17 22:54 ID:W8KBeziT
633さん

御指摘アリガ!

635 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 07:44 ID:KElzyPB5
>632
漏れはお粗末君のネタで見たことあるぞ。
チヴィタが金庫破りの役で。きちんといい話で終わってた。

636 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 12:38 ID:H0E40i65
>>635
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー 75ヘェ

637 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 13:49 ID:LldGhLAS
>635
あー、それかも

638 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 18:57 ID:7FjfV/GW
乙でつ〜。俺が中1のとき先輩が学園祭で演ったやつだよ、これ。

639 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 20:48 ID:GgKf0YD+
う〜ん、久々に激しく良かった。乙。

>638
なかなかしゃれた中学ですな。

640 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 21:51 ID:M67HGDMz
というか、色々な所で扱われてる(パクられてる?)ストーリーだよね。
>>635の他にも、日本のドラマとかでも何度かやってたはずだし。

641 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 22:16 ID:XBZEUr+Q
なんせ100年前のお話ですから。

642 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 22:54 ID:Q19rR21Y
>>640
だから、それぐらい普遍的な名作ってこったよ。

何で俺はこんな喧嘩腰なんだろ。

643 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/18 22:58 ID:QdHjdv7M
ユゴーの「レ・ミゼラブル」からO・ヘンリーが案を頂いたって気もする。

644 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/19 02:14 ID:wGJMYYEC
>>643
確かに。
他のはありがちで済ませるにしても、
ジャベールの渋さがそっくりだ罠。

645 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/19 15:12 ID:2jeeayNS
おそ松くんで読んで感動した記憶がある・・・
そんときは確かチビタが主人公

646 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 04:44 ID:ezI1vaY5


647 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 09:42 ID:Ar6DBIR9


648 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 10:23 ID:Z4C9Qq2r


649 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 11:16 ID:Y8ACbe/c


650 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 11:29 ID:zFd0v3oI


651 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 12:39 ID:lDUZPScj


652 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 12:43 ID:Ce2UyRXT


653 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 13:03 ID:0nzpa1oZ
・・・

654 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 13:08 ID:OZ5L1hno
あずまんがだ。・・・・

655 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 14:55 ID:1g/d0nEw
硫黄

656 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 16:01 ID:CL7etrU3
島の

657 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 16:06 ID:QviK8lCf
諸味蕎麦

658 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

659 :_:03/07/20 16:22 ID:BxfBbcq6
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

660 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 22:18 ID:pTWjCVo6
>しってます、すでにあぼーんたのんでます。その書き込みがあった掲示板&スレ教えてください。
あぼーんたのんでますにちょいワラ

661 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/20 22:56 ID:b3WblzNW
私怨クンは放置しろよ

662 :1/18:03/07/21 07:49 ID:9mycnUDw
    ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐:::::::::::: :::::::::: :::::::: ::::::::: :::::::: :::::::: :::::: :::::: ::::
  /[[[ー‐((O))‐ーー]]]\  (二二二二二二二二二二二二二
 /::三三θ≡θ≡θ三三:: ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽
 | ||____________||  | ,;:  ||. .... .. .:.:.:.:. .. .... .... .. .:.:.:.:. .. ...
 | ||.O゚ 。 ゚ 。 .O゚ 。゚ 。....||  !  l⌒l. ....:. .. ... ____________________
 | ||.゚○。    .゚○。  ||(二二().....|. .... .. .:.:.:.│−−−‐‐‐‐‐
 | ||゚o゚ヽ(`Д´)ノ    ...||  i........|___|. .... .. .:.:.:.:.|[◎][◎][◎]
 | ||__. . リルリル .O゚.。.. ||  |............____________.....|≒≒≒≒≒
 | ||.O゚ 。.O゚ 。__.゚○。 ___||  |::::::::::::|匚l□|/_|lllll||llll|llll||llll||llll
 | ||.゚○。.゚○。__゚o゚ ゚. .....||  !:::::::/ΞΞΞ  //______
 | ||゚o゚ ゚.゚o゚ ゚.___   .___||(二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | ||____________||/i::::::|[━].:::::::::::::::::|/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii. ...
 |二二‰гбажй二二|/::::|‰:::::::::::::::::::::|/iiiiiiiiiiiiiiiiiiiiii. ...
     ∧彡∧
    (φ∀・)          ∧_∧
    (|  |:|)          (´∀` ミ
    ノ.____|:|           (    )
    (__)_)          | | |
                   (__)_)
              ┌──────^-───────────
              │ほほう、ベモラ所長
              │これが問題の異次元生物ですか
┌──∧───┴──────────────────
│そうなんですよ、モナーズ博士。グロテスクな生物でしょう?
│捕まえる時に気味悪がって、大騒ぎで檻に入れたんですよ
└─────────────────────────

663 :2/18:03/07/21 07:51 ID:9mycnUDw
                   人人人人
            | ||____< クェ-クェー  >
            | ||.O゚ 。< クワックワッー >
            | ||.゚○。  VVVVVVV
            | ||゚o゚ヽ(`Д´)ノ    ...||
            | ||__. . リルリル .O゚.。.. ||
            | ||.O゚ 。.O゚ 。__.゚○。 ___||
            | ||.゚○。.゚○。__゚o゚ ゚. .....||
            | ||゚o゚ ゚.゚o゚ ゚.___   .___||(
            | ||____________||/
     ∧彡∧   |二二‰гбажй二二
    (φ∀・)          ∧_∧
    (|  |:|)          (´∀` ミ
    ノ.____|:|           (    )
    (__)_)          | | |
                   (__)_)
              ┌──────^-──────────────────
              │そうでしょうな、私もあまり触って見たい気分になれませんよ。
              │まさか、私に触れというんじゃないでしょうな、ハッハッハ
┌──∧───┴─────────────────────────
│いいえ、博士にはこの生物の言葉を分析して欲しいのです。
│我々、異次元研究所は純粋に異次元世界を科学的に研究する機関です。
│いたずらに、異次元生物を捕らえて拘束するのが目的ではありません。
├──∧─────────────────────────────
│出来ることなら、一刻も早くこの生物を元の世界に帰してあげたいのです。
└────────────────────────────────


664 :3/18:03/07/21 07:51 ID:9mycnUDw
              ┌────────────────────────────
              │ということは、今の段階では元の世界に帰せないということですか?
              │捉えてきた次元に返してあげればいいじゃないですか
┌──────┴──────v-─────────────────────
│そうしたいのですが、この生物は初めから捕まえようとして捕まえたのではないのです。
│異次元探査機が故障しまして、何とか無事回収した時に、機体に引っかかっていた
│というわけなんですよ。どこの次元の生物かまったく…
└───y-───────────────────────────────
     ∧彡∧
    (φД-)          ∧_∧
    (|  |:|)          (´Д` ミ
    ノ.____|:|           (    )
    (__)_)          | | |
                   (__)_)


665 :4/18:03/07/21 07:52 ID:9mycnUDw
┌───────────────────────────────
│あてずっぽうでどこかの次元へ送り込んだらかわいそうですから
│博士にこの生物と話をしてもらってどの次元から来たか聞き出して欲しいと
└────y-──┬───────────────────────
                │ なるほど、ではやってみましょう
                └──────v-────────

     ∧彡∧
    (φ∀・)          ∧_∧
    (|  |:|)          (´∀` ミ
    ノ.____|:|           (    )
    (__)_)          | | |
                   (__)_)


666 :5/18:03/07/21 07:52 ID:9mycnUDw
                   人人人人
            | ||____< クェ-クェー  >
            | ||.O゚ 。< クワックワッー >
            | ||.゚○。  VVVVVVV
            | ||゚o゚ヽ(`Д´)ノ    ...||
            | ||__. . リルリル .O゚.。.. ||
            | ||.O゚ 。.O゚ 。__.゚○。 ___||
            | ||.゚○。.゚○。__゚o゚ ゚. .....||
            | ||゚o゚ ゚.゚o゚ ゚.___   .___||(
            | ||____________||/
     ∧彡∧   |二二‰гбажй二二
    (φ∀・)          ∧_∧
    (|  |:|)          (´∀` ミ
    ノ.____|:|           (    )
    (__)_)          | | |
                   (__)_)

              ┌──────^-──────────────────
              │これがはじめてですから、うまくいくかどうかわかりません
              │出来るだけ、やれるだけのことはやってみましょう
              │では、所長、しばらくの間、私とこの生物の二人だけにしてください。
┌──∧───┴─────────────────────────
│わかりました。では私は隣の部屋で待機しています。
└──────────────────────


667 :6/18:03/07/21 07:53 ID:9mycnUDw
         (二≡二)         ___________
     ┌───┬───┐     |‖‖‖‖‖‖|
     │      │      │     |llll l l l l l l l ll l l|
     │      │      │     |[][][][][][][][][] |
     │      │      │.[:]. . ..|000000000000|
     │      │      │     |△△△△△△|
     │      │      │     |‖‖‖‖‖‖|
     ┴───┴───┴     |‖‖‖‖‖‖|
                       ┴┴┴┴┴┴┴
                     ∧彡∧
          _______________∬ (φ∀- )
        /        ■o⊂  ⊂ )
        |三三三三三三|  ( (  ヽ
        | |       | |   し し□


668 :7/18:03/07/21 07:54 ID:9mycnUDw




        そして、3時間が経過した。





669 :8/18:03/07/21 07:55 ID:9mycnUDw
         (二■二)         ___________
     ┌───────┐     |‖‖‖‖‖‖|
     │__      __│     |llll l l l l l l l ll l l|
     │   ̄ ̄   ̄ ̄  │     |[][][][][][][][][] |
     │   プシュ--ッ   │.[:]. . ..|000000000000|
     │  __  __  │     |△△△△△△|
     │ ̄ ̄       ̄ ̄│     |‖‖‖‖‖‖|
     ┴───────┴     |‖‖‖‖‖‖|
                       ┴┴┴┴┴┴┴
                     ∧彡∧
          _______________∬ (∀・  )
        /        ■o⊂  ⊂ )
        |三三三三三三|  ( (  ヽ
        | |       | |   し し□


670 :9/18:03/07/21 07:56 ID:9mycnUDw
┌───────────────────────────────
│いかかでしたか、博士。言葉は通じたでしょうか?
└────y-──┬───────────────────────
                │通じましたよ、思ったよりやさしい言語体系でした。
                └──────v-──────────────

     ∧彡∧ マアイッパイ
    (φ∀・)       ∧_∧ ア、コリャドウモ
    (|  |:|つс■   (´∀` ミ
    ノ.____|:|      と(    )
    (__)_)       | | |
                (__)_)


671 :10/18:03/07/21 07:56 ID:9mycnUDw
 /⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
( あなたはどの次元の生物ですか?  )
 ゝ_______________________________________________ノ

                 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                < ウルセー、バカ、ハゲ、オタンコナス  >
                 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
     ∧_∧
    彡 ´∀`)       ヽ(`Д´)ノ
                   リルリル
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜レ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     ∧彡∧
    (φ∀・)        ∧_∧
    (|  |:|)       (´∀` ミ
    ノ.____|:|       ■と(    )
    (__)_)       | | |
                (__)_)
┌──∧────
│おたんこなす?┌─────^-────────────
└──────‐┤そうです、それで、いや、これは、
            │予想以上に怒っているなと思いました
            └──────────────────


672 :11/18:03/07/21 08:00 ID:9mycnUDw
 /⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
( あなたが怒るのも無理は有りません )
( でもこれは事故だったのです。     )
( どうか許してください。          )
 ゝ_______________________________________________ノ

                 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                < バカ、カバ、チンドンヤ、オマエノカーチャンデベソ  >
                 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
     ∧_∧
    彡 ´∀`)       ヽ(`Д´)ノ
                   リルリル

673 :12/18:03/07/21 08:01 ID:9mycnUDw
 /⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
( 弱りましたな。                 )
( あなたがきちんと答えてくれないと      )
( もとの世界に帰してあげられないんですよ )
 ゝ_____________________________________________________ノ

                 ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                < ウゼェ、クソッタレ、ションベンタレ、ヌルポ  >
                 ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
     ∧_∧
    彡 ´Д`)       ヽ(`Д´)ノ
                   リルリル
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜レ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     ∧彡∧
    (φД・)        ∧_∧
    (|  |:|)       (´Д` ミ
    ノ.____|:|          (つ■ )
    (__)_)       | | |
                (__)_)
┌──∧────
│ヌルポ?     ┌─────^-────────────
└──────‐┤さすがに、私も思わず叩こうかと思いましたが、
            │ここで怒っては元も子もない。
            │じっとこらえました。
            └──────────────────


674 :13/18:03/07/21 08:01 ID:9mycnUDw
 /⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ヽ
( まあまあ、もう少し冷静になってください。 )
( 落ち着いて話し合えば判るでしょう     )
 ゝ_____________________________________________________ノ

     ∧_∧
    彡 ´∀`)       ヽ(`Д´)ノ
                   リルリル


675 :14/18:03/07/21 08:02 ID:9mycnUDw
死ね・くたばれ・消えろ・失せろ・潰れろ・馬鹿・あほ・間抜け・ドジ。
ポンコツ・トンチキ・ガラクタ・クズ・ゴミ・カス・最低以下の下劣・下等種族。
劣等種族・下衆野郎・腐れ外道・邪道・外道・非道・ウジ虫・害虫・ガン細胞。
ウィルス・ばい菌・疫病神・病原体・汚染源・公害・ダイオキシン・SARS。
廃棄物・発ガン物質・猛毒・毒物・有毒物質・ダニ・ゴキブリ・シラミ・ノミ。
毛虫・蠅・蚊・ボウフラ・芋虫・掃き溜め・汚物・糞・ゲロ・糞虫野郎・ほら吹き。
基地外・デタラメ・ハッタリ・穀潰し・ろくでなし・ごろつき・ヤクザ者。
社会の敵・犯罪者・反乱者・前科者・インチキ・エロ・痴漢・変質者・シデムシ。
ゴミ虫・毒虫・便所コオロギ・詐欺師・ペテン師・道化師・危険分子・痴呆・白痴。
魔物・妖怪・悪霊・怨霊・死神・貧乏神・奇天烈・奇人・変人・毒ガス・サリン・炭疽菌。
ソマン・マスタードガス・イペリット・クソブタ・ブタ野郎・畜生・鬼畜・悪鬼。
邪気・邪鬼・ストーカー・クレイジー・ファッキン・サノバビッチ・シット・ガッデム。
小便・便所の落書き・不要物・障害物・邪魔者・除け者・不良品・カビ・腐ったミカン。
土左衛門・腐乱・腐臭・落伍者・犯人・ならず者・チンカス・膿・垢・フケ・化膿菌。
放射能・放射線・鬼っ子・異端者・妄想・邪宗・異教徒・恥垢・陰毛・白ブタ。
ケダモノ・ボッコ・ろくでなし・VXガス・ヒ素・青酸・監獄・獄門・さらし首。
打ち首・市中引きずり回し・戦犯・絞首刑・斬首・乞食・浮浪者・ルンペン・物乞い。
放射性廃棄物・余命1年・アク・割れたコップ・精神年齢7歳・3審は必要なし。
不良品、規格外、欠陥品、不要物、埃、掃き溜め、吹き溜まり、塵埃、インチキ、居直り。
ふてぶてしい、盗人、盗賊、残忍、残酷、冷酷、非情、薄情者、ガキ、クソガキ。
ファッキン、ガッデム、サノバビッチ、シット、ブルシット、ボロ、ボッコ、妄信。
狂信者、有害物質、毒薬、毒物、発ガン物質、誇大妄想狂。
──────────────v───────────────────────

     ∧_∧
    彡 ;´Д`)       ヽ(`凵L)/
                   リルリル

676 :15/18:03/07/21 08:03 ID:9mycnUDw
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜レ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 オレデモイワネエゾソコマデハ…
     ∧彡∧
    (φД・)        ∧_∧
    (|  |:|)       (´Д` ミ
    ノ.____|:|       ■と(    )
    (__)_)       | | |
                (__)_)
         ┌─────^-────────────
         │それだけならまだ、我慢できたんですが、
         └──────────────────


677 :16/18:03/07/21 08:03 ID:9mycnUDw
     ∧_∧      プップップッ
    彡lli´Д`)    ε=ε=ε=( `Д´)/
                     リルリル
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜レ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      ∧彡∧
     (#φД・)         ∧_∧
 .     と|  |:|つ       (´Д`# ミ
     ノ.____|:|          (    つ■
     (__)_)        | | |
                  (__)_)
              ┌─────^-────────────
              │私に向かってプップップッとオナラを三発も
              │続けてぶっ放したのです。
┌──∧───┴──────────────────
│オナラを、3発も?なんというひどい奴だ!!
└────────────────────


678 :17/18:03/07/21 08:04 ID:9mycnUDw
                ┌─────────────────────────
                │ここまでされては、相手が何者であろうと、我慢できません。
                │所長には申し訳ないが、会話を中止して出てきたわけです。
┌───────┴──────v-──────────────────
│それは当然です。そこまでされて怒らない人間はいません。
│なんという性格の奴なんだ。何を言っても下品な悪態をついているばかりで、
│結局、ドコの次元から来たかわからずじまいですね。
└───∨───┬─────────────────────────
                │いいえ、あの会話によってだいたいは想像つきました。
                └──────v-──────────────────
      ∧彡∧
     (#φД・)         ∧_∧
 .     と|  |:|つ       (´Д`* ミ
     ノ.____|:|          (つ■と)
     (__)_)        | | |
                  (__)_)


679 :18/18:03/07/21 08:04 ID:9mycnUDw
┌─────────────────────────────────
│ええっ、本当ですか?いったい、どこから来たのですか?
└───∨───┬─────────────────────────
                │第何次元世界の生物かは、わかりませんが、
                │ああいう、下品な言葉を並べるのは、それは、もう、
                │”低次元”のやつに決まっていますね
                └──────v-──────────────────

      ∧彡∧ ソウイウオチカイ
     (lliφД・)         ∧_∧
 .      | つ |:|つ       彡*´∀` ミ
     ノ ____|:|          (つ■と)
     (__)_)        | | |
                  (__)_)

おわり


680 : ◆FOX/SJKRRI :03/07/21 08:05 ID:9mycnUDw
あとがき

元ネタは、横田順彌の『異次元生物』でした。


681 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 10:13 ID:FrCsRbl8
あれ、一こま目は?

682 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 11:10 ID:o7aRxy0W
>>681
1コマ目がどうかしたの?
ともかく面白かったよ!乙!

683 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 12:58 ID:98jTASW1
きっと1コマ目にものすごく面白いネタが…

684 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 13:54 ID:4OJVr760
テンポよくてワラタ。構成ウマー

専用ブラ使ってるんだけど最初なぜか一コマ目見えなかった。
見えないヤシはログを捨てて再読み込みすればOK。

685 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 15:18 ID:8JYAXz7L
俺も最初1コマ目が「ここ壊れてます」になった
ちなみにOpenJane Doe α 0.1.8.2

686 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 15:28 ID:+/ycsIvg
すごく面白かった。
ヌルポにハゲワラ。次回作期待してます。

687 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 15:54 ID:i3JIH61I
わー、ヨコジュン作品が!
大好きなので嬉しかったです。ありがとう。

688 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 16:45 ID:ESOV2irR
ギコナビだけど普通に見れた
でも何故かスレDLになった
どっかであぼーんされたレスがあったのかな?

ちなみに、ときどき見れないスレがある
幸いこれは見れるんだけど、そういうスレはIEで見なきゃならないね

689 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 17:35 ID:IerPrUsl
かちゅーしゃは見れない・・・

690 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 18:00 ID:4+nhoJ85
kageは見れる罠

691 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 20:02 ID:45A9q16D
>>685
再読込すればなおるよ。

692 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/21 20:07 ID:9owRLfym
「ショートショートの広場1」の選評に書いてある「チーン」
というのは何のことなのか、知っている人は教えてくれませんか。
スレ違い気味でスマソ

693 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 01:05 ID:ANMqDSz9
亀でスマソだけどヘンリーの金庫破りの話は
ダイノジがオンエアバトルで爆弾犯のパロディとして(処々違うけど)やってたから
何となく知ってるって人もいるかも。
私だけどさ

694 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 03:35 ID:yEkpaGMo
>>692

本当にスレ違いだけど、簡単に説明。
あの本には優秀作品しか載ってないけど、その前に「ショートショートの広場○○○○年編」みたいなのが出てた。
その中では優秀作品以外の作品も載っていて、そこに「チーン」があった。

ってことのはず。ちなみに「チーン」を読んだことは無い。

695 :災難:03/07/22 10:20 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
                                        
その男は、何匹かのネズミを飼っていた。           
数多くの中から選んだ、敏感な性質のネズミばかりだった。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


  ∧_∧´`(´`)
  (*・∀・(´く_` )
  (  つつ  )〜
  )  ) )´ `
 (__)__)

696 :災難:03/07/22 10:20 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

男は毎日、熱心にネズミのせわをした。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|さぁ、たっぷり食べなさい。

   ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧__∧
 ( ・∀・) オトウトジャ、メシノヨウダ
 (つ__ __つ   .(´`(´`)ヽ   (´`(´`)ヽタベルトスルカアニジャ
 (__ ) ) l___l(´_ゝ` ) )〜(´く_` ) .)〜

697 :災難:03/07/22 10:20 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ネズミが病気になると、自分のこと以上に心配する。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

  _(´`)´`)_
  |(;´_ゝ`)ウ、ウウン・・
  |'"'"'""'"'|
  |     |
  |___________|


  ∧__∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ;・∀)<待ってろ!今薬を買って来てやるからな!
と    つ \_________________
  人  Y
 し (_)

698 :災難:03/07/22 10:21 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

ネズミのほうも、男に良くなついていた。
晴れた日は庭で仲良く遊び、雨の日は家の中でかくれんぼをする。
また、旅行する時も一緒だった。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,



          ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         (・∀・ )<じゃあ今度は折れが鬼だからな!
ツカマエタゾモラジャ(つ   ,ノつ\_____________
  _(´`)´`)  / ゝ 〉
〜( ( ´_ゝ`)ソ(_(__)

699 :災難:03/07/22 10:21 ID:HgqlnhH1

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

しかし、男がネズミとくらしているのは、かわいがるだけが目的ではなかった。
男はいつも背中をなでてやりながら、こんなことを呟く。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |考えてみると、お前たちがいなかったら、
              |私は何回も災難にあっていただろうな。
              \
                 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ズルイゾアニジャ
オトウトジャ、          ∧_∧
ジンセイハキビシイノダ     (・∀・ )マァマァ マターリシヨウヨ
  _(´`)´`)   (´`(´`)ヽと   ⊂.)
〜( ( ´"|...)Σ(´く_`;) .) 、_____(_)_)
     ̄

700 :災難:03/07/22 10:21 ID:HgqlnhH1


   ネズミには、近づいてくる危険を、あらかじめ感じとる力あるのでは無いだろうか。
        男はこのことに気付き、その利用を思い立ったのだ。
              そして研究は成功し、役に立った。




701 :災難:03/07/22 10:21 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

かつて、ある日、ネズミたちが突然家から逃げだした事もあった。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

       ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ⊂( ・∀・;)<ど、どこに逝くんだ?
       `、  と)  \_______
        (⌒) |
           し



(´`(´`)ヽ    (´`(´`)ヽ
(´く_`;) )〜  (;´_ゝ`) )〜

702 :災難:03/07/22 10:21 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

その時、激しい地震が起こった。
幸い外にいたから助かったが、もし家の中にいたら、家の下敷きになっていたはずだ。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

      (∧_∧)
    (⊂(( ・∀・;))
       `、  と))
       ((⌒) |)
          (し)


((´`(´`)ヽ)    ((´`(´`)ヽ)
((´く_`;) ))〜  ((;´_ゝ`) ))〜


703 :災難:03/07/22 10:22 ID:HgqlnhH1


   こんなふうに、ネズミのおかげで助かった事は、他に何回もあった。

704 :災難:03/07/22 10:22 ID:HgqlnhH1
              / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              |なにしろ、事故や災害の多い世の中だ。
              |これからも、おたがいに助けあって行こう。
              \
                 ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                  ∧_∧
                 (・∀・; )コ、コレハ!!!
   _(´`)´`)     (´`(´`) と   ⊂.)
キタ━( ゚∀゚)━!!!!l___l(゚∀゚ ) ) 、_____(_)_)

,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

と、男がエサをやっていると、ネズミたちがソワソワし始めた。
今までに危険が迫った時、いつも示した動作だった。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

705 :災難:03/07/22 10:22 ID:HgqlnhH1
.....................................................................................................................................................
:ほほう、何かが起こるのだな。                       :
:今度は何だろう。火事だろうか、大水だろうか、さいたまだろうか。 :
:いずれにせよ、早速引っ越す事にしよう。                :
```````○```````````````````````````````````````````````
    。0
  ∧_∧
 ( ・∀・)


706 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 10:25 ID:/5nX9U8k
支援

707 :災難:03/07/22 10:31 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

急ぐとなると、その家を高く売ることはできなかった。
また、安い家を探している暇も無かった。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


            (\_/) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /-□ □  |えっ、そんなに安いんですか!?
  ∧_∧     (   ____ゝ \
 彡 ´д`)   ∩-∩[賃貸]    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( つ  つ   /◎\ ┌┐\
============================ ∧_∧
_____________ノ (・∀・; )
.  ┏━━┓   ┏━━┓  |⊂    つ
    ━┳━     ━┳━     |  ( (  (
------┻---------.┻───┘ (_(_)
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|あいにく、安い家を買いたいと言う
|お客様しかいないんですよ。
\_____________

708 :災難:03/07/22 10:31 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

しかし、それくらいの損は仕方ない。
ぐずぐずして、災難に遭ったら大変だ。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


            (\_/) / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             /-□ □  |ならば仕方ない。その金額で家を売りましょう。
  ∧_∧     (   ____ゝ \
 彡;´Д`)   ∩-∩[賃貸]    ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( つ  つ   /◎\ ┌┐\
============================ ∧_∧
_____________ノ (・∀・; )
.  ┏━━┓   ┏━━┓  |⊂    つ
    ━┳━     ━┳━     |   |  |  |
------┻---------.┻───┘ (_(_)
      |\
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|高く売れなくてすみませんね。
\_____________


709 :災難:03/07/22 10:32 ID:HgqlnhH1
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

新しい家に移ると、ネズミたちの様子は元に戻った。
気分が落ち着くと、男は遭わなくてすんだ災難が何だったのかを、知りたくなった。
そこで、電話をかけて聞いてみる事にした。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| もしもし、私は前にその家に住んでいた者です。
| ちょっとお聞きしたい事が・・・・
\_____   ______________
         ∨

       ∧_∧D
      ( ・∀・)○     ___  (´`(´`)
      (  <V>)D……/◎\(´く_` ) )〜
===========================================

           C ∧∧
   ___    ○(゚ω゚=)
 /◎\……C(x  )〜
          ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| なんだょぅ。何か忘れ物かょぅ。
\_____________

710 :災難:03/07/22 10:32 ID:HgqlnhH1

/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| そうではありません。私が越した後、
|そちらで何か変わったことがあったかどうかを知りたいのです。
\_____   ____________________
         ∨

       ∧_∧D
      ( ・∀・)○     ___  (´`(´`)
      (  <V>)D……/◎\(´く_` ) )〜
===========================================

           C ∧∧
   ___    ○(゚ω゚=)
 /◎\……C(x  )〜
          ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄
| さぁ、別に無いょぅ。
\_________


711 :災難:03/07/22 10:32 ID:HgqlnhH1
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| そんなはずはありませんよ。
| よく考えてみて下さい。
\_____   ______
         ∨

       ∧_∧D
      (# ・∀・)○     ___  (´`(´`)  :
      (  <V>)D……/◎\(´く_` ) )´
===========================================

           C ∧∧
   ___    ○(゚ω゚;)
 /◎\……C(x  )〜
          ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| そういえば、あれからまもなく、隣の家に住んでいた人もかわったょぅ。
| それくらいしか無ぃょぅ。
\_____________________________


712 :災難:03/07/22 10:32 ID:HgqlnhH1
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| そうですか。今度の人は、どんな方ですか。
| きっと、物騒な人でしょうね。
\_____   ____________
         ∨

       ∧_∧D
      ( ・∀・)○     ___  (´`(´`)
      (  <V>)D……/◎\(´く_` ) )〜
===========================================

           C ∧∧
   ___    ○(゚ω゚=)
 /◎\……C(x  )〜
          ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄
| いいえ、おとなしい人ですょぅ。
\_________

713 :災難:03/07/22 10:33 ID:HgqlnhH1
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 本当にそうですか?
\_____   ____________
         ∨

       ∧_∧D
      (;・∀・)○     ___  (´`(´`)
      (  <V>)D……/◎\(´く_`;) )〜
===========================================

714 :災難:03/07/22 10:33 ID:HgqlnhH1
「たしかです。
   ネコが大好きで、たくさん飼っているような人ですから。」

        |     |/(-_-)\|
        |     |   ∩∩   |
        |      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   @@@
      (-_-)            @# _、_@
      (∩∩)-@@@─────-(  ノ`)────
    / __@# _、_@        / ^.|
  /〜' ____  ノ` )       (,,_/
/   UU    U^U        /

715 : ◆2getVg9EVY :03/07/22 10:35 ID:HgqlnhH1
星新一の「災難」でした。

716 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 10:35 ID:/7QxdflR
ヒャー!初リアルタイム!
ID:HgqlnhH1さん、乙!
猫=母者なのか… そりゃあたしかに((((;゚Д゚)))ガクガクブルブルだな。

717 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 10:36 ID:oRDUPoJ7
私も初リアルタイム。
乙でした!

718 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 10:38 ID:8fx0juLe
>>695
乙です。

>>714
がーん。

719 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 11:05 ID:S4P54rRs
ワロタ

720 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 12:17 ID:IC/UHuPV
>>694 ありがd


721 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 16:02 ID:nKp6rH3s
弟者は「オトジャ」じゃないだろうか。
まぁとにかく乙カレー。

722 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 16:33 ID:qioZ54tm
母者にワロタ

723 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん :03/07/22 17:20 ID:p0sUrcOn
SS自体も面白いけど、こーゆーAAの特色を活かした作品というのは、
真に乙なものですね。
職人さん、お疲れ様です。

724 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 19:15 ID:IyEg2K8+
母者ネコ(w
確かにこれは災難だ

725 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 20:05 ID:9OPKweGa
>698に萌えた

726 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 21:31 ID:f4e0BkF8
弟者よりも、弟君の方がよく使われるのじゃなかろうか。

727 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/22 22:31 ID:v9pJIlSl
>>726
「兄者」「弟者」というAAキャラ。固有名詞。

728 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/23 08:06 ID:BoH1OkLc
そりゃあそわそわするわな。
母者猫に流石ブラザーズ鼠・・・
食われるかマウントか

729 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/23 08:22 ID:fzlkZRUP
>728
引掻きつつ山

730 :再会:03/07/23 15:31 ID:Sl4nlh1M

  _|||__|_ノ
〜  ( ゚Д゚)
,,,,,,,,/  †,,,,,ゝ
,,,,,,,,/  ||  |
,,,,∠__||__|


731 :抑制心:03/07/23 16:13 ID:Sl4nlh1M

あなたは教養がある上にデリケートな感覚を持ち

ここは悪スレ、ルール無用!
_____  __________
    ___∨_______,,,
  /  ∧_∧            ヽ
  |::ヽ ( ・∀・) --|--      ヽ ヽ
  |.::::ヽ(∩  へ ,,_,,_,,,__,,,,, ヽ ヽ
  ヽ:::::::i'''''i (_)          i'''''i
    ヽ::::i_i (_)_______i_i

悪(・A・)イクナイ!


礼儀についてもよくわきまえているようだから、この私の気持ちを、何となくわかって頂けるのではないかと思う。

732 :抑制心:03/07/23 16:14 ID:Sl4nlh1M
それは道ばたで銀貨の堕ちているのを見つけた時の気分によく似ている。

,,,,,∧ ∧
,,,,,(*゚ー゚)
,,,,,(|  ⊃
〜(_つ
,,,,,,,,し',,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,◎,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


733 :抑制心:03/07/23 16:14 ID:Sl4nlh1M
一瞬はっと足を止める。

,,,,,,,,,,,,∧ ∧ .
   (*゚ O゚)
    /  つ
 〜(  ノ
,,,,,,,, し'ヽ),,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,◎,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,




734 :抑制心:03/07/23 16:14 ID:Sl4nlh1M
次には見間違いではないのかとまばたきしてみる。
銀貨に間違いないと知って、胸が激しく波を打ち始めるのだ。

,∧ 三 ∧
(゚ー゚三゚ー゚)
,,,,,,,|  ⊃
〜(  |
,,,,,,,U U,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,◎,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


735 :抑制心:03/07/23 16:15 ID:Sl4nlh1M
しかし心の中の理性はそれを強く押しとどめてしまう。
拾ったりせず、そのまま歩き続けた方が良い。
物陰からだれかが、除いているかも知れないではないか。


     ジー
                      ∧ |
                     (´∀|
                       ( つ|

            从
            ∧ ∧ ハニャッ!?
        〜/⌒(  ;゚)
        ⊂__) U cノ◎


736 :抑制心:03/07/23 16:15 ID:Sl4nlh1M
またソウでなくても、思い切って身をかがめて拾おうとしたとたん、ちょうど通りがかった人も、
同じように身をかがめ鉢合わせしたときの気まずい状態を考えてご覧なさい。
,,,,,,,,,,,,,,,,,,,∧ ∧      ∧ ∧
     (*゚ー゚)      (゚ー゚*)
     /  つ      ⊂ Uヽ
,,,,,,,,,,,〜(,,_⌒つ,,,,,,,,,,,,◎,,,,,,,,,⊂ ⊂ )〜,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,





,,,,,,,,,,,,,,,,,,,\   ・・・・・・。  /
        ̄v ̄ ̄ ̄ ̄v ̄
      ∧ ∧       ∧ ∧
     (i|i゚ー゚)      (゚ー゚i|i)
     /  つ      ⊂ Uヽ
,,,,,,,,,,,〜(,,_⌒つ,,,,,,,,,,,◎,,,,,,,,,⊂ ⊂ )〜,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,

すべての血は逆流して頭に集まりわけのわからない言葉を口の中でつぶやきながら、足早やにその場を
離れなければならなくなる。

737 :抑制心:03/07/23 16:16 ID:Sl4nlh1M
しかもそれだけではすまない。
そのことを思い出すたびに何日も何日も冷や汗をかき一人ではずかしい思いに浸らなければならないのだ。


コンなことになるくらいなら、銀貨がどんなに気になっても拾おう等と考えないほうがよっぽどいい。
あなただってソウではないだろうか?

738 :抑制心:03/07/23 16:16 ID:Sl4nlh1M
あ、もっとイイ形容を思いついた。食べ物にはやはり食べ物を例にとった方がどうもぴったりするようだ。
友達同士大勢集まって机を取り囲んで楽しく語り合っている時のことを考えて頂きたい。

┌―――――――――――――――――――――――――
│ギコ・・・
└―――――v―――┬――――――――――――――――――――――――
                │ギコ・・・ ?
               |よくもまあ・・・
                └――v――┬―――――――――――――――――――
        /⌒\          │ふーん、ギコ、吐いていいよ
        (    )          └―――v――┬――――――――――――――――
        |    |                     .|・・・・・・・・・・・・・・・・
        |    |                        └―y───────────────
        |    |     ∧_∧      ∧_∧
        ( TДT)    ( ,,,´Д`)   (,,,,´_ゝ`)
       /"     \  /     \   / /"つ \
      ( 二二⊃日| .|" | |      | |  .| ∧ ∧ |. |        ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  |.\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄日 ̄ ̄ ̄ミ ,,゚Д彡._ノ     /⌒(il|゚Д゚)<  お、おえええ…
...  ∧_∧.|  ||\\            ミ     ミ   \  /    (~冫.
  ,( ,,・∀・)⌒ ̄ ̄\!二二二二二二二 ミ      ミ二二i-| |    /| |  . \________
⊂二丶  ノ ノ___|| |;:;:;'.,;∧ ∧',;';;';:;;ミ       ミ';::|| | \ヽ  /|| |
  ⊂二二二ノ      .|| |/⌒(#゚∀゚)へ. .ミ.     .ミ. || |ー─ヽ(_)l⌒Y⌒l
              l| ,( ー○=ヘゝ ) ミ ミ @ ミ ミ .l| |      ⌒Y⌒
               ̄./|             (・∀・)コイノボーリ!
             / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             | アーヒャヒャヒャヒャ
   /|         \____________________
./ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ギコ。
\_____________________


739 :抑制心:03/07/23 16:16 ID:Sl4nlh1M
その机の上にはたくさんのお菓子が盛られた皿がある。
みなそれを口に入れながら談笑を続けていく。

,,,,,,,,,,,,,,,,,◎
,,,,,,,,,,,,,,,◎◎
,,,,,,,,,,,,◎◎◎
,,,,,,,,,,◎◎◎◎
,,,,,,,,◎◎◎◎◎
,,,,,\____/

だがそのうちさっきから私が形容に苦しんでいる気分のみなぎるときがやってくる。
皿の上のお菓子が次第に減り最後の一つになったときだ。

,,,,,,,,,,,,,,,,,◎
,,,,,,,,,,,,,,,◎◎
,,,,,,,,,,,,◎◎◎
,,,,,,,,,\__/

だれひとりとしてそれに手を出そうとしなくなる。


740 :抑制心:03/07/23 16:17 ID:Sl4nlh1M
もちろんそれを手に取り食べてはいけないという理由はない。だがそれをやると
「あいつは最後の一個を食べやがった。いやしい、図々しい奴だ」
という感情のこもった視線が集中するかもしれないのだ。

┌―――――――――――――――――――――――――
│食べられてしまいました・・・
└―――――v―――┬――――――――――――――――――――――――
                │ギコ・・・ ?
               |よくもまあ最後の一個を・・・
                └――v――┬―――――――――――――――――――
        /⌒\          │ふーん、ギコ、氏んでいいよ
        (    )          └―――v――┬――――――――――――――――
        |    |                     .|てめえにカバディをする資格はねえ!
        |    |                        └―y───────────────
        |    |     ∧_∧      ∧_∧
        ( TДT)    ( #´Д`)   (#´_ゝ`)
       /"     \  /     \   / /"つ \
      ( 二二⊃日| .|" | |      | |  .| ∧ ∧ |. |        ∧∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        |  |.\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄日 ̄ ̄ ̄ミ #゚Д彡._ノ     /⌒(il|゚Д゚)<  つらぁぁぁl…
...  ∧_∧.|  ||\\            ミ     ミ   \  /    (~冫. |なんでこんな目に・・・
  ,( #・∀・)⌒ ̄ ̄\!二二二二二二二 ミ      ミ二二i-| |    /| |  . \________
⊂二丶  ノ ノ___|| |;:;:;'.,;∧ ∧',;';;';:;;ミ       ミ';::|| | \ヽ  /|| |
  ⊂二二二ノ      .|| |/⌒(#゚∀゚)へ. .ミ.     .ミ. || |ー─ヽ(_)l⌒Y⌒l
              l| ,( ー○=ヘゝ ) ミ ミ @ ミ ミ .l| |      ⌒Y⌒
               ̄./|             (・A・)ヒトリジメイクナイ!
             / ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             | アーヒャヒャヒャヒャ、ギコ、オレヲオコラスナヨ
   /|         \____________________
./ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ギコ。
\_____________________


741 :抑制心:03/07/23 16:17 ID:Sl4nlh1M
だれもがこの同じ思いが皿の上にお菓子を一つだけいつまでも残していく。
内心ではお菓子のことを気にしながらもだれもかれももうお菓子はたくさんだ。
っと言った表情を装って、そしらぬ顔で談笑を続けていく・・・

,,,,,,,,,,,,,,,,,,◎
,,,,,,,,,\__/

まるで毒でも入っているように・・・・

742 :抑制心:03/07/23 16:24 ID:Sl4nlh1M
こんな状態なのだ・・・私があなたに伝えたいことは・・・
いくら私が吸血鬼でも食べ物の事ではずかしい思いはしたくない・・・・
  _|||__|_ノ
〜  ( ゚Д゚)
,,,,,,,,/  †,,,,,ゝ
,,,,,,,,/  ||  |
,,,,∠__||__|

あ、吸血鬼という言葉が出てきたからと言ってそんな顔つきにはならないで欲しい。
もっとも無理はないかもしれない。

743 :抑制心:03/07/23 16:24 ID:Sl4nlh1M
吸血鬼・・・人を襲って血を吸い吸われた物も姿形は変わらないが同じように吸血鬼になってしまうという伝説上の現象。
私だって自分が吸血鬼になるまでやっぱりただの迷信に過ぎないと思っていた。
だが自分がなってしまった今信じないわけにはいかない。
私ばかりか吸血鬼はたくさん居る。










ハッキリ言ってしまえばあなたを除いた全員が吸血鬼だ。

744 :抑制心:03/07/23 16:25 ID:Sl4nlh1M
まぁそう慌ててあたりを見回したりする必要は無い。
あなたの逃げ場は何処にも残されていないが、あなたの安全は保証されているような物だから、決して心配する必要もない。
誰だって内心ではあなたの新鮮で温かい血を、考えただけでも喉の鳴る様な血を吸いたいことに変わりない。

                         |||||
                        |||/)|||
                ||||      ( \ ||||
                __          \ \ |||
               (_ \||||     \ \
                 \ \||||  |||||/ /
                   \ \__/ /
                    \__    \||||
                         \     \|||
                          \     \||||||||||
                      |||||||||\    \___
                       / ̄ ̄ ̄  Λ_Λ__\|||||
                       \ < ̄ ̄ ̄( ´Д`)  .\\||||
     \人間待ってくれー!!, / \\||      ̄ ̄       \\||
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    \)             \)
                Λ_Λ
      ‐=≡   (;´Д`) ハァハァ
    ‐=≡_____/ /_
  ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
 ‐=≡  / /  /    /\ \//                       \ 逃がすものかー!! /
‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/                           ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ‐=≡    /    /                                  ∩        ∩
   ‐=≡   |  _|__                                   | |         .| |
    ‐=≡  \__ \                                    | |         .| |
      ‐=≡ / / /              ((( )))             | |  .Λ_Λ | |
     ‐=≡  // /                (; ´Д`)             \\(´Д` )/ ./
    ‐=≡ / | /                 / つ>,,,,_つ             |||\      /||
   ‐=≡ / /レ                    人  Y            ズボッ||| |      ./|| ズボボッ
  ‐=≡ (   ̄)                  し'(_)                || | |     |||
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


745 :抑制心:03/07/23 16:25 ID:Sl4nlh1M
しかしそんなことをしたら後で仲間にどんな目で見られるかも十分に知っている。

  ΛΛ / ̄ ̄              ̄ ̄\  ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!             イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__              __/  U U ̄
  ΛΛ / ̄ ̄              ̄ ̄\  ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!             イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__              __/  U U ̄
  ΛΛ / ̄ ̄ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ̄ ̄\  ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!| |勘弁して・・・・・・,,,,,, イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__ \_ _____/  __/  U U ̄
  ΛΛ / ̄ ̄  ∨ Λ_Λ_Λ   ̄ ̄\  ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!  (´∀`;三;´∀`) イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__    (つ  つ    __/  U U ̄
  ΛΛ / ̄ ̄ ,ヽ、 〈 〈〉 〉      ̄ ̄\ ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!| | (   )_)     イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__ |  |   ̄        __/  U U ̄
  ΛΛ / ̄ ̄ ΛΛ            ̄ ̄\ ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!( ゚Д゚)          イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__ U ~Λ         __/  U U ̄
  ΛΛ / ̄ ̄ / ̄   ̄ ̄\      ̄ ̄\ ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!| おまえが悪い。|  ,, イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__ \____/     __/  U U ̄
  ΛΛ / ̄ ̄                 ̄ ̄\ ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!              イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__              __/  U U ̄
  ΛΛ / ̄ ̄                 ̄ ̄\ ΛΛ
 ̄( ゚Д゚)< イッテヨシ!              イッテヨシ!>(゚Д゚ ) ̄
 ̄U U  \__              __/  U U ̄

だからそしらぬ表情をいつまでもつづけあなたに手を付けるなどと言うことは起こるわけがないのだ。

終わり。

746 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/23 16:26 ID:fnXFXskJ
リアルタイムキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!
出典どこですか?

747 :抑制心:03/07/23 16:27 ID:Sl4nlh1M
角川文庫 星新一「ちぐはぐな部品」より抑制心でした。
前回の作品よりずれは無いと思います。

748 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/23 19:09 ID:C3Wug0Fj
面白かったです(*´∀`)
星新一の本は30冊くらい家にあるんだけど、それでもまだ知らない作品の方が多い…

749 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/23 19:12 ID:LwzQgh5v
頭の悪い私にはよくわかんなかった・・・

750 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/23 19:18 ID:n0wy+ZUA
遠慮のかたまりだね。
面白かったです

751 :( ´∀)・∀),,゚Д)さん:03/07/23 20:57 ID:TBv7IQf2
>749
この世に人間はあなたしか残ってないんだよ。
私も750も747もみんな吸血鬼なの。
本音言うと今すぐあなたの喉に噛み付いて血をすすりたいんだけど、
最後の一個を食べちゃうと気まずいからみんな食べないんだよね。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)